2017

テーマ:

ゆほびかさんで

小林正観先生の本がまもなくでます。

 

そこにちょこっと原稿を寄せさせていただいた関係で

一足先に内容を読ませてもらいました。

う~ん。

改めて読んで感動。

これは、ひすい塾課題図書決定です。

 

そこに正観先生のおくさんが寄せられた原稿もあって、

それもすばらしいんです。

 

「明るければ、どんなことも乗り越えられる」

 

というのは、おふたりご夫婦の共通した思いだったそうで、

実際、家族のことで不安になったり

深刻になったりしたことはほとんどなかったそうです。

 

 

 

で、正観先生が亡くなられたあと、

奥様の夢の中に、

一度だけ

正観先生は出てこられたのだとか。

 

そして、

 

 

ひとことだけ

こういわれたとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「明るくね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸にズドンとひびいた。

 

 

「わが形見  

 

高き青空 はいた雲

 

星の夜空に 日に月に」

 

              

小林正観・辞世の句

 

 

 

高く澄み切った青空を見たら、

掃いたような白い雲を見たら、

きれいな星の夜空や太陽や月を見たら――

それが私の贈り物だと思ってください

 

 

 

 

青空を見上げ

おもいきり空気をすいこんで

明るく生きていこう

2017!

 

よろしく^^

ひすいこたろうでした。

Universe Thank you

▲▲▲アリガ島▲▲▲