フグカットウ トライアル in 三邦丸 | 未熟者奮闘記

未熟者奮闘記

未熟者が日々精進
波止の小物釣り師のブログ

{710652DE-0AAF-40D8-B686-0850C6CF18CC}
 
基本 波止釣りが専門のため 年間数回しか行かない
 
船の太刀魚や タコや フグは 大概この竿
 
3680円と5800円のプロマリンロッド (≧∇≦)
 
{789B8873-86C9-4CFB-868D-A056410A3CD6}
{0ECB8477-5CD9-4A09-8283-AF9F7D4C4C81}
 
めっちゃ良いってワケでもないが そないに悪いモンでもないので
 
それなりに工夫しながら そこそこ苦戦しながら使ってる自分に
 
この竿 もう使わんからあげるよ♪ と 仲間が竿をくれた 
 
{D36346C6-22A7-4A32-87F8-39863305F0C0}
 
おぉ~♪ これはフグにも使えそうだ! (-^□^-)
 
今シーズンは この竿でビシバシ掛けるぜぃ!!
 
{AE77E674-3745-45F7-AEA7-27CA8590408F}
 
てなワケで
 
昨シーズンから神戸・大阪でもブームとなりつつ フグカットウ
 
今季は和歌山でも おっ始まるらしい との噂を聞きつけ
 
11/24 『加太 三邦丸さん』 フグカットウトライアルに行ってきた
 
5:15出船 フグ狙いにはチト早い気もするが
 
ゴソゴソと準備をして 数日前にスーパーで購入し冷凍しておいた
 
アルゼンチン赤エビに 『釣れてしまうんです』 をタップリ注入(^_^)v

 

{84FEA561-AFA4-414F-84FA-746F45CF41E4}
 
まっだまだ薄暗い中 ポイントに到着 
 
隣の人が1投目で マゴチ?ワニゴチ?を掛けたが
 
その後 こちら側の舷では 誰一人
 
アタリの「ア」の字もなく ポイント移動…
 
開始から2時間 ほとんどの人がアタリさえないまま…
 
開始から3時間 ワクワクは焦りに変わり そのうち苛立ちとなる…

 

{083145F6-9CA2-4A3F-BBE3-757AA345C7EE}

 

時折竿が曲がるのは 上オモリ式カットウ仕掛けの人たちが
 
デッカイ石を釣り上げた時や 根掛りと格闘してる時ぐらいなモンで
 
試し釣りやねんから めぼしいトコ探し廻るとか
 
もっと状況違うトコに行くとかすればえぇのに… ( ̄ー ̄;
 
と 思ったのは自分だけではないだろうが 船は
 
水深・底状態 同じようなトコを ただただ流す…
 

{7F9E14B2-BFEE-4383-9FC0-EC13780156ED}

 

状況が変わったのは そのあと これまでのほぼ砂地地帯から

 

ゴツゴツ コンコン と オモリが噛みだした岩礁帯に入ってすぐ

 

天秤仕掛けの人が良型カワハギを喰わせ

 

お隣の上オモリ式でも ミヨシの下オモリ式でも良型カワハギ (ノ゚ο゚)ノ

 

波で上下する船 風でラインが振られ

 

多くの人がアタリを捉えきれずにいるようなので

 

小アタリに備え エサ鈎をゴム管で固定して

 

オモリを底這わせさせると コツコツッ!!

 

{57D27604-E582-42C9-83BC-8DAB25B8EA28}
 
竿を立て聞きアワセすると これまでのスッカスカとは違う重量感
 
やっと来たがなぁ~♪ あのサイズのハゲなら えぇがなぁ~♪
 
と 鼻歌まじりで巻き上げてきたら…
 
なんでワシだけ ワッペンサイズやねん!!ヾ(。`Д´。)ノ
 

{A88C22FF-3241-4A1E-A30F-B1D60886FCDB}

 
気を取り直して仕掛けを落とすも 確認できただけの3・4尾だけで
 
良型カワハギポイントからは 外れてしまったようだ…(><;)
 
その後しばらくして 沈黙を破ったのは ミヨシ付近の御仁
 
上オモリ仕掛けのエサ鈎に でっかいサバフグが喰らいつき
 
少し間が空いて ミヨシの御方にも でっかいサバフグ! (ノ゚ο゚)ノ
 
この際 サバフグでも掛けやんと 帰れんぞ…(^◇^;)
 
ってコトで テストも兼ねて 寄せエサ用ステンレス棒を装着!!
 
{39E265F1-C978-45B6-A80C-DEC6FE51FAE5}
 
ある人からアドバイス頂き イメージしてたのは
 
アル赤エビを串刺しにして エサ鈎にはアオヤギ
 
反応いいアル赤で寄せて 釣れてしまうんですに浸したエサを
 
喰い散らかすコトで こぼれエサによる連鎖反応で活性を上げ
 
アオヤギをしつこく啄ませるコトで アタリを捉えやすくする
 
だったのだが 今回は 数が少ないようなので
 
ステン棒に殻を剝いたアル赤の串刺しだけにして 底まで落とすと
 
グィ―ン と 引っ張られるアタリのあと 沈黙…
 
上げてくると エサが丸ごと盗られてなくなってる (/TДT)/
 
これが 2回も続いたので ステンレス棒作戦 終了…
 
 
あとで考えてみたのだが
 
昨年 深場での釣りでは 太刀魚もイシモチも ひったくるアタリのあと
 
アワセをくれると しっかり掛け鈎に掛かって上がって来たので
 
魚のサイズに対しての アームの長さは まったく問題ないとして
 
要は ひったくる時にエサが支柱から離れてなければ 掛け鈎に掛かる
 
ということは 柔らかいエサに対して ケンのない細軸ステンレス棒では
 
エサを引っ張られた時点 つまり アワセを入れる段階では
 
すでに エサが外れ 魚が掛け鈎から離れてしまってるのではないか?
 
知らんけどぉ~♪ ∵ゞ(≧ε≦o)ぶ!

 

{8F6A399F-47EE-4F28-87CD-1FCE0AC85A62}
 
そんなこんなで チャンスをモノにできんかったが
 
時間も残り少ないので 従来の使い方に戻し
 
底から10cmほど上をオモリが通過するイメージで流してると
 
風でも 底の石でもない ツツン… という感じのアタリで鬼アワセ!
 
どないかこないかで この日狙いモンのフグ♪ 。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
 
ショウサイでも ヒガンでもないけど フグはフグ♪ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

 

{8F9247FF-F6A0-4741-AE47-1391DC9677FE}
 
貰いモン竿の感度の良さに 驚くやら感謝するやらで
 
追釣を狙うが その後は また沈黙が続き 無情のホーンが鳴る…
 
奮闘6時間 途中何度も帰りたくなりながら 頑張ったものの超貧果
 
大型船2隻で挑んだ 初のフグカットウは
 
全体で白サバフグ10尾ほどと 大惨敗に終わったようだ…

 

{AF453C2D-A745-4E6B-AF08-881C2D5FBEBD}
 
とはいえ 周辺ポイントのポテンシャルは 非常に高く
 
マルハゲ混じりでフグや 良型フグのまとめ釣りも 期待できるエリア
 
水温・時季による エサ場・寄り場の特定さえできれば
 
こんなモンではないとは思うが 今季の調査次第ってトコかな (-^□^-)
 
なにはともあれ 初の試みとか 新しいコトを始めるのは 夢がある♪
 
なんか知らんが ワクワクする♪
 
そんな楽しいコトに参加できて えぇ1日を過ごしたと思いたい
 
海の神さん おおきにでした!!(^O^)/
 

未熟者奮闘記