マニュファクチュールなんです。 | ウォッチアドバイザー 松本 博のブログ

ウォッチアドバイザー 松本 博のブログ

大手時計商社で約20年のセールス経験を生かし、私が感じた時計のお話しや、もちろん時計以外のお話しもブログでご紹介できればと思います。


テーマ:
ここ何年かで、

マニュファクチュールを強調する時計メーカーさんが増えたなぁと感じます^ ^

多分、2010年問題が原因なのかなと思いますが、これはまた機会があれば詳しく^_^;

マニュファクチュールと言えば、自社一貫生産のことですが、勘違いしがちですが時計の全てを自社で造っているという事ではないんです。

もちろん中には完全な自社一貫生産の時計メーカーもあります。

実は、外装部品や特定のパーツ(ひげゼンマイ等、まだありますが…)以外を自社で生産する時計を、マニュファクチュールとメーカーは言って良いんです。

ここまで言っていいんかい?どうかわかりませんが^_^;

これは、マニュファクチュールが良いかどうかの話しではなく皆さんが思っているイメージと差があるなぁと。

私が思うマニュファクチュールは、せめてベースプレート(地板)を自社で作れるかどうかがポイントのような気がします^ ^

あまり言うと某メーカーさんから怒られそうなのでこの辺でやめときます(-_-)

#こちら、弊社ユナイテッドサロン大阪で取り扱いブランド。
その名も

マニュファクチュール・ロワイヤル
MANUFACTURE ROYAL
{8E8E3DDF-6735-4854-9EC1-708153594D11}

1770 Voltige(ヴォルティージュ)
脱進機が文字盤上に、どーんっと自己主張してますね。

オモシロイですね^ ^

matsumoto_usさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス