明日からマリーシェル占い館の2018年初日が始まろうとしています。

 

昨年末にお店で起こったある出来事についてお話させていただきます。

昨年後半、毎週2,3日は店に出るようにしており、現場に出ることでそれまで気付かなかった課題や各占い師さんのお困りごとなどをヒアリングして修正するように動いておりました。

 

そんなある日。

とある占い師さんのもとにお客さんが来て、しばらく話をされてからお帰りになりました。

「また、いつでも来てね!毎週出てるから」と

その占い師はお見送りされていたのですが、その後私のもとにその占い師さんが来られて

「ごめんなさん」と

謝ってこられたのです。

 

実は、さっきのお客さんからは料金を取っていないと。

鑑定なら料金を請求するけれど、鑑定ではなくただの会話だと。

一度鑑定に来られた際に、いろんな問題が一気に起こって誰にも相談できない状態になった方で自分でよければいつでも話を聞くからと伝えてあげたら、お越しになったのだとおっしゃっておられました。

だから、お店には申し訳ないと。

 

 

でも、この話を聞いて、

かなり胸に熱いものを感じました。

 

世の中の多くの占い師さんは、お金でしか物事を判断しないと思います。

自分にとって一銭の得にもならないのに、その占い師さんは話を聞いてあげようとしたのです。

 

初回に鑑定だけして、そのまま返す。

 

多くの占い師さんは、そうするんじゃないかと思います。でも、その占い師さんは最後に一声かけられたんです。「鑑定じゃなくても、いつでも話を聞くからね」と。

そのお客さんは、占い師の言葉にどれだけ勇気づけられたことでしょう。

 

今まで誰にも言えず、すっごく孤独で。

どうしていいかもわからなかっただろうし、未来にも不安だったはずです。

 

けれど、その占い師のひと言で話せる相手が見つかって、自分ひとりで背負い込むことなく、相談できる人が現れたんです。

 

 

たしかにお店にとっては、売上ということだけ考えたのなら、良くないことになるのかもしれません。けれど、私はそんな占い師の対応は素晴らしいもので、尊敬に値するものだと思っています。弊社マリーシェルでは、昨年人間性が大事だと痛感させられることがあって、そこからは人間性を第一に考えています。今回の占い師さんの対応は、まさに心ある対応だと思いますし、お悩みを解決するという占い師の本分にも反していません。

 

 

こんな素敵な占い師がマリーシェル占い館に出演してくれて、ホントに良かったと思っています。そして、マリーシェルとしてはこういった本当にステキな占い師をもっと世の中に認知させ、活動の場を広げるとともに、そうした行動ができる人が本当の占い師だと世の中に思っていただけるような環境を作っていきたいと思います。