ご閲覧頂きありがとうございます。理学療法士の髙橋です。


先日、野球に関する報告が理学療法の研究雑誌に掲載されました。

簡単ではありますが、その内容の一部を紹介します。




最近はテレビやSNS、本などで、さまざまなトレーニングが紹介されていますが、それによって痛みや疲労などの逆効果になってしまったことはありませんか?


リハビリテーションにおける運動療法はその患者様や選手の身体状態に合わせて、適切な方法と量を設定します。


専門家による一人一人の痛みや身体状態に合わせた正しい運動療法の指導が運動の効果をより引き出すことにつながります。


当院の診療科目には一般的な整形外科疾患だけではなく、スポーツ整形外科もあります。

そして、リハビリテーションにおいてもスポーツ分野に力を入れています。その取り組みの1つとして、問診や身体機能評価を含めたメディカルチェックがあります。

https://www.hitachinoseikei.com/hyouka



このような活動を通して、スポーツ障害に苦しむ選手をサポートできるよう取り組んで参ります。


皆様、スポーツの秋ですが、朝晩冷え込むようになりましたので、どうぞご自愛下さい。