似た者同士の貧打戦 | ☆ハマの煌めく星になれ☆

☆ハマの煌めく星になれ☆

ベイスターズ中心に、趣味や美味しいお店情報などなど

2019年6月6日(木) あせる

 

 

は~い 負け (-_-;)

 

お互いにヒットは打つけど、ホームが遠いと言う試合

 

このカードは事実上の12球団最弱決定戦だった様な気が ・・・・・ 汗

 

まあ、それで負け越したんだから最弱ってことですよね チーン

 

いやしかし、ホントによく似た感じのチーム同志でしたよ

 

ランナーが出ても、アグレッシブな動きのある攻めが出ない両チームの攻撃

 

ハッキリ言って、つまらない試合ですよ

 

こんな事言ったら叱られるかも知れないが、お客さんの入り具合がそれを物語ってます

 

それにしても、ガラーーーーンとした京セラの観客席

 

これ、現地だったら審判のコールがよく聞こえるんじゃないの?

 

ハマスタじゃ考えられないでしょう

 

でもさぁ~、ベイスターズの選手達はどんな思いで試合してたんだか ・・・・

 

いつも満員の球場で試合が出来るってことをさぁ~

 

勿論、選手達はそれなりに頑張ってくれている

 

ただ、個人的な偏見かも知れないが、1試合に対する思い入れみたいなものが、

少しずつ薄れて来てる様に思えてならない

 

勝っても負けても、143分の1 みたいな

 

ラミちゃんがよく言う 『 今日の結果はどうする事も出来ない、明日にベストを尽くす

だけ 』 ・・・・・・ 以上

 

 

 

そりゃ~そうだが ・・・・・ 負て悔しいとか  次は絶対に勝ちたいとか

 

少しはあってもいいんじゃないのか?

 

思い起こせば中畑監督の時代

 

確かに弱かった ・・・ もう滅茶苦茶弱かったよね

 

5点6点リードした試合を逆転されるなんて日常茶飯事だった

 

でもさぁ~、試合に負けて落胆する選手達と、無念さを露わにする監督

 

勝ちたいけど、勝てない悔しさ ・・・・・ 一生懸命やっても、上手く行かないジレンマ

 

だけど、頑張って頑張り抜いて、やっと1勝できた試合

 

試合後の選手達の笑顔と、喜びを爆発させる監督 『 明日も頑張ります!!』

 

楽しかったわ  熱かったわ

 

『 いいぞ!!明日も頼んだぞーーーー!!』 

 

明日も勝たせてあげたいと、心から思ったよ

 

選手も監督もファンも、一緒に笑って一緒に泣いたあの時代

 

 

 

 

汗にまみれ、泥だらけになって

 

負けても負けても、懸命に喰らいついて行った選手達

 

筒香、石川、康晃、嶺井 あの頃共に戦った選手ですよ

 

監督の考え方がどうあろうと ・・・・ 戦うのは選手達

 

思い出して欲しいよね

 

あの熱い想いを

 

最後まで諦めず頑張る姿を ・・・・・ 俺達ファンは熱い戦いを望んでいるんだよ、

勝ち負けだけじゃないんだよ

 

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村