仕事ができる、できないを分ける 3つの要素とは | 起業 集客方法|WEBマーケティングを活用した小予算集客研究所

起業 集客方法|WEBマーケティングを活用した小予算集客研究所

USPよりMSP! スマホ動画集客やコンテンツコンサル・コピーライター達がが貴方(の会社)の売上アップ、マーケティング関連、集客に特化したソーシャルメディア&動画集客マーケティング、DRM,コピーラィティング、戦略思考他のビジネススキルを伝授します。

【仕事ができる、できないを分ける
3つの要素とは】

新年明けましておめでとうございます!

2018年も引き続き
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


こんばんは、神野です。


今日は、一年ぶりに
兄弟、甥っ子、姪っ子が
弟の家に集まりました。


お昼は、ステーキハウスで
食事をしたのですね。


かなり楽しかったです(^^)


さて


仕事ができる、できないを
分ける3つの要素


それは


当事者意識
お客さん意識
被害者意識


の3つです。


当事者意識は


以前、お話した
自分事化することが
できるし


常に責任を持って
仕事ができます。


一方、お客さん意識の人は


与えられた仕事以外の
仕事には取り組もうとは
しない人になります。


最悪なのが


被害者意識の人です。


常に仕事をやらされていると
思っている


自分が関わる案件で
トラブルが発生した時


自分の責任を
認めようとしない人です。


さらに、まるで
自分が被害者であるかの
ように振る舞い


他人に責任を
なすりつけたり


言い訳をしたりする
人です(^_^;)


被害者意識がある人は
どうしても


効率が悪く
成果も上がらないことが
多いです。


兎にも角にも


自分で責任を取ろうと
しないので


始末が悪いですね汗


例えば


教材を購入しても


実際に実践することがない


言い訳ばかりして


一向に実践しようと
しないのです。


実践しなければ


成果が出るはずが
ないですよね?


しかし、被害者意識が
強い人は


他に責任をなすりつける
傾向が強い為


購入した教材を
悪く言うわけです。


いわゆる


誹謗中傷すると言う
行動に出るのですね。


このような意識でいるなら


当然、結果が出ることは
ないですよね?


仕事を任せることも
難しいでしょう。


つまり、何事においても


自分が責任を持つ意識


自分ゴト化する意識


当事者意識であることが
とても大切なのです。


もし、あなたが


お客さん意識や
被害者意識に


心あたりがあるなら


注意が必要です。


2018年のスタート!


ビジネスや仕事
人生をより良くする為に


ぜひ、意識してみて
くださいね。




大切な友達のあなたに
感謝しています(^^)


では、今年2018年も
お互いに素晴らしい飛躍の一年に
すべく、自己研鑽を重ね
頑張っていきましょう!!

今年も一年どうぞ
宜しくお願いします。

神野望


ではまた!


インターネットマーケティング
コンサルタント 神野望

ウェブマーケティングコンサルタント 神野望&チーム神野さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス