こんばんは。

  

 今日は8月に行われた第48回気象予報士試験の合格発表でしたね。合格した皆さん、おめでとうございます。

 小生は前回の第47回で「ようやく」合格しましたが、仕事中にこっそり合格者番号一覧のサイトを開いた時のドキドキ感は今でも忘れられません。自分の番号を見つけた時に小躍りしたくなった気持ちを抑えて仕事を続けたあの時の感動が。そして自分以上に合格の知らせを聞いてビックリした家族の表情が。

 前に何度か書きましたが、試験の2週間前に仕事休み取って、

 

 「YUZAWAが俺を呼んでいるぜ!!」

 

 と言って家を出て朝一の新幹線に乗って日が沈むまで白銀の世界を満喫しただけに・・・・。

 

  さて今回の試験の合格基準も併せて発表されていましたが、学科試験は一般、専門とも11問以上でした。問題を見ていないので何とも言えませんが、要項の基準通りだったと言う事で簡単でもなく難しくもなかった、過去問題で対策を取っていれば基準点はクリア出来る内容だったと言う事でしょうか。

 

 一方、実技試験の合格点は満点の63%以上。第47回が68%以上でしたからその時よりは下がりました。実技試験はざっと解いていましたが確かに難しいと言うか、手を動かす場面が多い内容だなあと思いました。特に実技2の方でそう感じました。 

    

 さて、国家資格だけど使い道が・・・・な「気象予報士」と言うライセンス。この資格を取って実際に気象の世界に飛び込もうと考えている方もいれば、あくまで趣味で取ったと言う方もおり、小生のようにどっちつかずと言う方と様々な方がいらっしゃると思います。何れにせよせっかく勉強して合格した訳ですから、取り敢えず登録して欲しいなあと思います。(ちなみ小生の登録通知書は未だに返信用封筒の中に入ったままですが・・・。)

 

 


人気ブログランキング →ランキング参加中です。ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

AD