シンガポール探検隊ブログ

シンガポールのニュース、ツアー、グルメ情報をあなたに

矢印 紳士淑女のためのメルマガ登録は こちら
矢印 あたらしひろゆきのフェイスブックは こちら
(友達&フォロー大歓迎!)

テーマ:
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
↑あたらしはいま何位?



 
先日のことなのですが
ジンジャーチキンを食べに
連れていってもらったのですよね


ジンジャーチキン

 
最近は
ジンジャーティー
ジンジャーシロップ
神社女子など

なんでもジンジャーつけておけば
冷えの解消につながるぜ!現象が
起きており


ジンジャーも大変だなあ
とエールを送りつつ
ジンジャエールを
飲みたい気分なのですが

 
ジンジャーチキンとはなんぞや?
と思いつつ、集合場所のパラゴンへ

 
既に30分待ちの
行列ができていたのを見るに
人気のお店っぽかったですが


シンガポールはチキンを
美味しく食べられる店が豊富にあり

鮮度、ボイルの仕方
味付けで好みが分かれ

「私はあのお店のチキンがいいの!」

チキン論争からのチキン離婚
起こらないか心配しているくらいなのですが

 
ソワソワしながらパラゴンに
向かったのですよね



誘っていただいたのは
美のプロフェッショナルである
まわきさんとみき夫妻



 





以前からフェイスブックでは
拝見させていただいたのですけどね


あまりのおしどり(鶏とかけてる)
夫婦っぷりに、嫉妬してしまい
実際にお会いしてしまったら
まぶしすぎてその足で
結婚相談所に
登録しに行ってしまうのではないか?

と恐れていたので
程よい距離を保っていたのですが 

とある新年会にまわき氏がいて
その見た目とは裏腹に
男気あふれ、ギャグセンスもあり

意気投合して朝まで8時間ほど
飲み続けてしまいました、、、
(もちろん翌日MIKIさんに土下座しました、、、笑)

 
 
そんなご夫妻に

「ジンジャーチキンを
 食べに行きませんか?」


と言われたら、断る理由が
「あ、すみません、、、
 明日ピアノの発表会があるので、、、」


くらいしか思いつかず
ピアノをやっていないことが
後日ばれたら、また土下座に
なってしまうので
行ってまいりました
  

いやあ、うまかった!
 

なんていうか、
ここ最近チキンを食べない日って
無いくらいなのですが

どうしてもお気に入りのお店
ってのがみんなあって
私は文東記というグレートワールド
シティーの近くのお店なのですが

そこに似てて
大好きな味でございました





ジンジャーで冷え性どころか
生理痛も無くなった気がします
(元々、無いわ!)
 

ミスターまわきはメイクレッスンを
シンガポールで行っているのですが
宣伝なしで口コミのみで大盛況でして
ぜひ日本でもレッスンを
やって欲しいですよね?奥さま


そのうちアジア全域でレッスンしたり
スクールを立ち上げるように
なると思うので

MAWAKI YAMAMOTOブランドの
化粧品が出回り始めてしまうと
もう時の人になってしまいますから
メイクレッスン受けるなら
今のうちですよ、奥さま
 

まわき氏は女性を美しくするだけでなく
メイクによって内面を変え
自分に自信が持てるようすることで

仕事も恋愛も家庭も
すべてうまくいくようになる
女性を増やすためにやってるそうで
何かと自信が無い女性が多い
この時代に必要な存在かと


MIKI夫人も奥さまとしてだけでなく
司会者としても優秀で

シンガポールの現地企業から
日系企業までさまざまな所から
日々、依頼があるとか?

メイクレッスンを受けたい方や
司会をしてもらいたい方は
メッセージしてみてくださいませ

まわきさんフェイスブックはこちらから
みきさんフェイスブックはこちらから

 
そんなこんなで
この2人とセミナーを
いつかしたいなあ


とはいえ美について
語れる立場でも無いので
裏方でついていくという名目で
バンコクや香港に遊びにいきたいぜ!

 
 

 
 
タイトルの

「シンガポールの店員は
どこまで長髪が許されるのか?」


という所に戻るのですが


私たちがジンジャーチキンを
いただきつつ、なぜかスリランカの
アーユルヴェーダ施設について
話し合っていると
 

ファンキーな店員さんが
お茶を持ってきたのです

 
彼の名はヘンリーというのですが
まさにシンガポールの江口洋介

 
「え!?そんな髪型ってあり?」

というくらいファンキー

 
アメリカのドキュメンタリーで
会社の社長がアルバイトに
成りすまして現場のサービスを
リサーチするという企画がありましたが
 
「この店の社長なんじゃないか?」

と思いましたからね

 
笑顔もサワヤカで
気軽に話しかけてくれて
写真も撮ってくれて
 

ディズニーランドで
ミッキーに会った時と
同じ気持ちになりました
 


 
私たちは


何かと周りの目を気にしてしまい


外見すら周りに合わせてしまうことで


個性とは何か?


を見失いそうになりますが
 
 


堂々と



自分が生きたいように生きろ



自分のポリシーを貫け
  





彼はそう教えてくれたのではないか?













私はそう思いますね
 
 
 
 











 
  







 





















本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました




この記事をここまで
読んでくれたあなたはもはや友達!?


あたらしフェイスブック
気軽に友達申請してくださいね!


※友達申請は間もなく上限なので
※今すぐクリックしてください
(もしくはフォローしてください)

 



★ヘンリーかっこいい!と思った方は
こちらから応援クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村←あたらしはいま何位?


他のシンガポールブロガーの最新記事
もチェックしてみてくださいね!

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
↑あたらしはいま何位?



異国の地で食事をする
異国の地でタクに乗る
異国の地で恋愛をする



そのどれもがドキドキするものであり
エキサイティングなものです



メニューがその国の言葉で書かれ
目の前に料理が来るまで
それが何かわからない

いや目の前に料理がきても
それが何かわからない

なんてこともありますし


深夜の空港からのタクシーが
そもそもメータータクシーではなく
完全に個人営業の白タクであり
降りる時に必ずモメる
こともありますし


中国語やスペイン語やタイ語など
相手が言ってることが
さっぱりわからないのに

アイコンタクトと
ボディーランゲージだけで
恋愛関係になることも
ありえるわけです


良いか悪いかは別として
未体験のことというのは
そのどれもがドキドキするものであり
エキサイティングなものであり


ホルモンを活性化させ
免疫力をアップし
若返らせる効果がある


つまり脳内から自然と出る
天然の美容液なのです


そのドキドキと
エキサイティングのトップ

相撲界でいうところの
白鵬に君臨するものといえば
いったいなんなのか?というと




異国の地で髪を切る


ことだと思うのです


思い起こせば
人はいつからかお母さんに
髪を切ってもらうことを卒業し

回転灯がぐるぐる回る床屋に
切りに行くようになり

ちょっと色気づいてきた年頃に
美容室に行くようになり

何を血迷ったか
土俵を去る力士のごとく
失恋ショックで断髪式をしたり

Youに憧れて
自分でセルフカットをしたり



文字通りさまよっていくわけですが



最終的に誰もが行き着く場所は



異国の地で髪を切る



ことだと覚えておいていただきたいのです



ということでクラークキーの
セントラル4Fの美容室
CLEOさんに行ってきました






「CLEO知ってる!」という方も
多いと思うのですけどね


表参道のクレオのオーナーの
笠原さんが世界展開1店舗目として
シンガポールに進出してきたのです


「いやあ、日本人から電話
 かかってくると
 ビックリしますね」



と、オーナーの笠原さん







聞くと
カット料金は1万円ほどなので
シンガポールで最高クラスに
なるらしいのですが

にも関わらず
繁盛しているという素晴らしさ

広告をまったく打たないので
日本人1割シンガポール人9割
ということで
完全に口コミで評判になっています



まあそんなことより私もトリミング
ヘアーカットしてもらうために
来たのです


店内は表参道と
まったく同じ雰囲気にするために

エマニエル夫人の
家にありそうな巨大な鏡と

2,3人乗っても大丈夫そうな
シャンデリアがありました









まずはエプロンをかけてもらう







「今日はどうしましょうか?」

「そうですね
   シンガポールで流行ってるスタイルで」

「御意」


途中でオーナーの笠原さんが
コーヒーを持ってきてくれて
コーヒーには犬一倍うるさいあたらしが
「っっっんま!」と言ってしまうほど
美味しかったのですが


このホスピタリティーが
シンガポール人に
ウケているかと思いきや

純粋にカット・カラー・パーマの
技術が評価されているらしく


「なぜ宣伝をせず
   しかも高級店なのに
 行列ができるのですか?」



とお聞きしたところ
いま流行りのアプリを使った
とある手法でした


あたらしは
マーケティングマニアであり
ブログ集客やフェイスブック集客や
メルマガ集客は得意ですが


笠原さんはそのどれも使わずに
まったく別の手法で取り組んでまして
とても勉強になり
さっそく私も実践していこうかと



「でも、なぜ
 シンガポールにお店を?」



と聞いてみたら


「いやあ、日本にお店を出す
 ってのはもう夢が無いんです」



「ほほお」
 

「若いスタッフたちにも
 夢を与えられなくて」



「それはなぜです?」


「日本は1000円カットの流行で
 どんなに有名なスタイリストでも
 単価が下がってしまうのですよね

 専門学校で必死に勉強して
 就職して夜遅くまで研修受けて
 やっとスタイリストデビューしても
 長時間労働の割に
 満足いく給料はもらえない

 将来お店を出すという夢も
 初期投資やランニングコストを
 考えると現実的ではないんです」



「なるほどー、たしかに美容師さんって
 見た目とは裏腹に体育会系で
 つらくて辞めてしまう人も
 多いと聞きますな」


「ただ日本の美容の技術って
 世界トップクラスなんです

 なので若い子たちに世界で
 活躍する場を作ってあげることが

 日本の美容の技術を輸出する
 きっかけになるかなっと思って」






って、GTOみたいな雰囲気で
そんな立派なこと
考えているのですか!?











今このブログを見てる方の中で
美容師さんがどのくらいいるか?
わからないですが


インターンという形でも
笠原さんのところで
勉強させてもらうのは
いいと思うのですよね


クレオシンガポール店で働いている
日本人スタイリストさんたちも


日本でやってた時よりも
給料が2倍ほどになっているらしく


かつこれからいろんな国に
出店できるチャンスもあるので
夢があるなと



そうこうしているうちにトリミング
ヘアーカットが完成!





まずはこれがビフォー









そしてこちらがアフター













ん?わかりにくいですか?






相当さっぱりしまして
シンガポールスタイルです






ビフォー









アフター













ビフォー















アフター























本当にありがとうございました




日本人の方で
表参道クオリティーを
求めている方は
行ってみてくださいね



髪って気分や恋愛やビジネスに
とても影響あるものだと思うので


低価格で妥協するよりも
クオリティーを追求した方が
良いと思いますのでね


(あたらしのブログ見たと言っても
 何も無いですが、おいしい
 コーヒーは出てくる可能性があります)



あとオススメしたいのは
美容関係の方

やはり集客方法が参考になるので
学びに行くと良いです



ここで初公開しますが
今月の2月12日・14日・15日
14:00~17:00に
ソーシャル集客マスターセミナー
というのを、シンガポールの
ラッフルズプレイスでやります


どこかで笠原さんに
しゃべってもらおうかな?
(まだオファーしてないけど)


日本からも今からチケット取れば
往復6万円とか東京行くのとさほど
変わらないものがあるはずなので


最先端の集客手法を学びたい方


文章をもっと
うまく書けるようになりたい方

は来てくださいませ



募集は5日からスタートしますが

先行で案内欲しい方は

ブログかフェイスブックから

メッセージしていただければ

席を確保します










{CCF9AE08-3A72-41E5-81CB-A62975D248F5:01}



翌日、笠原さんと美容師さんと
メイクのまわきさんと

アジアビューティーフェスタの
打ち合わせミーティングとして

チャイムスでオイスターを
食べに行ったのですけどね


そちらはまた別の記事で!



チャオ!







この記事をここまで
読んでくれたあなたはもはや友達!?


あたらしフェイスブック
気軽に友達申請してくださいね!


※友達申請は間もなく上限なので
※今すぐクリックしてください
(もしくはフォローしてください)

 



★ 私も髪を切りに行きたくなった!
  という方はこちらをクリック


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
↑あたらしはいま何位?



  他のシンガポールブロガーの最新記事
  もチェックしてみてくださいね!




AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
↑あたらしはいま何位?



人と人とが最も仲良くなれるのは
肉を食べること



だと
どこかの誰かが言ってたのを
耳にしました

 
考えてみればそもそも人は
仲間と肉を分けあってきた
歴史がありますので

肉を食べるイコール仲間

という図式が成り立つのは
アインシュタインが説明しなくても
よくわかる話なのです

 
なので、日本では「肉会」というのが
流行っておりまして

見知らぬ男女2組が
焼き肉を食べるという目的の元に
会うというハレンチなサービスですが


早くシンガポールにも
上陸しないかな?



と私は流れ星を見かける度に
願っているわけで


シンガポールには
ヤキニクエストさんや
ヒツジクラブさんなど
美味しいお肉が食べれる店が
ありますのでね
見知らぬ女子2人組と行きたい

 
とはいえ肉を食べる機会というのが
シンガポールは多く、なぜなら
バーベキューのお誘い
毎週のように受けることが
できるからです

 
日本だとバーベキューのお誘いは
年に1度あるかないかだと思いますが


シンガポールではヘタしたら
週に1度はお誘いがあります


その昔GLAYが誘惑という曲を発表し


「今はお前が誘うままに~Oh溺れてみた~い!」


とTERUさんが熱唱してましたが


バンドGLOWのボーカルである
ワタクシHIROとしては


「今はお肉が誘うままに~Oh溺れてみた~い!」


 
と、誘肉という
曲を発表したくなってしまうくらい
バーベキューのお誘いが
週1ペースであるわけです


なぜシンガポールは
バーベキューが多く
開催されるのか?



理由は、在住日本人の多くが
コンドミニアムという日本でいう
タワーマンションに住んでおり


コンドミニアムには必ずプールがあり
そのプールサイドにはバーベキュー
キッチンが併設されているので


バーベキューセットを持って
川に行かなくても良いですし

川に向かってこんちくしょー!
叫びながら石を投げる必要も
無いのです

 
ということで、じゅんママさん
という方のコンドミニアムで
開催されたバーベキューに
お招きいただき行ってまいりました





まず、なんていったって
素敵なプールがある
コンドミニアムでしてね








料理もおもてなしの心が
ふんだんにありましたわ


私は肉奉行ではなく
食べる専門であり、ブロガー魂から
ひたすら写真を撮り続ける
林家ペーパー子ポジショニング
なわけです



 










 




突然ですが、男のロマンって
なんだと思いますか?


 
そう、プロレス技を
かけられることです
 
 
私たちの世代くらいになってくると
子供の頃に夕方テレビのチャンネルを
テレ朝に合わせたら
新日本プロレスが放送されていました
 

長州・藤浪が全盛期でして、
そこにタイガー・ジェットシンや
ビックバンベイダーが大暴れする
という

ゴレンジャーよりも
はるかにリアルな戦いと
エンターテイメントに
公園でエロ本を拾うよりも
興奮したものなのです

 
私はもちろん
獣神サンダーライガーのファンであり
今でもその影響を受け続けているのは
プロフィール写真を見ていただければ
わかると思うのですが

ロメロスペシャル
1度はかけてもらいたい
という夢があります
 
 
で、そのじゅんママの
コンドミニアムで開催された
バーベキューに

プロレスラーの方が
いらっしゃったのです

 
名前は中澤マイケルさんという方で
プロレスファンの方なら
ご存知だとは思うのですが


とある女子が


中澤さんにこんなことを


言い出したのです

 


 
「あれ?どこかで
 会ったことありませんか?」

 

「ん?僕は見覚えないけど?」
 

「えーっと、、、」

 
「もしかしてプロレスファン?」
 

「はい!私プロレス大好きで
 よく見に行ってました!」


 
「DDTという団体知ってる?」
 

「知ってます!見に行きました!
 もしかして???」

 

「うん、そこでレスラーやってた
 中澤マイケルって名前で」

 


「えーーーーー!!!」
 



そこで何を思ったかこの女子
 


「プロレス技をかけてください!」


 
と言い出したのです 




「ちょちょ
 ちょっと待ておネエさん」

 

と最近はやりのフレーズを
つい口ずさんでしまいましたが
 

プロレスラーに技をかけられる
というのは男のロマンであり
女子禁制なのですよ

 
ねえ、中澤さん?
 



「ああ、いいよ、水着になって」
 




「はい!」
 



 












「も、もう1度お願いします!」




「おう、かかってこいや!」














か、完璧にプロレスでした。。
 





 
聞いたら中澤マイケルさんって
ついこの前まで現役だったのですよね

 
グーグルで
「シンガポール プロレス」って
検索したら


中澤さんのヤフーニュースが
トップに出てきますからね、笑
 

イスと戦う中澤さんの動画もでてきました 
 
 
シンガポールにどうやったら
プロレスを呼べるのか?


 
私にはわかりませんが 
日本のプロレスは
本物の格闘技でありながら
エンターテイメントでもあり
レスラーの方の日々の努力の
たまものだと思いますのでね

世界各国に輸出されるべきだと
思うのです

 
中澤さんのレスラーとしての
活躍も見たいですし

 
全然知らない人同士でも
バーベキューと一緒でプロレスを通じ
すぐに仲良くなれますし
子供たちも大喜びだと思いますのでね

 


これはあたらしの個人的な感覚なのですが、海外在住者って世界に150万人くらいいるのですよね、シンガポールだけでも3万人。そのうち男性で働いている人が3分の1だとしたら世界に50万人、シンガポールだけでも1万人はいるはずなんです。いやたったの1万人しかいないんです。たったの1万人で競争が激しいシンガポールの巨大なマーケットを生き抜かないといけない。と考えるとここは日本人男性全員が一致団結した方が良いのではないか?と思うのです。確かに同業種というライバル関係もあったりすると思いますが元々、世界を相手に勝負しようと日本を飛び出した志は一緒なのでね、1つのチームになって戦ったほうが良いと思うのですよね。つながることで情報が手に入りますし、身近な人のがんばりが何よりのモチベーションになりますし、ピンチの時も助けてくれる人たちが多い方が良いわけです。ただ今の現状って10人~100人単位の小さなコミュニティーが点在しているだけで、中には1人孤独に戦っている方もいらっしゃると思うのですよね。原因は1つになれる場が無いことだと思っているわけですが、サッカーで日本代表を応援したり、日本人アーティストのライブに行くのも良いかと思うのですが、それよりも何よりも



シンガポールで戦う
1万人のビジネスマンが
心を1つにする方法は
プロレスしか無いんじゃないか?
 

 













私は肉を食べながら

















そう思いましたね



























(全員無視)















 







この記事をここまで
読んでくれたあなたはもはや友達!?


あたらしフェイスブック
気軽に友達申請してくださいね!


※友達申請は間もなく上限なので
※今すぐクリックしてください
(もしくはフォローしてください)

 



★ 私も技をかけられたいという方は
  こちらから応援クリックお願いします

  他のシンガポールブロガーの最新記事
  もチェックしてみてくださいね!



にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
↑あたらしはいま何位?




AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村←あたらしはいま何位?


 
正月気分が抜けていないことで
有名なあたらしです
    



シンガポールは
旧正月が採用されているので

2月の下旬が休みになるその頃に
みんなこぞって実家にバックしたり
旅行にゴーしたりするのですが
  
 
私も旧正月は
「海外にでも行こうかな」と思い
どんなプランがあるのか
聞きに行ってきました



アイオンの地下4階のJTBに
 
  
そもそも地下4階って
もはやマリオでいうところの
土管の中であって


ミスチルでいうところの深海じゃね?
って話なのですが

 
アイオンの地下4階はフードコートが
充実していて


ここのインドネシアンチキンライス
というのが美味しいのです
(って今はフードコートの話
 どうでも良くない?)

 
 
そんなこんなでシンガポールを
代表するデパートである
アイオンの地下4階のJTBに
到着してみたらビックリ


店頭で「広島特集」
ってのやっていたんです
  
 
広島出身、観音生まれの私は
テンション上がったね


スマスマにマイケル・ジャクソンが
登場した時のスマップのテンションの
上がりぐあいに僅差で
負けるくらいテンションあがった
 
 
カープ女子では無い私ですら
広島特集に心惹かれる日本ムードの中


さぞかし日本人客が多いのだろうなあ
っと安心し、ドアをギギギギギと
くぐり抜けてみたら


 
まさかの外人ばかりなのです...

(ってそんなオレこそ外人だ!)
 
 
よくよく考えたら
冬を体感できる日本って
すごい人気なんですよね
 
 
さらに円安が加速してますから
ブルースリーの腹筋に
力が入っているのと同様に
旅行会社も力が入っているみたいです
  
 
そんな中
「旧正月どこに行ったろかな?」
チラシをなんでも鑑定団の先生か
のように吟味をしていたら
謎の島があったんです
  
  
謎の島
  
 
全米が熱狂したドラマ
「LOST」好きの私としては



知らない島にはぜひ行きたい
(そして謎の数字に振り回されたい)
  
 
カウンターのお姉さんに
聞いてみたんです
  
 
「これはどこの島ですかね?」
 
 
「ああ、これは
 フィリピンの島ですよー
 シンガポールからだったら
 すぐですよ?」

 
 
「ほほお、2月の
 旧正月でも取れますか?」

 
 
「えーっと旧正月は
 ちょっと空いてないかもですね、、、
 お1人でご旅行ですか?」

 
 
「ですね、1人旅が好きなので」
 
  
「であれば、豪華客船クルーズ
 なんてどうですか?」

 
 
 
・・・
  
 
・・・  
  
 
・・・
  
 
 
「な、なんでやねん!」
   
 
  
  
まさかの旧正月に
1人で豪華客船クルーズ旅行に
いざなわれるとは・・・
  
 
  
そんなこんなで
「まあまたゆっくり考えます」
と言いつつ


「そういえばブログ立ち上げたので
 見てくださいませ」

 
と名刺を渡して帰ったら
  
   
後日メッセージが来たのです
 
 
「あたらしさん!
 ブログ見させていただきました!
 とてもおもしろいですね!
 よければ来月、
 私の結婚式があるのです!
 2次会から参加しませんか?」

 
 
もはや親友でも友人でも
お客でもなんでもない段階であり
メルマガ読者でもなく
ぎりブログの読者かな?
みたいな関係でしか無いのですが
    
  
「もちろん参加します」
と、即答したのが数週間前
  
 
そして日曜日に、参加してきました
  
 




場所はチャイムスっていう
聖なる子“イエス”の意味がある
教会の敷地内のレストラン
 
 
このチャイムスって場所は
はじめて行ったのですがまあオシャレ
 
 
ラッフルズホテルの横にあって
教会の敷地内にバーやレストランや
ブティックなんかがあって
  
 
「こりゃチャイムス探検隊
 せないかんな?」

 
写真をばしゃばしゃ撮りましたよ

(トーストボックスがあって
 テンションがカヤになりました)

  




私は2次会からの
参加だったのですが
 
 
入り口のところで
「あたらしと申します」
と伝えたら

まさかの名簿に名前が無く...
 
(なんか部外者の人 
 いや、犬が入ってきたよ?)
 
  
と、ざわついた空気に
なりましたけどね...
 

新婦からもらった招待の
フェイスブックメッセージを
見せてみたら
 

目をつぶって
針の穴に糸を通すかのような
奇跡的な確率で入場できました
 
 
チャイムスでの2次会
新婦のドレスがステキでしたな
  



 
途中でサプライズで
お友達が映像を流すみたいなの
ってあるじゃないですか
 
 
あれで不具合があったみたいで
準備万端、映像が流れる!って時に
音がまったく出ないまま
流れてしまったのです
 
 
ああいったのって
睡眠をカツヲのように削って
映像や写真を募集して編集したりね
会場でリハーサルしたり
大変なんですよ

 
  
そんな機材トラブルによって
音なしの映像が5分ほど
流れていたのですが

字幕がついていたことにより
伝えたいメッセージは
よくわかりました 
 
  
新郎のテニス関係の方や
新婦のサルサ関係の方がたくさん
出演していらっしゃったのですが
 
 
お2人がこのシンガポールで
大切に縁をつないできたことが
音が出ていなくてもね
人の表情や字幕でわかりました 
 
 
 
いやあ、感動的でした
  
 
{E7CA9E1A-A2F2-4777-B000-7614BE353F9E:01}

 

  
今回の件で思ったのは
「ノリが大切だ」ってこと
 
  
特にこの動きが早い時代では
慎重に考えるだけでは
機会損失であって
  
 
ノリで動いて、失敗して
そこから学び修正して
またノリで克服していくことが
大切だってこと

  
 

たまには慎重に
計画を立てることも大切だけど
ノリも大切ということね
  
 
赤ちゃんなんてノリしか無いですから
 
 
ノリでおぎゃーって生まれて
ノリでお腹すいたーって泣いてみて
ノリでハイハイ歩きして
柱に頭ぶつけて
   
 
あんなノリがこの時代には大切です
  
 
JTBにノリで行って
ノリで名刺渡してみて
ノリでブログ見てくれて
ノリで結婚式誘ってくれて
ノリで参加してみた
 
 
そのノリがあったからこそ
 
  
こんなステキな写真が
撮れているわけで
  
 
  
あなたも今もし
 
 
迷っていることがあるのであれば
 
 
ノリでゴーサインを
 
 
自分に出してあげてみては
 
 
いかがでしょうか?
 

 
考えて答えが出なかったとしても
 
 
動いてみたら答えが出ることが  
 
 
世の中にはどうやらあるようなので
 
 
 
  





本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました

 
 

 
PS.
 
 
マリコさんユウスケさん
 
ご結婚
 
おめでとうございます!
    
   









この記事をここまで
読んでくれたあなたはもはや友達!?


あたらしフェイスブック
気軽に友達申請してくださいね!


※友達申請は間もなく上限なので
※今すぐクリックしてください
(もしくはフォローしてください)

 



★ 私もこんな結婚式がしたいという方は
  こちらから応援クリックお願いします!

  他のシンガポールブロガーの最新記事
  もチェックしてみてくださいね!




にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村←あたらしはいま何位?

 |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
この歳になると、森に迷いこむ
というのはよくあることで


あたらしクラスの探検ボーイになると
気づいたら森に迷いこんでおり


ハチにお尻をプスっと刺され
「あいたーーーーっ!!!」っと
逃げ出した先で


クマさんに助けられ
お礼にマカロンを差しあげる
ってことは日常茶飯事なんです


どのくらい日常茶飯事かというと


仰向けで少年ジャンプを読んでいたら
手の握力が弱くなり顔面にズドン
と落ちるくらい日常茶飯事なのです


先日もフォートカニングパーク

という公園を散歩していたら

森に迷い込んだんです


そこには王子様が白馬を休ませ
ランチをしていそうな
素敵なレストランがありまして

「お腹空いたな~」

っと中を覗いてみたら


たくさんのマダムがいたんです

あたらしといえば
T.M.Revolutionの、魔弾の次に
マダム好きで有名ですが



「何をしているんだろう?」っと思い


こっそり中に入ってみたら



「あら、お犬さん
どうしたのかしら?」






「!!!」


すぐに発見されました。。


もはやヒノキの棒と布の服という
軽い装備でいきなしラスボスに
あったような焦り方をしましたが


冷静にふるまい



「ご主人様を昨日から
 待っていたのですが
 いっこうに現れなくて
 これ以上待つと渋谷の駅前のハチ公と
 勘違いされそうだったので
 休憩しようかと・・・」



「あら、そうなのね、今
 お菓子の家づくりの教室やってるから
 良ければ参加してみる?」



「お、お菓子の家?ってことは
 食べれるのです?」



「あら、もちろん食べれるわよ?
 良かったらお1ついかが?」









って、芸術的すぎて
 食べれんわ!



「今からちょうどレッスンだから
 教えてあげるわね、このクッキーにね
 アイシングというのをしていくのよ」


「アイシング?こ、こうですかね?」





「あら、上手じゃない」


「あ、ありがとうございます。。」


「みんなでステキなお菓子の
 お家を作りましょうね?」



「は、はい!集中します!」



集中、集中



シュウチュウ、シュウチュウ



しゅうちゅう、しゅうちゅう






って、オレの存在に誰も気づかんのか!!!






「あら、お犬さん上手じゃない?」


「みなさんと比べると
 変じゃないですか?」






「あら、人はそれを個性と呼ぶのよ?
 みんなと同じである必要なんて
 ないわよ?ありのままでいくのよー」



「で、でもなんか
 おいしくなさそうな
 お菓子の家・・・」



「あら、大丈夫、やっていけば
 上手になっていくわ
 私も最初はヘタだったもの」



このしゃべる時に「あら」とつける
先生は、あらこさんと言うのですが

あらこさんのインスタグラムには
アイシングした作品がたくさん
載っててステキなので


あたらしも
アイシングインストラクターに
なろうかな?(あらあら)





そうこうしている間にランチタイム
こちらのステキなお店は
LEWIN TERRACEさんと言いまして


嶋宏祐さんという
将来マンガになりそうな名前の
イケメンの方がマネージャーで
ハウスウェディングもできるお店です


あたらしも結婚式をするなら
ここでやろうかな?(相手がおらん)


料理も出してくれて大満足でした!









今回、お菓子作り教室を
主催してくれたのは
spoonfulの青木さんなのですが
いろんな講座をやっているみたいで


次はピザ作りだとか?

開催地cappuriの
イタリア人オーナーさんは
人柄素晴らしいので行こうかな?


「いやいや、あたらしさん
 そんな女子力上げて
 どうするんですか?」


と聞かれるのですけどね

料理が作れる

というのはとても大切で
例えば家から1歩も出れないくらいの
ハリケーンに襲われた時には
ありものでなんとかする
というスキルが求められるわけですが

そのありものがなんであれ
見た目良く、味も良いものを作れる
というスキルがあれば

確実に人生を豊かにしますし
一緒に住む家族にも
喜んでもらえるわけです






こうやってたくさんの人と
料理を一緒に作るってのは
ときめきがありますのでね


図工の時間のような
ワクワク感もありますし





女性ホルモンを活性化させ
カサついた肌に潤いをあたえ
美容効果もある





と、考えるとエステと同じく
料理教室にも定期的に
行くべきなのかも?


って、なんか
コラムみたいなこと書きましたが
参加してとても良かったです



主催してくれた青木さんとアラコさん
お店を用意してくれた嶋さん
そして、参加者の皆さんに感謝ですな





んでは次の探検に出かけます


チャオ!













この記事をここまで
読んでくれたあなたはもはや友達!?


あたらしフェイスブック
気軽に友達申請してくださいね!



※友達申請は間もなく上限なので
※今すぐクリックしてください
(もしくはフォローしてください)

 



★ 次の記事も楽しみ!という方は
  応援クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ←あたらしはいま何位?
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。