キーワード双子座 火星編 | 占い師Hisashiの占い徒然草

占い師Hisashiの占い徒然草

占い師Hisashiが西洋占星術とタロットカード占いを中心に占いの新たな手法を公開していきます。

今回はキーワード双子座の火星編です。

火星と言うのは、一般的には仕事の能力、いえ能力と言うよりはヤル気を表す星です。

火星はスポーツなども表しますが、それはスポーツの才能と言うよりは、スポーツに対する並々ならぬ、思い入れ、ヤル気を表すのです。

つまりは才能ではなく、どんなに負けようとも最後には勝つ、いや勝ちたいと言う気持ち。
それを表すのです。

仕事やスポーツではそれが大きな力を呼ぶのです。
芸術性を表す金星は才能を表す星です。
火星は才能よりはヤル気、ガッツです。

このヤル気、ガッツがどのような方向に向かうかと言うところで、星座の話が出てきます。

今回は双子座です。
双子座のキーワードは「あらゆる分野への冒険」です。
このあらゆる分野に向かう気持ちが火星の力でヤル気やガッツとなると、このタイプはそれこそ、ありとあらゆることへ向かう精神がつきます。

例えば営業の仕事ですと、自分が今までやっていた営業だけでなく、新たな分野への営業をしたくなってしまいます。
これは販売などでもそうで、アパレルの販売だけでなく、時計や小物など、どんどん膨らまして行きます。
とにかく、いろいろなことをやりたいし、またやれるだけのガッツはあります。

スポーツですと、例えばサッカーでは、敵を抑えて、ゲームメイクをし、点まで取ると言う、スーパーボランチのようなイメージでしょうか。
とにかくなんでもやりたくなる性質です。

これは仕事やスポーツなどでは素晴らしい力を発揮するのですが、恋愛などでは難しいところがあります。

普通の双子座(双子座の太陽)の人ならそれほど、心配はないのですが、やはり双子座の火星ですと、浮気の心配はあります。

ただし、それは仕事やスポーツでいろんな方向で頑張っていけない場合です。
仕事やスポーツで頑張っている人は女性にはあまり気持ちは行かないです。
仕事やスポーツでうまくいけない人が、その不満で女性を漁るようなところがあるのです。

つまり双子座の火星の人は公務員などにはなってはいけないと言うことです。
もちろんこれは男性の場合であって、女性はこんなパワフルな男性を好きになりやすいと言うことです。
しかし、もちろんこうした男性が浮気をしないようにいつも目を見張る必要はあります。
趣味や仕事を抑えないことです。
そうすれば女性には目が行きません。

さてキーワード双子座のもう一つは「豊かな知性」でしたね。
こちらのタイプの人は仕事もスポーツも頭脳でやるようなところがあります。
とは言え、双子座らしく、楽しんでやれるような方向ではありますが。

仕事なら法律家や医者のように知性を駆使して、困難を突破するようなことに適性があります。
スポーツも知性を使う方向です。
このタイプならサッカーなら中盤でゲームを組み立てて、ゲームを作るゲームメーカー、つまり司令塔でしょうか。
昔のサッカーなら中田英寿選手のようなイメージ、現在なら本田圭佑選手のようなイメージでしょう。

双子座は豊かな知性を表すので、火星と言う仕事やスポーツの方向でも、やはり知的にやるのが向いています。

実際、あらゆる分野に冒険した結果、豊かな知性が現れる場合も多いので、若い頃はいろんなことをやっていた人が、年をとって知的に物事を判断するようになったと言うこともありえます。

若い頃に海外旅行にたくさん行っていた若者が、年をとってから、その冒険談を文章にして発表する場合もあるでしょう。

こうした双子座の火星の人はパワフルで知性もあるので非常に魅力的です。
あえて言えば男性なら浮気は注意しましょう。
今まで築きあげてきたものを全て失いかねません。
女性なら恋人や夫の浮気は常にチェックしましょう。
とにかく放任しないことです。
その上でやりたいことを抑えつけないことです。

それさえ注意すれば、双子座の火星の人はパワフルで元気で尊敬されるような人物です。

今回のタロットカードはソードナイトです。



冒険心と知性を兼ね備えた、立派な大人。
それがこのソードナイトです。
双子座の火星の人もまさにそんなタイプです。
この人の行くところ、いつも発展があり、動きがあります。
ソードナイトもそうですし、双子座の火星もそうです。
大人物でしょう。

今回はキーワードから見る、少し変わった占いですが、私は正統的な西洋占星術のブログも書いています。

私のホームページ「アポロンの館」の「占い師Hisashiの占い講座」と言うブログです。
リンクを貼りますので興味のある方は読んでみてください。
よろしくお願いします。