ハクビシン キタ〜! | ゴンズロード

ゴンズロード

水彩画好き!釣り好き!音楽好き!


テーマ:
2010年にはアライグマが襲来!


そのときに撮影した写真

今年、ついにハクビシンがやってきた。

まだ成長過程のビワの青い実を食い荒らしていったのだ(怒)
足跡の写真を見ると犯人はおそらくハクビシンだろう。


食い荒らされたビワ


犯人の足跡がくっきり



最近町内でハクビシンの被害があり話題になってはいたのだが
まさか我家が荒らされるとは、ト・ホ・ホ!

ハクビシンの生態


(1)身体的特徴
 ●全長は約90センチメートル~110センチメートル(成獣)
 ●体重は約3キログラム~4キログラム(成獣)
 ●体の大部分が灰褐色で、短い四肢は黒色
 ●額から鼻先まで白い模様がある
 ●足の指の数は5本(タヌキは4本)
 ●眼の下や耳の前に白い斑紋がある
 
(2)行動
 ●平地から山地に生息するが、特に里山的な環境を好む
 ●完全な夜行性
 ●木登りが得意
 ●昼間は樹洞や洞窟、人家の天井裏、倉庫等をねぐらとする
 ●ねぐらは複数あり、それらを転々と移動する
 ●市街地周辺に生息する個体は側溝を移動ルートとして利用する
 ●行動する範囲は30ヘクタール~70ヘクタール程で、オスの方がメスよりも広い範囲で行動する
 ●冬期に行動域が狭まるが、冬眠はしない
 ●縄張りはもたない

(3)繁殖
 ●1年に1回出産し、1度に産む子供の数は平均2頭~3頭
 ●1年を通して出産する(繁殖期は特にない)
 ●妊娠期間は約2か月間
 ●飼育個体の最高年齢は24才で、野生個体の寿命はこれよりも短い

(4)食べ物
 ●雑食性で、果実やトウモロコシなどの野菜、小動物、昆虫、鳥類やその卵を食べる
 ●好物は果実

被害対策

 ハクビシンは人家の天井裏をねぐらとすることがあります。同じ場所に糞尿をする習性(ため糞) があるため、天井板が変色しシミになります。放置すると天井板が腐るなど、張り替えを余儀なくされることもあります。
侵入を防ぎましょう

(1)侵入口を塞ぐ
 ハクビシンは頭が入るところであれば侵入してきます。主な侵入口には次のようなものがあります。
 ●基礎コンクリートの通風口
 ●朽ちた外壁などの穴
 ●屋根と屋根が重なっている奥に開いた空間
 ●増築をした接続部分にできた空間

 まず、建物周りを下から上まで細かくチェックすることが必要です。
 このとき特に注意深く調べるところは、基礎コンクリートの通風口です。猫などの動物が入らないよう、通常は鉄の網や柵で塞がれていますが、なかにはそのような構造になっていない建物や、経年劣化で鉄の網や柵が壊れていたり、錆びてもろくなっている場合があります。ここから侵入して、壁の内を通って天井裏に棲みついてしまうことがあります。

(2)家の周りの樹木を剪定する
 ハクビシンは垂直な外壁を登ることはできません。屋根に登る手段として多いのは、庭木などから飛び移る方法です。家屋に接した庭木は剪定などを行い、屋根に移れないようにすることをお勧めします。幹が家屋に接近している場合には、木自体に登れないようにしたり、飛び移ると思われる所に障害物を置いて飛び移れないようにするなどの工夫をしてみてください。

(3)エサとなるものを家の周りに放置しない
 ハクビシンは果実の取残しやペットフードなどを食べにきます。ハクビシンを寄せつけないためにも、敷地内の果実などをそのままにしておくのはやめましょう。繁殖の原因にもなります。
(酒田市HPから抜粋)

今夜は徹夜で見張ってやる「逮捕なのだ~」

ひでやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。