【南吉のほんとうの意図】
この舞台の脚本演出を手掛けた鈴木氏が南吉の生い立ちやその時代の状況から、このお話に隠された南吉の真意を探り出します。皆さんは「花のき村と盗人たち」を読んでどう感じましたか?
...

「演出のことば 鈴木龍男」より抜粋
~南吉さんの作品を読めば読むほど、心がためされ、洗われていくことが感じられました。人間と動物がわかりあえないものかといった思いや善意の行動や人のためにつくす献身の美しさを感じました。時間に追われ、あくせく生きている自分の荒れていく心を復元させてくれるように思いました。
 このお話の結末は、ここの村が善い人ばかりだったので、お地蔵さまがどろぼうから救ってくれたのだということになっています。しかし、私は南吉さんのほんとうの意図はその言葉通りではないように思いました。実は救われたのは、この村に迷い込んだどろぼうたちだったのではないか。弟子たちは今まで生きてきた仕事ではやれなくなっ てどろぼうになった。かしらは小さいときからの心の傷のためにひねくれてどろぼうになった。その連中が家にカギもかけないのどかな村の不思議な空気にふれて、いつの間にかいやされていく、そんな物語に思えてきたのです。子どもたちをめぐる今の状況は、悪くなるばかりです。大の大人が平気で子どもを傷つけようとする世の中です。だからこそ、この花のき村のような所が必要なのではないか、そんな思いでこのお芝居を生み出しだのです。~

日田子ども劇場さんの写真


新美南吉 生誕100年のこの機会に一緒に舞台観ませんか!?




前進座『花木村月夜奇妙』は


12月17日 火曜日 開場18:30 開演19:00

パトリア日田・大ホール

チケット 4歳以上2500円/ペアチケット4000円

全席自由


日田子ども劇場会員は無料でみれます。

是非この機会に会員になって一緒に観ませんかはてなマーク


【前売りチケットのお求め】

NPO法人日田子ども劇場 TEL/Fax0973-23-0191 (月水金10時~16時)

日田子ども劇場会員に言っていただいてもチケット手配できます。

パトリア日田 9:00~19:00

市内各振興局・振興センター 9:00~17:00

NPO法人日田子ども劇場Facebook詳細がアップされていますのでみて下さいFacebook