6年生へ読み聞かせ

C・V・オールズバーグの絵本は、高学年向けです。
他にも
「急行北極号」「ジュマンジ」など
今まで読み聞かせしてきた本はいろいろありますが、
私が必ず読むのはこの

「まさ夢いちじく」

ビボッドは細かいことを気にする神経質な自己中な歯医者。
飼っている犬のマルセルにも
自由を許さない。

そんなビボッドが治療をしたある老婆が
診療代を払えないからと代わりにいちじくを渡してきた。

このいちじくこそ「まさ夢いちじく」…

あっと驚くラストに
どの子も「!?」

あのラストのシーンを読むたびに
やられたよね、と心の中で
子どもたちに話しかけちゃいます。

短い映画を見ているような
気分になる絵本です。




クリスマスの季節に読んでください。
幻想的な世界に引き込まれます。
映画化されました。



ロビン・ウィリアムズ主演で映画化されました。小学生から楽しめる映画です。



「さあ、犬になるんだ!」

この絵本は一度だけしかクラスでは読み聞かせしたことありませんが(ちょっと長いんです)、なかなかのなかなかのお話です。うちの娘たちはとても好きでした。特にラスト!
興味がある方、読んでみてくださいませ。


実はこのあと
気分をかえて…ということでもう一冊、
昨日の「もうママったら」(こちら
も読みました^^

大笑いでしたよ。6年生までいけちゃいますね。