今日もお陰さまです。就活内定プロデューサーの田中ヒロユキです。

先日、外で今抱えてる企画のためのアウトプットをしてました。

ちょうどその時、まっきーさんこと 
魅力開花コンサルタントの石田真紀さんからfacebookでメッセージをいただき、急遽会うことに。

お土産としてチョコチップとナッツがたくさん入ったお菓子?パン?を頂きました。

美味しかったですよ。
まっきーさん、ありがとう!ごちそうさまでした!!


さて今日は【血液型別で向いてる仕事はある?】でお届けします。

就活、転職に向かわれるあなたのヒントになれば幸いです。

ある就活女子からの相談。

あたしA型なんでぇ、細かい性格だと思うんですよね。
だから、事務系とか、銀行とかが向いてると思うんですね…。

やっぱり事務とか金融ってA型の人が向いてますよね?

…と。

えーーーと… ^^;

血液型による、人の性格分類を固く信じている人には申し訳ないのですが…。

キャリアカウンセリング(というか心理学)という学問上でも、科学的にも、
血液型による性格分類や、職業の向き不向きといった判別には意味も根拠もありません

実際の銀行などの窓口業務を担当している女性たちの中にはO型の人もいるでしょうし、B型の女性もいるはずです。

ボクが以前 管理職をしていた時、部下の一人にAB型の非常に優秀な事務の女性がいました。
仕事も正確で、こちらの意図を汲み取った仕事をしてくれるので、ボクはとても信頼してたことを覚えています。

反対にA型でも、自分中心で、こちらの意図を汲み取れないばかりか、ズボラな仕事をして、お客様を怒らせてばかりの男性部下もいましたね。

なので、血液型による職業の向き不向きの判断はしない方がいい、とボクは考えます。

こうした考えは血液型のせいにして、自分の努力をしない理由にしている…と、そんな風にも受け取れてしまいますね。


ちなみに、全国民といってもいいレベルで自分の血液型を把握している日本は世界的に見て珍しいです。

ボクは一時期、1,000人以上のブラジルやペルー、アルゼンチンから来た方々と一緒に仕事をしてましたが、その90%以上の方が自分の血液型を知りませんでした。

ましてや、血液型で自分を含めた 人のキャラクターを分類している日本。それは彼らから見ると、
ヘンな国です。

自分の血液型が●型だから、こんな仕事には向かない…なんて、そんな理由で、あなたがやりたい仕事、チャンスのある仕事をあきらめてしまうのはもったいないですよ。

参考図書としてこちらはいかがでしょう?


「モード性格」論―心理学のかしこい使い方/サトウ タツヤ
¥1,890
Amazon.co.jp
あなたはなぜ変われないのか: 性格は「モード」で変わる 心理学のかしこい使い方 (ちくま文庫)/サトウ タツヤ
¥819
Amazon.co.jp

何も制限が無いとしたら、何を選びますか?

今日も最後までご覧下さり、ありがとうございます。