水星占い 12星座と12室 似ているもの、似ていないもの | 占い師Hisashiの占い徒然草

占い師Hisashiの占い徒然草

占い師Hisashiが西洋占星術とタロットカード占いを中心に占いの新たな手法を公開していきます。

今回は水星占いの応用編です。

12星座と12室、星の関係は前回の水星占いのシリーズで書きました。

今回は具体的な解釈です。

水星占いの場合は星は水星です。

この水星に対して全て似ている星座、室の場合はどう解釈しましょうか。

これは水星が9室の双子座だった場合です。

水星とは知性を表します。

そして9室は高度な学問、未来への希望などを表します。

双子座はノウハウを学び自分のものとする星座です。

こうした組み合わせですと、例えば大学などで、友人などと語り合い、議論をしている姿が思い起こされます。

また予備校で高校生がお互いに問題を出し合って、勉強している姿なども連想されます。

この9室の双子座水星の人はこうしたことになる可能性が高いですし、似たようなことになる可能性も高いです。

例えば専門学校でネイルの訓練を友達同士でやりあっている専門学校生と言うようなことも考えられるでしょう。

必ずこうなると言うわけでは無いのですが、似たような出来事は多いでしょう。

これはこのタイプの人がそうした状況が好きであり、かつ自分が活かせる場なのです。

例えばこうした人は学生から社会人になっても、また資格試験などに賭けたくなるでしょうし、大会やコンクールなどに挑戦したくなります。

そして、それはこのタイプの人が輝ける場なのです。

もしこの9室の双子座の水星の人でこうしたことが嫌いだったり、今まで経験が無かったとしたら、ぜひチャレンジをすることをオススメします。

秘めた能力が開花するかもしれませんよ。

また水星とは似ていない室と星座の人はどうでしょう。

4室の蠍座の水星はどうでしょうか?

4室は家庭を大事にし、蠍座は知性よりも情感。ひとつのことに打ち込む道です。

この場合は家業の農家を継ぐようなことも考えられますが、それでも水星のこと、機械や農法などを新規のものにして、その地域での最先端を行く農家になる、と言う道も考えられます。

あるいは親の後を継いで歯科医になると言う場合もありえます。
この場合は歯科医と言っても最新鋭の機械や道具や技術を駆使して、親のお客様ならず、自分の新たなお客様も開拓するでしょう。

こう見てみると分かると思いますが、やはり水星のこと、職業や勉強、能力に関わるのですね。

恋愛や趣味などとは少し毛色が違うのです。
これが水星の力ですし、水星占いの本質だと言えるでしょう。

やはり水星占いは12星座や12室を使っても、水星を使いこなすことが本質なのです。

4室、蠍座の水星の人は家業などを継ぐことが多いでしょう、それでも水星を使いこなせば、最先端の技術や機械を取り入れられるでしょう。

次回も具体例を検証して行きましょう。

タロットカードではこの具体例は魔術師のカードがあたります。



4室蠍座水星の新しい技術や機械を取り入れるところはまさしく、魔術師の技だと言えるでしょう。

また9室双子座水星の資格や試験にチャレンジするには、またこの魔術師のような工夫が必要です。

魔術師のカードは技術、機械、工夫などがちりばめられていて、水星と近いカードだと言えるでしょう。