こんばんは。

 明後日から7月ですね。今年はとにかくコロナ一色で、上半期に他に何かあっただろうかと起きた事を思い出すのに苦労する年となっています。2011年に発生した東日本大震災の時でもここまでではなかったような気がします。今回は人の往来も限定的で、様々なイベントも中止となっていると言う事もあろうかとは思いますが・・・。

 先日の記事で取り敢えずコロナウイルスは落ち着いていると言うような事を書きましたが、東京に限って見るとぶり返しているのではないかと思うような数値がここ数日出ています。但し医療現場が逼迫している訳ではないし、無症状と言うケースが多いからか、街の様子を見るとそこまでの危機感が感じられないのが現実で日常生活とうまくバランスを取らないといけないのかなとも思うのであります。
 来月から某夢の国が再開されるようですが、遠方から来られる方は、戻って自らが発生源とならないよう気をつけて下さいね。

 さて、生活スタイルが変わったと言えば4月に緊急事態宣言があってから仕事が在宅勤務と出社の併用となりもうすぐ3か月目に突入します。この後も今のような状況が暫く続くようなので、在宅勤務をやってみての個人的な感想を書いてみようと思います。今回は普段の生活の変化ついて。

 

 朝起きて朝食を採り混雑する電車に揺られ会社に向かうと言うルーチンを当たり前のように長年やって来た者にとって、会社に行く為の移動もなく仕事を始めると言うスタイルがどんな感じになるのか不安もあり興味もありで始まったのですが、実際にやってみて短くまとめるなら

「より一層問われる自己管理能力」

と言った所でしょうか。

 通勤がなくなりそれに対するストレスが無くなっただけでもかなり楽になったのは事実です。

 その反面、例えば以下のような事に気を遣うようになりました。

 

 ・移動しない事によって体を動かさなくなったのをどう補うのか。(体操、散歩、ジョギングetc・・・)

 ・その日の時間管理をどうするのか。(いつ起きて、家の中のどこで仕事をし、朝食や昼食をどうするか等)

 

 これらを自身でマネジメントしていく重要さを実感するようになり、サラリーマンではなく自分で仕事している人はこんな感覚で毎日過ごしているのかなとイメージしながら生活するようになりました。(起業する予定はないのですが・・・。)
 

 それと、小生の場合は学校が休校だった子供が家にいたのと、飼い猫がいるので多少は気が紛れますが(子供は通常登校になったので6月中旬以降は飼い猫だけになりましたが)、アパートやワンルームマンションで一人暮らしをしている人が朝から夕方まで自宅でリモートワークとなるとちょっと辛いような気がします。小生なら会社が認めてくれて、且つ徒歩圏内にあればシェアオフィスみたいな所に行くかも知れませんね。

 日常生活についてはこんな感じでしょうか。仕事についても書きたいのですが(書ける範囲で)、どこかのタイミングで改めて書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング→ランキング参加中です。ポチっとクリックして頂けると嬉しいです。