私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

 

 

7/21(日)は、中京競馬場で中京記念が行われます。

過去10年で、10万円を超える3連単の配当が
7回出ている波乱傾向ですが、
近2年は3連単の配当が2万円台と落ち着いています。

今年はどういった決着になるのでしょうか。

 


それでは、注目馬を見ていきましょう。

エントシャイデンは、1000万条件・1600万条件を
3連勝して重賞に臨みましたが、
阪急杯と京王杯スプリングカップは、
1400mの距離が短かったですし、
前走の安田記念は、高速決着に対応できませんでした。

そういった意味では、
まだ重賞で頭打ちという印象はありませんし、
マイルのGⅢであれば、
アッサリと通用してしまう能力を秘めているかもしれません。

カテドラルは、マイルに矛先を変えた2走前から、
一気に内容が良くなり、
GⅠのNHKマイルカップでも馬券圏内に好走しました。

初めて古馬と顔を合わせる形になりますが、
前走のような競馬ができれば、
ここでも十分に戦える能力はあるでしょう。

グルーヴィットの2走前、ファルコンステークスでは、
初芝の重賞挑戦で、まだ体に緩さを残す中で、
2着に好走し、芝適性の高さを証明しました。

前走のNHKマイルカップでは、
勝負どころで前が壁になってしまい、
力を出し切ることができませんでした。

今回はハンデにも恵まれますし、
スムーズに運ぶことができれば、
古馬を相手にしても通用する可能性は十分にありそうです。

プリモシーンは、脚を余してしまった
3走前のターコイズステークス、
位置取りが後ろすぎた4走前の秋華賞以外
近走はしっかり結果を出しています。

昨年の関屋記念を制しているように、
夏場を苦にする馬でもありません。

ヴィクトリアマイルで2着と好走したように成長は著しいですし、
GⅢのメンバーであれば、間隔か開いた今回でも
能力の違いを見せてくれる可能性は高いでしょう。

ミエノサクシードの4走前のターコイズステークスは、
着順こそ9着でしたが、12番枠からロスの多い競馬に
なってしまいましたが、勝ち馬に0.4秒差まで迫っていましたし、
悲観する内容ではありません。

ゲート難が解消されてきたので、
安定して結果を出せるようになってきましたし、
前走のGⅠ(ヴィクトリアマイル)でも、高速決着の中、
プリモシーンに次ぐ上がりタイムで追い込んでいました。

勝ち切るまでは難しいかもしれませんが、
上位争いに食い込む可能性は高いでしょう。

 

 

リライアブルエースの近2走は、
スムーズな競馬ができたにも関わらず
リステッド競走でも勝ち切れませんでした。

重賞に7回挑戦して唯一掲示板に絡んだのが、
昨年のこのレース(3着)だったので、
得意条件でどこまでやれるかといったところでしょう。

あとは、先週の函館記念でも勝ち切れず、
依然、重賞未勝利が続く中谷騎手がどう乗るかでしょう。

レインボーフラッグは、1600万条件を勝ち上がるのに
16戦を要してしまいましたし、2018年のはじめから前走まで、
1200mと1400mにしか使われていなかったので、
今回は1600mへの対応もカギになります。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。
 

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

http://fm.tekityu-shinbun-web.jp/?action_FrontDesk=true&id=99534ab165&ad_code=td0005

私のランキング↓です。


にほんブログ村 競馬ブログへ




7/14(日)は、函館競馬場で函館記念が行われます。


過去10年の傾向を見てみると、

1番人気は(0.1.0.9)

ことごとく人気を裏切り続けています。


ただ、勝っているのはすべて2~5番人気の馬なので

勝ち馬は穴馬ではないという傾向も出ています。


それでは、注目各馬を見ていきましょう。





エアスピネルの前走、マイルチャンピオンシップは

外枠から外を回らされるロスが響いて、

最後は脚が上がってしまいました。


2走前の富士ステークスと3走前のマイラーズカップは

本調子ではなかったので、

本来の能力を出し切れていませんし、

4走前のマイルチャンピオンシップ(2着)が、

この馬の力と考えていいでしょう。


ただ、今回は8ヵ月ぶりの競馬になりますし、

1600mが最適なタイプなので

2000mが良いとは言えません。


しかし、能力の違いで勝ってしまうほどの

素質も持っていますし、取捨が難しい一頭です。


ステイフーリッシュの前走、鳴尾記念は、

スタートが決まりいい位置で運ぶことができました。


ただ、直線入口で先頭に立つ形を狙っていましたが、

逃げていたブラックスピネルをかわせず、

最後は勝ち馬のメートルダールにも

かわされての3着でした。


中山コースとの相性が良いように、

函館に替わることはプラスに働きそうですし、

相手関係を考えれば、洋芝を苦にしない限り

上位争いをしてくれそうです。


中谷騎手は2018年2月の共同通信杯以来、

久々の騎乗になりますし、

気合いの入って臨むことでしょう。


ナイトオブナイツは、全6勝のうち

下級条件だった未勝利と500万下を除くと、

洋芝コースか渋った芝で勝っているように、

力の要る芝だとベストパフォーマンスを

見せてくれるタイプです。


昨年のこのレースは太め残りでの出走だったうえに、

スタートで出遅れ、道中はロスの多い競馬に

なってしまったので、度外視していい内容でしょう。


前走の巴賞は、強気の競馬をした分の2着だったので、

悲観する内容ではありませんでした。


叩いた上積みもあるでしょうし、

今回も楽しみな一戦になるでしょう。


マイスタイルの前走、巴賞は状態が良く

陣営も期待を持ってレースに臨んだようですが、

4コーナーで前の馬が下がってきた時点で

レースが終わってしまいました。


それを除けば、函館コースでは2戦2勝と好相性ですし、

今回は巻き返しの一戦となります。


ムラ駆け傾向にあるので、

全幅の信頼とまではいきませんが、

2走前のダービー卿チャレンジトロフィーでは、

のちのGⅠ(ヴィクトリアマイル)2着馬の

プリモシーンにハナ差の競馬をしていますし、

GⅢのメンバーでは能力上位であることは

間違いありません。


レッドローゼスは、前走の福島民報杯では、

外を回る強気の競馬でも、

先週の七夕賞2着馬(クレッシェンドラヴ)を相手に、

着差以上の完勝でした。





東京コースでも好走歴はありますが、

小回りの右回りがベストの馬ですし、

昨年のHTB賞を勝っているように、

洋芝への適性も問題ありません。


得意条件でも崩れてしまった

6走前のレインボーステークスは、

動きたいときに動けなかったことが敗因なので、

不利がなければここでも崩れることはなさそうです。


みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。



友達登録してネ


サンプル


↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓


http://fm.tekityu-shinbun-web.jp/?action_FrontDesk=true&id=99534ab165&ad_code=td0005

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

 

 
6/7(日)は、福島競馬場で七夕賞が行われます。
 
毎年、一筋縄ではいかないハンデ重賞ですが、
今年はどのような決着になるのでしょうか。

それでは、出走予定の各馬を見ていきましょう。

ウインテンダネスの目黒記念は、
馬体重を戻すの精一杯の調整だったので、
ベストに程遠いデキだったこともあり、
掲示板を確保できませんでした。

今回は調子が上向いて出走はできそうですが、
左回りが得意な馬ですし、
福島コースでは大きな割引が必要です。
 

クリノヤマトノオーの前走は、
得意ではない左回りでモタれて走っていましたし、
2走前は外枠でロスの多い競馬でした。

3走前は直線で前が開かず捌けないまま
終わってしまうレースでしたし、
オープンに再昇級してからは
すべて敗因がしっかりした競馬だったので、
スムーズに運ぶことができれば、
この馬が穴をあける可能性も十分にあるでしょう。

クレッシェンドラヴは、2200~2600メートルを
中心に使われていた馬ですが、
2000m前後で、持久力勝負に持ち込む競馬をして
内容が良化しました。

そういった形に持ち込むには
今回の舞台はベストですし、
休み明けも得意としている今回は期待できるでしょう。

ソールインパクトは、目黒記念で3着に好走しましたが、
いろんな条件が重なっての結果でした。

中長距離戦をメインに使われていた馬で、
2000メートルのレースに使うのは
1年10ヵ月ぶりですし、今回は見送りが賢明でしょう。

タニノフランケルは、2走前の金鯱賞は
使い詰めて疲れがあったようですし、
前走の鳴尾記念は間隔が開いたぶん
本来のこの馬の走りではなかったようです。
 

今年の年始にはGⅢで2戦連続馬券圏内に絡んでいますし、
調子が戻っていれば、好走の可能性も十分でしょう。

ブラックスピネルは、前走の鳴尾記念と
4走前の白富士ステークスの内容を見ても
分かるように、自分の形で逃げることができれば、
かなりしぶとい競馬をしてくれます。

ただ、今回は強力な同型馬が揃っていますし、
前走のようにうまく運ぶことは難しそうです。
 
 

ミッキースワローの前走、エプソムカップは、
スローペースの切れ味勝負になり、
前に行った2頭がワンツーフィニッシュする
展開だったので、この馬にはかなり可哀そうな
競馬になってしましました。

道悪もかなり苦手なようなので、
度外視していいレースでしょう。

2走前は抜け出してソラを使っていたので、
勝ち切るには乗り方が難しくなりそうですが、
良馬場で走ることができれば、
崩れることはなさそうです。

ロシュフォールの前走は、位置取りの差だった分の
3着にも見えますが、ラスト50メートルで
脚色が鈍っていたあたり、
重賞では2000mの距離が少し長いのかもしれません。

小回りコースに替われば乗り方ひとつで
なんとかなるかもしれませんが、
人気ほどの信頼はないような気がします。

ロードヴァンドールの天皇賞は
最下位の大敗でしたが、展開が厳しかったので、
度外視しても問題ないでしょう。

2走前の阪神大賞典で復調の気配は見せていますし、
(1.2.3.3)と好相性の2000メートル戦になれば、
期待できそうです。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。
 

 

 

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

http://fm.tekityu-shinbun-web.jp/?action_FrontDesk=true&id=99534ab165&ad_code=td0005