少し前に ローズアターの精油について書きました 
今日はジャスミンアターについて 書こうかな。

アターというのは ペルシャ語で香水の意味だそうです
抽出段階でサンダルウッドと融合させるという
インド伝統の抽出方法で作られる精油です。

ローズアターを購入した時にジャスミンアターも注文したのですが
このジャスミン、私がずーっと探していた香りにそっくりなものだったので
私的にはローズよりジャスミンに大感動☆

想いはかなうんだな~神様ありがとう!って 嬉しい瞬間でした。

私の好きなジャスミンの香りというのは8年前
アロマの学校に通っている時 店で売っていたインドの香油
校長先生がインドかスリランカに行った際仕入れてきた為
限定○○本というもの

精油のジャスミンはあま~くて濃いけど
その香油はすっきりした香りで ひと嗅ぎ惚れして購入し
お出かけのときはいつも使っていました

私たちアロマセラピストは 仕事の時は自分に香りをつけることはしません
だからオフの日にお気に入りの香りをつけるのも楽しみのひとつ

その香油を使い切った後 同じものが売ってなくて
探してたけど 会えずにいました

もうあきらめて探すこともしなくなり
でも心の片隅にいつも気になっていたジャスミン

こんな形で再会できるなんて 奇跡的☆
やっとまた会えたねーーーー♪
猫だったらすりすり頭や頬こすりつけてるね絶対(笑)

香りは記憶と結びついています

私はジャスミンの香油を使っていた頃
ミュージカルを観に帝国劇場に何度も足を運んでいたので
客席の椅子とか浮かんできます
開演前 席に着いて幕があがるのを待つワクワクドキドキする時間

みなさんも香りとリンクする思い出って必ずあるはず

香りを使って 時間旅行するのも楽しいですよ
おためしくださいまし