恋も仕事も現役復帰しませんか?

いつまでもキラキラ乙女なアラフィフの人生100年時代YOLO計画


テーマ:

亡くなった有賀さつきさんについての記事を読んで、また思ったことがあったので書き留めておきます。

 

記事内容は古いかもしれませんが、彼女は結婚した時に「牢獄に入るのを覚悟で結婚し」その時の夫は「夫婦だったけれども上司だった」と発言していた、という部分です。

 

子どもができてしまったためにもう好きでなくなった子どもの父親である相手と結婚し、その相手は結婚後も夫というよりは上司だったなんて、女性としてあまりにも悲惨じゃないですか?

 

しかもその発言により世間には叩かれてしまったということ。お気の毒という言葉しか思い当たりません。

 

もし、それが彼女の女性としての本当の気持ちであったのならば、アメリカ流には自分の悲しい経験を公表してくれてありがとう、ということになるのではないかな、と思いました。

 

まだ未成年のお子さんがいるようなので、お子さんのことを思うとどうかな?という思いはありますが、アメリカではだからこそ「自分の娘が成人したらそんな思いを絶対にさせたくない(=社会を変えなくてはいけない)」ということで、昨年秋からハリウッドプロデューサーだったハーヴィー・ワインスタインのセクハラ告発をきっかけとして、自分の悲惨な経験を#MeToo タグで公表する、という社会現象を作り出しました。

 

有名女優から隣のおばさん、更にはどこかの男性まで、ツイッターで「私も!僕も」とアリッサ・ミラノが呼びかけた#MeTooタグをつけて自分の経験を話し始めたのです。

 

アラフィフの皆さんだったら懐かしくないですか?アリッサ・ミラノって。

かなーり前ですが、日本でも小役として人気があった女優さんですよね。

ロードショーとかスクリーンによく出てました。

 

可愛かったのに今ではもう彼女も母親となって女優業だけでなく女性の権利を求める様々な政治的活動なども盛んにしているようです。

 

個人的には子どもを通してワインスタイン夫婦とは交流もあったようで、タグ呼びかけの時には「子どもの手前、迷ったけれども」という前置きがあったと思います。

 

苦渋の選択だったのですね。

こういう場合は、日本だとどのように思われるのかなと思ってしまいます。

 

昨年の10月末から11月は、明るいホリデイムードが広がるなか、私は毎日FBやらツイッターを見るのがいやだなと思った時もありました。身近にいる人の不幸話ほど聞いていて辛いものはありませんよね。

 

英語圏での現象なので、日本ではあくまでもアメリカで起こっている話、として傍観的に見られているように感じます。FBでもアメリカ在住の日本人の方でこのタグ付けに参加した人は私が知っている限りでは1名のみでした。

 

私も自分で自分のことを振り返ると、セクハラなんてされたことないわ、と思っていても、それはそういうことにしているだけだったのかもしれないな、と思えてきます。よーく考えてみると、あるかも。というか、やっぱりありますよね。

 

こういう時に女性の中でも二手に分かれると思います。

あってもないと言いきる人と、なかったのにこの場を利用して過去の男へ復讐する人、とです。

 

前者は、男尊女卑の社会では、賢いと言えば賢いやり口。過去のことを今更思い出してもと、とっくに清算している場合もありますね。自分のためでもあります。

 

でもそれでは社会は変わりません。

 

後者はやや悪質です。

 

現在のアメリカでも、後者の女性がいるようで、告発された男性の中には、逆に戦っている人もいるようです。

 

男女間のことは当人同士しかわかりませんね。こればかりは、時代がどう変わろうが、男女間で起こるいざこざや愛の絡み合いなどは、絶対に変わることはないのだと思います。

 

有賀さつきさんの叩かれた発言の記事を読んで、そういう女性の権利の話にまで発展して考えてしまいました。

 

彼女は美しく華やかな人であったと記憶していますが、私たちよりもずいぶんと前から見えない#MeTooタグで社会に訴えていたのかもしれませんね。

 

↓ランキングにも参加しています。よかったらクリックお願いします。

 

メルマガ読者登録 提供サービス詳細 セッションお申し込み
グローバルライフコーチ・上山仁子のメールマガジン読者登録したい方・提供サービス詳細をご覧になりたい方・セッション申し込みをしたい方はそれぞれ上のボタンをクリックしてください。お問い合わせの方はブログトップのナビゲーションボタンからフォームを書き込んでいただくか、または、こちらのメールアドレスまでメールしてください。よろしくお願いします。

 

お茶会とセミナー企画!
とても楽しみなのですが、今年も帰国が決定しました。7月中旬に東京に帰ります。その際に皆様と是非お目にかかりたいなと思っています。場所は東京にて。興味のある方は、是非リクエストの日時や興味のある内容についてお知らせください。ブログトップのナビゲーション「お問い合わせ」ボタンからフォームを書き込んでいただくか、または、こちらのメールアドレスまでメールしてください。どんな企画ができるのか今から楽しみにしています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Hitokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。