”Divination University”の設立に向けた占い専門誌(雑誌)の立ち上げを現在計画進行中です。目標は2018年中ですが、きちんと内容が固まってからにします。

 

占い雑誌は現在日本国内では、出版されていません。スピ系にも含めると、ムーとかとある宗教団体系の雑誌くらいかと。

 

以前から私は口にしていましたが、占い雑誌計画を進めようと思います。indeedで先行してひっそりと募集をかけていましたが、こちらでも告知します。

 

これまでの占い雑誌がなぜ潰れたのか?

このことを分析したうえで、2つの答えが出ています。

・誰のためのもの?

・それに伴う内容?

 

 

今回は占い畑以外から、編集長を招いて、参加する占い師とともに議論し、ひとつの形を作っていきたいと思います。

 

この件は私があまり口出しせずに編集長直下にしようと思いますが、私からは”現場”目線という注文だけ付けたいと思います。

ようは”占星術研究家”といった聞こえはいいけど、あんた何ができんの?といった人はすべて除外。鑑定していない占い師は、占い師ではないから使うな!という注文だけ付けときます。

 

〇〇開運法とか、パワースポット企画とか、そうしたありきたりのものではなく、新しい占いの紹介の形を取れるのがベストと思ってますが……。

 

紙面展開することに意味があるもの、常識に囚われない新たな企画。

知的好奇心をくすぐるテーマでの展開ができればいいなと。

 

 

ウラナッテ、ウラナーウ、LINEトーク、ウラッチャ、マリーシェル占い館の人は、本件応募連絡はしないでくださいませ。各人のblogやHPでこの人こういう感じならいけるんじゃないかという方にあたりを付け、こちらから連絡します。

 

何をそこで伝えようとしているのか?

想いが文章から伝わってくる方を弊社側で見つけます。

文章力とかの問題ではなく、その想いが文章からくみ取れるかですので、初期は見送りでも、それが見られるようになれば、お声がけします。

タイミングや占い師とての成長度合いで、自分が発信すべき時ってのがあるんです。それをこちらでは判断します。

 

 

 

ウラナッテ、ウラナーウ、LINEトーク、ウラッチャなど、これまで弊社と取引のない方は、indeedから探してみてください。

 

本件の該当者であれば見つかりますので。