K18 の時計。 | ウォッチアドバイザー 松本 博のブログ

ウォッチアドバイザー 松本 博のブログ

大手時計商社で約20年のセールス経験を生かし、私が感じた時計のお話しや、もちろん時計以外のお話しもブログでご紹介できればと思います。


テーマ:
一流時計メーカーのケースに、18金(K18)のケースが使われている高額のものがあります。

これは、何故24金(K24)では無いのか?

K24は純度が高いのでケースとして加工するには柔らか過ぎるからです。

いわゆる時計のケースに使われている、イエローゴールドや、ホワイトゴールド、ピンクゴールドは、75%のゴールドに他の金属を合わせた合金です。

これがK18と呼ばれるもので、より美しく加工できます。

ゴールドのケースは、仕上げもしやすいので多少のキズでも新品同様に生まれ変わりますよ。

是非ご相談下さい。

{214250BC-C81E-44F5-80C2-C51F18D8AAFD}


matsumoto_usさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス