力を得るには冥王星 | 占い師Hisashiの占い徒然草

占い師Hisashiの占い徒然草

占い師Hisashiが日々のあれこれや、思いついたことなどを占いにからめてつづって行きます。

冥王星と言う星、この星は不思議な星です。
普通に考えると破壊や挫折を表す、悪い星だと言えます。

基本的に星は悪い星と言うのがほとんど無いので、この冥王星の悪い星感は際立っています。

事故、病気、離婚、別れ、失敗の裏にはいつも冥王星が裏で糸を引いているのだと言えます。

さてこんな冥王星ですが、良いところはあるのでしょうか?

もちろん、あります。
冥王星の最も優れているところはパワー感です。

いわゆる力です。
体力、知力、経済力、行動力、魅力、能力など、いわゆる力がつく言葉を並べましたが、こうした力を手に入れる手段としては冥王星が最適なのです。

ですがこの冥王星、単独の力ではパワーのみであって、そこに何の?と言う部分がありません。

この何の?にあたるのが他の星です。
他の星と関わるとその星を格段にパワーアップさせるのです。

体力ですと月と冥王星です。
知力ですと水星と冥王星です。
経済力ですと木星と冥王星です。
行動力ですと火星と冥王星です。
魅力ですと金星と冥王星です。
能力ですと天王星と冥王星です。
霊力ですと海王星と冥王星です。
表現力ですと太陽と冥王星です。
判断力ですと土星と冥王星です。

どの力も冥王星が関わらなくてもそれなりの力は手に入るのですが、冥王星が関わると究極までパワーアップするのです。

ですから、芸能人や有名人などは冥王星の守護を受けている場合がほとんどです。

冥王星の守護を受けないと一般人のままなのです。

成功、有名のためには冥王星は避けては通れません。

冥王星にはこうした両刃の刃のようなところがあるのです。

それでは冥王星を使うとはどうすれば良いのでしょうか。

何よりも冥王星は他の星との関わりを求めます。
まずはアスペクトで他の星との関わりを見てください。

アスペクトは0度のコンジャンクションが一番強いです。
その次は180度のオポジションです。
そして90度のスクエアです。

このあたりのアスペクトが冥王星と他の星との間であると、その星との関わりで冥王星は動きます。

120度のトラインと60度のセクスタイルは少し力が弱いのでオーブと呼ばれる許容範囲が少ない方が良いです。
具体的には5度以内でしょうか。

オポジションなどなら10度ぐらいのオーブを取っても良いでしょうし、ときには15度程度のオーブを取っても良いでしょう。
15度だと土星や天王星などの遠い星の場合ですね。
水星や金星、月などの場合ですと10度ぐらいでしょうか。

こうした他の星がアスペクトする場合はその星に関わることをすると冥王星が動き出します。

月の場合は早寝早起きやグルメなどでしょうか。
水星だと勉強や資格試験ですね。
金星はいわゆる恋ですね。
恋をするとパワフルになる人、いますよね。
そうしたタイプは金星と冥王星がアスペクトをとっている人ですね。

太陽は何でも試してみることです。趣味から旅行から習い事から仕事から。
なんでもアクティブに動くとパワフルになります。

火星はスポーツでしょうか。仕事もそうです。特に営業や工場や労働などをするとパワフルになります。

木星はお金もうけでしょうか。貯金をするとパワフルになります。宝くじなども良いかもしれません。

土星は一家の大黒柱として、家族を守ることでしょうか。仕事では地位が上がることでもパワフルになれます。

天王星は生まれつきの才能に目覚めることでしょうか。
冥王星の場合はかなり曖昧なので、さらにその他の星が関わるとその星の才能が大幅にアップします。
例えば冥王星と天王星のアスペクトがあってそこに金星が関わると芸術的なことに打ち込むと無尽蔵の才能が溢れだします。

海王星は霊感でしょうか。
例えばパワースポットなどに行くとパワフルになります。
基本的に今、生きている人は冥王星と海王星のセクスタイルを持っているので、現代人は大抵は霊感が強いです。
ですからここにさらに何らかの星が入ると霊感を使うことが出来ます。
例えばさらに火星などが関わると剣道などの武道をしたりして、武道から霊感が無尽蔵に沸き上がってパワフルになれるのです。

さてこの冥王星。
実は先ほどまでの冥王星と他の星の2つの星だけではなく、3つ 4つと星が関わるとそれだけパワフルになれる星なのです。

例えば月などはあまり星が多いとパワー不足になる傾向があるので、月は星が多く関わらない方が純粋で良いのです。

ですが冥王星の場合はどんどん星が関わって良いのです。
星が多ければ多いほど、パワーが増します。

月も冥王星が関わると星が多くなってもその力を発揮します。

また進行の星やトランジットの星もドンドン吸収してパワーアップするのが冥王星です。

とくにオポジションで入ってくる星はその力をドンドン吸収してパワーアップしましょう。

例えばトランジットの木星は 12年でホロスコープを一周します。
よく12年に一度の幸運期と星占いでは言います。
これは太陽に木星がオポジションで入ってくることを言います。

しかし、この太陽の場合はその年のみの効果である可能性が高いです。

一方、冥王星にも木星が12年に一度オポジションで入ってきます。
このときも大幸運期なのですが、冥王星の場合はその幸運を吸収して、パワーアップします。
このときに起きたことを覚えておけば、何度でも再現できるパワーを得られるのです。

ですから冥王星を使い始めると、最終的には全ての星の影響を記憶してパワーアップし続けるのです。

冥王星の真の実力はここにあるのです。

冥王星は怖い星でもありますが、こうしたパワーアップをし続ければ最終的には最高の星になるのです。

今回のタロットカードは力です。




どんどんパワーアップしていった冥王星はやがて、火星だろうと月だろうとつまりはライオンだろうとものともしない力が手に入るのです。

それはこの力のカードが表しています。