ひすいラボスタート

テーマ:

ジャーン!



 

一緒に日本の夜明けをつくっていくプロジェクト、いわば、ひすい研究室

 

『ひすいラボ』

まもなく受付開始だよ。

 

 

 

 

 

 

 

その昔、

地球は宇宙の中心で、

静止していて

全ての天体が地球の周りを公転していると

皆が考えていました。

これを天動説といいます。

 

 

『イヤ、イヤ、それは違う。

 太陽が中心で地球のほうが回っている』と

地動説を唱えたのがコペルニクス、

 

そしてそれを実証したのが

ガリレオです。

 

 

{005B33AD-B27A-4976-BDAA-F72BF4DEA6FC}

 

しかし、

そんなバカなことを言うなと

1616年、ガリレオはローマ教皇庁に

裁判を起こされてしまいます。

 

 

いまでは

地球のほうが回っている

というのが常識なわけですが、

 

地動説が世に出始めてから

一般民衆が

それが真実だったと受け入れられるまでに

だいたい100年かかっています。

 

 

{D6B2E869-2193-4AA4-9017-1466B6D76380}

 

 

 

真理が常識になるまでに

ざっと

100年かかるわけです。

 

ちなみにローマ教皇庁が

地球のほうが回っているという

地動説を認めたのは

つい最近、1992年のことです。

ガリレオの裁判から376年もかかっているのです。

 

 

そのことを踏まえて僕は推測します。

今から100年後の2118年

この星では

今度は何が常識になっているかというと、

 

 

 

いのちはみんな繋がっていた。

 

 

 

 

ということが常識になっていると

僕は思っています。

 

『私たちは全ての存在と繋がっている。

ひとつであることを忘れるな』

 

このネイティヴ・アメリカンの言葉が

100年後の常識になっていると思うのです。

 

 

 

僕の家とあなたの家の空気が繋がっているように

僕の携帯電話とあなたの携帯電話が電波でつながっているように。

 

想像してみよう。

全ての存在と繋がっていることがわかったとき、

この星はどれだけピースフルな社会になっていることか。

 

 

そして100年後

映画『君の名は。』でも取り上げられていた

平行宇宙(パラレルワールド)

もまた常識になっていることでしょう。

未来は

選べるのだと。

 

 

そして今回

そんな最高の未来を迎えに行く仲間を募集したい。

それが4月から開講する

ひすいラボ

です。


 

『ひすいラボ』とは、

めっちゃ面白い未来を迎えにいくための思考ツールやメソッド、

事例を皆でわかちあう場にしたいと思っています。

 

ひとりひとりが自分の持ち場で

自分らしさを表現し

幸せとゆたかさと面白さに満ちた

最高の未来を迎えにいくことを目的としています。

 

こちらは西野亮廣さんの事例ですが、

https://ameblo.jp/hisuikotarou/entry-12354555100.html

(西野さん、ヤバイね)

 

こんなふうに、

問題を踏み台にして、もっと面白い未来を迎えにいっている事例を

僕の方で盛りだくさんにレクチャーするので、

そういう事例をラボのメンバーにも探してもらい

一緒にまとめて、

ブログや書籍、ユーチューブ等で世界中に発信していきたいんですね。

 

 

ドラえもんが4次元ポケットから未来の道具を

取り出すように、

めっちゃ面白い未来を迎えにいく考え方、エッセンスを盛りだくさんに、

発信していきたいんです。

 

それをみると

自分の人生や職場に応用できて

自分も自分だけの歌(表現)を

歌い出したくなるような。

 

 

いのちは繋がっている。

僕らは“ひとり”ではなく、

“ひとつ”であることが常識になっている社会は

どんなサービスがあって

どんな喜びや楽しさや面白さがあるのか。

それを一緒に想像して、

未来を創造していく仲間の集まる場所。

それが、ひすい研究室

『ひすいラボ』のイメージです。

 

 

 

僕は作家として

これまで本を46冊書いてきましたが、

ひすいラボでは、

あなたの表現力を高めるために

伝える技術、

編集する技術、

テーマを見出す技術など

具体的なことも

どんどんシェアしていきます。

 

 

 

 

 

ひすいラボの仲間には

 

僕の本がどんなふうに完成していくのか

みてもらいながら作って行こうと思っていますし

ラボのメンバーで一緒に作る本も手がけていきたいと思ってます。

 

 

 

『ひすいラボ』は

もちろん僕も教えますが、

むしろみんなから教わりたいし

面白いことやってる受講生がいたら即、講師に抜擢させてもらいます。

みんなが先生になっていく場ができたら理想です。

 

僕が教わりたい先生も

ゲスト講師としていろいろお呼びする予定なのでお楽しみに。というか、これがひすいラボの目玉かな。

(ゲスト講師のラインナップは正式に決定しだい公開します)

 

 

  

ひすいラボは全6回の講座でお届けします。

毎回13時から18時で、懇親会あり。

最後は合宿です。

 

●ひすいラボ

日程

1回目4月7日

2回目5月6日

3回目6月16日

4回目7月1日

5回目8月4日

6回目9月15日~16日(最終回のみ合宿)

 

全6回受け終えたら

一緒に仕事ができる

一緒に最高の未来を迎えに行く仲間となる

ようなイメージを持っています。

 

 

このプロジェクトを支えてくれるのは

ポッドキャストラジオ

We have a dreamを一緒にやってる

たっちゃんです。

たっちゃんのサイトで、

まもなく募集スタートです。

こちら。

https://smart.reservestock.jp/event_form/index/ZjI3ZjFhYmYxM

 

 

ひすいラボは、

ファクトリーというか研究室的なイメージで、

めっちゃ面白い未来を迎えにいくことに特化した

発想法やスキル、事例、メソッドを一緒に学び

ブログや映像コンテンツ、書籍を具体的に一緒につくっていく過程を通して学び合う場です。

 

ですから、僕が本で伝えてるようなことは、

あまり取り上げませんので、

事前にご了承ください。

 

 

また、ラボでは未来を見せてくれる場所に

一緒に遊びにいく課外授業も充実させていきたいなと思ってます。

ひすいラボは、何か自分の表現を始めていきたい人に特にオススメです。

まなぶ、あそぶ、つくるを共有するラボです

 

また映像つくれる人、デザイナーさん、写真撮れる人、文章かける人、かわいいキャラクターをつくれる人、英語に翻訳できる人は

一緒につくりたいコンテンツが山のようにすでにあるので特に合流してほしいな〜。

 

もちろん、それらの才能がなくても大丈夫。

一緒にあなたの中の才能を開花させていくコンテンツを用意してます。

ゲスト講師もご期待くださいな。

 

 

ちなみに、

『ひすい塾』と『ひすいラボ』

何が違うのかというと

アート(ありかた)とサイエンス(やりかた)の違いかな。

『ありかた』(being)をメインに学ぶのがひすい塾。

『やりかた』(doing)をメインに学ぶのがひすいラボという感じです。

右足と左足で前(未来)へ歩めるように

両方受けてもらえたら一番嬉しいな〜^ ^

 

 

 

最後に

爆笑問題の太田光さんの名言を。

 

 

 

 

 

 

 

未来はいつも

面白い!

 

 

 

 

 

 

 

 

未来は選べるんだ!

めっちゃ面白い未来を迎えに行こう^ ^

 

ではラボで逢おうねー。

 

 

https://smart.reservestock.jp/event_form/index/ZjI3ZjFhYmYxM

 

 

一緒にこの星の未来を盛り上げよう。

ひすいこたろうでした。  

Universe Thank you  

▲▲▲アリガ島▲▲▲