昨日、占い師と昔と今のお悩みの状況について話をしてきました。

そこで出たのは、相談内容で”不倫”の悩みが極めて増えたということ。

 

そう、今は”日陰女子”が全盛期に入ったようです。いきなり”日陰女子”というワードを出しましたが、昨日の話を持ち帰って考えてた時に、”不倫”してる女子=”日陰女子”、”普通の恋愛してる女子”を”日なた女子”、不倫関係を好む男子には、お金持ち(VIP)とそうでないパターンがあるから、まずそうでないパターンを日陰から連想されるもので、”苔(コケ)”だと思いつき”コケ男子”、お金持ち(VIP)は単なる遊びでハマっているわけではないから、”盆栽男子”と名付けました。盆栽は基本日中は日なたに置きますが、日光が強すぎた時には日陰に避難させるから、イメージに合うなと。

コケ(苔)は逆に日なたでは無理で、日陰をこよなく愛すって感じですから。

 

 

日陰女子は、基本満足することができない。日なたに憧れをもっていて、でもそうなれないから満足感を得ることがない。ずっと日陰のままの日陰女子もいれば、実はそうではなくなる日陰女子もいます。

 

つまり、”日陰女子”から”日なた女子”に変わるパターンもあります。

”日陰”も”日なた”も、同じ時間を過ごしています。

 

何が日陰にさせているのか、その遮るものを壊せば日陰から日なたになるわけで、また自分で一歩踏み出し、場所を帰るだけで日なた女子になれるのです。

 

 

今は、日陰女子の全盛期。

どこもかしこも日陰女子がいっぱいいるような状況ですが、逆にいえば”コケ男子”もそれだけ多いということ。コケ男子は苔玉のように注目を集めるようなものもあれば、そうでないものもいる。

昔も不倫はあったものの、大金持ちが中心でそれ以外はあるにはあるが今のような状況ではなく、盆栽と苔のような関係そのもの。苔玉といった物が注目を集め、そこから苔が単独で注目を浴びたように、今伸びているのはコケ男子。

 

 

盆栽男子と日陰女子は、あくまで一時的な関係であり、お金で結ばれた関係。だから、あまりドロドロした感じにはならない。

 

けれど、コケ男子と日陰女子は、ドロドロした感じになりがち。また周囲にも悪影響が出やすい。実際の苔と日陰でいえば、雨で苔はイキイキしたりする。けれど雨量が多ければ、日陰は乾かずにぐちゃぐちゃ。そして、苔も泥でグチャグチャに。その様は決して人が見て美しいとか思えるもんじゃない。それがコケ男子と日陰女子の関係そのもの。

 

続く。

AD