おはようございます。

伊藤塾のメールマガジン「かなえーる」で
連載している、「行政書士試験一発KO!」
です。

―――――――

みなさんこんにちは。

伊藤塾行政書士試験科講師の中村瞳です。

 

 

いよいよ中間模試が始まります。

 

 

現時点で、

中間模試に向けた準備が充分終わっている、

という方はあまりいらっしゃらないのかも

しれません。

 

準備不足だと思うと、受験するのを

先延ばしにしたくなるかもしれませんね。

 

 

しかし、限られた時間の中で

出来る限りの準備をして

満足がいかない状態であっても

必ず受験しましょう。

 

100%満足のいく状態に達するのは

なかなか難しいはずなので、

 

 

一度先延ばしにしてしまうと

いつまでたっても受験せず

本試験日を迎えるということになりかねません。

 

今の力量が数値ではっきりと

分かってしまうのは、

少し怖いかもしれません。

 

とはいえ、模試が何のためにあるのかというと、

現状を把握するためにあるのです。

 

早めに弱点を見つけ、

合格するために

優先して取り組むべきことは何なのか、

今後の課題を見つけるには

模試を受けることは必要不可欠なのです。

 

また、実際に3時間かけて問題を解いてみると

気がつくことが沢山あるはずです。

 

解く順番はどうするのがベストか?

改めて考える機会になるでしょう。

 

時間配分はどうすれば良いのか

も見直す必要がありますね。

 

また、緊張していると

普段では考えられないようなケアレスミス

をするかもしれません。

 

そういったことも、

早めに模試を受けておけば

対応策をしっかり練ることが可能になる

わけです。

 

答練にしろ、模試にしろ、

一番重要なのは復習です。


 

事前の準備はできるだけ

しっかりやるべきですし、

受験前は点数にこだわって良い

と思いますが、

受験後は今後のことに目を向けて

冷静に対処しましょう。

 

模試の点数は、合否に影響を与えません。

敬遠せず、必ず中間模試は受験しましょう!

 

不安なことがあれば

ご遠慮なくカウンセリング制度をご利用ください。