ブルースリーに憧れて、身体マスターへの道のりを歩む、体脂肪4%の男のブログ

ブルースリーに憧れて、身体マスターへの道のりを歩む、体脂肪4%の男のブログ

武道式の身体の使い方を通じて、身体の可能性を開きます

■キックボクシングを体験してきました!!

 

こんにちは。 

 

鴨谷です。

今週月曜日、

 

キックボクシングを体験してきました 

 

ジムのオーナーは、

 

元プロボクサー、シュートボクサー2冠王の、 

 

鈴木悟さんです。

 

ジムのHPはこちら

『TAKE IT EASY』 

http://www.takeiteasy.ws/ 

 

頂点を極めた人の、 

オーラはやっぱり違いますね。 

相対した途端、凄い気迫を感じました。 

 

その気迫に負けないよう、 

 

 

「全力で挑むぞ!」 

 

 

って感じでスタートしたんですが、 

 

凄く優しい指導。

 

てか、当たり前ですよね

対戦するわけじゃないし笑

 

僕が勝手に変に 

舞い上がってました笑 

 

指導も丁寧でわかりやすく、 

気持ち良く体験が出来ました。

 

久しぶりにミットを 

打ちましたが、 

 

力が抜けている方が 

良い音がするし、 

相手にも伝わるんですよね。

 

鈴木さんの 

格闘技理論に基づいた 

指導で僕の感覚が 

また変化しました。 

 

その変化をシェアさせていただきますね。 

 

============= 

軸足の使い方 

============= 

 

変化したのは 

 

 

「脚の軽さ」 

 

 

です。 

 

僕はもっともっと脚を軽くしたいと思っています。

 

それこそ、

 

ブルースリーくらい

 

あのステップが理想です。

 

そして、その為には、

身体の使い方が重要で、

 

軸の意識は外せません。

 

かなり前にも書きましたが、 

 

 

「軸足に乗る」 

 

 

という表現がありますよね。 

 

でもこれは、 

 

 

・軸足に力を入れる 

・軸足に重さをかける 

 

 

んではないんですよね。 

 

でも、これを勘違いしている人が 

多くて、僕もその一人でした。 

 

軸足に体重を乗せることを、 

 

力を入れて重さをかけること

 

だと思ってしっかりと行ってきた僕は、 

 

高校生の時に股関節、 

大学で膝を痛めました。 

 

============= 

統一体は、 

強調ではなく協調 

============= 

 

軽そうに脚を使う人は、 

 

一回一回の挙動に、 

 

 

「グッ!!」 

 

 

と重さをかけていません。 

 

 

一部に重さが乗るという事は、 

 

部分が強調され、 

協調が失われます。 

 

統一体として、 

大切なのは、 

 

強調ではなく

協調なんです

 

韻を踏んでますね笑 

 

これってもの凄く大切で、 

 

日常の歩行や、 

階段の上り下りでも同じ

 

なんです。 

 

 

============== 

物理的な目盛りは変わる 

感覚的な目盛りは変わらない 

============== 

 

片方ずつの脚に、 

体重計をそれぞれおき、 

 

軸足に体重を乗せると、 

軸足側に目盛りが振れますよね?

 

これは物理的な世界では当たり前です。

 

でも、 

 

感覚的な目盛りはまた別なんです。

 

日によって、身体が軽い時と、

重い時ってありませんか?

 

体重は全く変わってないのに。

 

これが身体の不思議と面白さで

 

感覚的な目盛りは 

変わらないのが理想なんです

 

だからこそ、 

 

 

「フットワークが軽い人」 

 

 

というのは、 

文字通り、 

脚が軽いんです。 

 

 

一流の人になると、 

まるで氷の上を滑るように、 

瞬間移動をするように、 

フッと脚が運ばれます。 

 

鈴木さんの指導で、 

このことがより 

明確になりました。 

 

またブルースリーに一歩 

近づけました。

 

月曜日から、 

試していますが、 

 

かなり良い感じに軽さが出ています。 

お客さんへの効果もかなり上々です。 

 

自分のレベルが上がると、 

伝える効果も上がりますね。 

 

 

これは、6月1日の 

名古屋ウォーキングセミナーで 

お伝えさせていただきます。

※残席1名です。

 

日常から意識して欲しいのが、

 

一歩の重みをかけないようにすること。

 

試しながら動いてみてくださいね。

 

意識一つで全然変わりますよ。 

 

 

参考になれば嬉しいです。 

 

 

『※残席1名となりました 』 

【6/1ウォーキングセミナーin名古屋】 

 

東京、大阪で好評をいただいた 

 

【身体の使い方セミナー『フォーキング編』】 

 

を名古屋でも開催します。 

 

参加いただいたお声として、 

 

・歩く事が楽しくなりました 

・身体が勝手にスイスイ進みます 

・脚の重さが消えました 

・全身で歩くコツがわかりました 

・力を抜く事がわかりました 

・身体って面白いですね 

・視点が面白いです 

 

など、身体の可能性を 

感じていただけました。 

 

ウォーキングセミナーは 

今回、年内最後を予定していますので、 

ぜひたくさんのご参加を 

お待ちしております。 

 

お申し込みはこちらから↓↓↓ 

https://peraichi.com/landing_pages/view/dggtj 

 

================== 

 

それでは今日はこの辺で。 

 

【メルマガ】

今のあなたの身体能力が〇〇%UP!?

肉体進化を加速させる動画を限定で配信

『身体の使い方の秘訣』↓↓

 

【LINE@】           

スマホから登録はコチラ↓↓    

 

 

【facebook】   【twitter】 

友達申請      日常の発見、

お願いします↓↓  呟いてます↓↓

    

 

【You Tube】

 

それでは今日はこの辺で 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

お読みいただきありがとうございました。

■知識は〇〇のようなもの?知れば知るほど、無知に気づく 

 

こんにちは。 

鴨谷です。 

 

先週をもって、 

 

第3期身体の使い方養成講座和身塾の 

全行程が終了しました。 

 

何度も書いていますが、 

あっという間の半年間で、 

 

稽古を通じて、 

自分と相手と 

向き合っていただく半年間でした。 

 

半年の中で、 

 

・運動のパフォーマンスが上がった 

・今ままで続けてきた競技で、最高得点をとる事が出来た 

・ゴルフのスコアを更新した  

・飛距離が伸びた 

・今まで体験したことのない柔軟の可動域にいった 

・トレーニングで効果が出ないわけがわかった 

・他で習ってい先生の言っている事が腑に落ちた 

・家族関係が良好になった 

・人前での緊張が緩くなった 

・諦めていた動きが変化するようになった 

・子供にも教えたい大事なことだと思う 

 

 

など、 

 

運動から日常生活、 

心境まで 、 

 

たくさんの効果や 

変化の声をいただきました。 

 

「変化が出たのは和身塾を受けたお陰です」 

 

と言われた時は、 

 

泣きそうなくらい、 

嬉しかったですね。 

 

実際、

 

懇親会では最後の挨拶では 

泣いてしまいました。 

 

何泣いてんだよって 

思われるかもしれませんが、 

 

僕自身が大切にしている和身塾の身体原理を 

真剣に取りにきてくれる講座生のみんなの姿勢 

 

成果の声を貰ってはいても、 

もっと変化や成長を 

感じてもらえたんじゃないか、 

 

その時はベストを尽くしたと思っていても、 

振り返ると、もっとみんなが成長できる講座に 

出来たんじゃないか 

 

講座生のみんながいたから講座が出来たこと 

 

僕自身、講座生から学ばせてもらう事が 

たくさんあったこと 

 

と、 思うと、

 

堪らず

溢れてしまったんです。 

 

こんなところで泣いてしまう事に、 

改めて自分の未熟さを感じました。 

 

でも、 

 

泣いてばかりもいられませんし、 

泣きながらでも前に進んでいきます。 

 

弱くても、 

情けなくても、 

今はこれがベストであっても、 

今が最終的なベストではないですから。 

 

 

すでに4期への継続を 

表明されている方もいるので、 

 

一緒に未来を作ってけるように、 

気を引き締めていきます。 

 

和身塾4期については、 

 

講座は9月開講予定、 

新規の募集は7月後半からを 

予定しています。 

 

順次にお知らせさせていただきますね。 

 

 

========== 

悩みはなくならない 

========== 

 

僕は和身塾に正解を 

求めて入ってきました。 

 

続けていくうちに、 

 

「あ、身体の探求って 

 終わりはないんだ」 

 

「正解はないんだ」 

 

って思うようになったんです。 

 

実際、今も身体は 

レベルアップしていますし、 

 

その証拠に身体の 

変化も感じています。 

 

でも、 

 

その分、

 

身体に敏感になってきて、 

ちょっとした身体のズレに 

違和感を感じるようになってきて、 

 

その違和感を消すために、 

また身体を動かすっていう 

循環になっているんです笑 

 

「知らぬが仏」 

 

って言葉がありますが、 

まさにこれだなっと思った時期があります。 

 

でも、 

 

今はそれも楽しめてはいますが、 

 

ちょうど今読んでいる本に、 

書いてあったことが、 

 

凄く腑に落ちたので、 

シェアさせてください。 

 

============ 

知識は風船みたいなもの 

============ 

 

『知識というものは 

 風船みたいなもので、 

 

 風船の中に入っている 

 空気が知っていること、 

 

 風船の外が 

 知らないことだとすると、 

 

 

 中に空気を入れて、 

 知っていることを 

 増やせば増やすほど、 

 風船が膨らんでいって、 

 

 

 知らないこととの 

 境界線が広がっていく。 

 

 知れば知るほど、 

 わからないことが増える。 

 

 それにどんなに 

 風船を大きくしても、 

 外の空気の方が圧倒的に多い。 

 

 知れば知るほど、 

 自分の無知さを 

 思い知らされる。』 

 

と。 

 

 

いかがですか? 

 

この文、 

凄い的を 

射てるなと思いました。 

 

 

ビビビッ!! 

 

 

ときましたね。 

 

 

どちらを選択するかは、 

その人次第だと思いますし、 

そこにまた正解はないと思いますが、 

 

僕は、 

 

追求していく道を選びました。 

 

身体のプロなら当然ですが、 

それでも思っている以上に、 

深い事がわかって、 

 

戸惑った事もあるんです。 

 

でも、 

 

自分が憧れた世界に行きたくて、 

その世界を覗いたのに、 

 

そして、その山が 

目の前にあるのに、

 

 

登りかけて、途中で、 

それがしんどい事だとわかったらやめる

 

っていうのも、 

 

そこまでの想いだったのか 

っていう事になると 

思うんですね。 

 

 

============ 

やめる覚悟より続ける覚悟 

============ 

 

投げ出すのは 

簡単じゃないけれど、 

 

それでもやめると 

そこで成長が止まってしまう。 

 

実は、 

続けることって凄く 

エネルギーがいることなんです。 

 

 

僕が好きな漫画、 

 

 

『宇宙兄弟』 

 

 

で、 

 

こんなシーンがあります。 

 

宇宙飛行士は死と 

隣り合わせの世界。 

 

先輩宇宙飛行士が、 

後輩の宇宙飛行士に、 

 

 

「宇宙飛行士として、 

 死ぬ覚悟はあるか?」 

 

 

との問います。 

 

その問いに、 

 

 

「死ぬ覚悟より、 

 生きる事を考えます」 

 

 

と答えました。 

 

 

この答えに、 

 

 

「それでいい、 

 死ぬ覚悟なんていらねえぞ。 

 必要なのは生きる覚悟だ。」 

 

 

 

っていうシーンなんですね。 

 

 

僕はこのシーンが大好きで、 

今見ても感動します。 

 

 

僕はそれでも逃げ出したい時は 

あるんですけど、 

 

結局今までの成長も、 

振り返ってみると、 

 

悩んだ時、 

壁に当たった時、 

 

止めようか 

続けようか迷いに迷って、 

 

結果そこで 

踏みとどまって 

それを乗り越えた時なんですよね。 

 

時間はかかるけど、 

乗り越えると、 

 

そこは誰のものでもない、 

自身の経験値になるんです。 

 

あなた以外の誰かが体験したことは、

決してあなたの身にはなりません。

 

人の経験に夢を見て、

自分の経験で自分の今を生きることが

大事だと思います。

 

============= 

向き合った悩みは対応できる 

逃げた悩みは対応できない 

============= 

 

誰かに手は貸してもらうことも 

あると思っていますし、 

 

僕も一人で 

乗り越えてきたわけでは 

ありません。 

 

 

それでもやはり、 

 

 

自分が実践し続けることでしか、 

成長はないのかなと思います。 

 

 

視点を変えれば、 

場所を変えれば、 

 

淀みが流れることは 

あると思いますし、 

 

僕も変えたことはあります。 

 

でも、 

 

本質的な悩みは 

横に移動しても、 

 

またその視点で、 

その場所でやってきたんですね。 

 

 

身体もどこかで、 

楽な方法を 

見つけようとしていたんですが、 

 

結局、 

 

和身塾に入ってから、 

一番身体と向き合ったから、 

今の僕があると思っています。 

 

だから、 

 

身体や人間関係でも、 

今も次々課題は出てきますが、 

 

これも逃げるのではなく、 

向き合い続ける覚悟を持って 

臨もうと思っています。 

 

 

それでもエネルギー 

不足で潰れそうになる時は 

あるので、その時は充電もしますが笑 

 

でも、 

僕が成したいことは、 

その先にあると思っているので、 

 

先にも書いたように、 

 

泣きながらでも、 

進んでいく覚悟で、 

4期和身塾に進んでいきます。 

 

身体を通じて、 

 

上記のような変化や成果を出したい方、 

興味を持っていただけたら嬉しいです。 

 

【ほんまるラジオ】 

身体の可能性について語っています。 

http://honmaru-radio.com/kaoruchan0227/ 

 

 

それでは今日はこの辺で。 

 

追伸1) 

※残席1名となりました 

【6/1ウォーキングセミナーin名古屋】 

 

東京、大阪で好評をいただいた 

 

【身体の使い方セミナー『フォーキング編』】 

 

を名古屋でも開催します。 

 

参加いただいたお声として、 

 

・歩く事が楽しくなりました 

・身体が勝手にスイスイ進みます 

・脚の重さが消えました 

・全身で歩くコツがわかりました 

・力を抜く事がわかりました 

・身体って面白いですね 

・視点が面白いです 

 

など、身体の可能性を 

感じていただけました。 

 

ウォーキングセミナーは 

今回、年内最後を予定していますので、 

ぜひたくさんのご参加を 

お待ちしております。 

 

お申し込みはこちらから↓↓↓ 

https://peraichi.com/landing_pages/view/dggtj 

 

================== 

 

それでは今日はこの辺で。 

 

お読みいただきありがとうございました。 

 

 

こんにちは。 

鴨谷です。 

昨日いただいた 
苺酢を飲んで 
かなり元気な鴨谷です。 

この美味しさ、 
もっと早くに知りたかったですね〜
もうイチゴの季節も終わりなので。 

でも、僕も他の果物でも 
試してみようかと思います。 


それでは本題です。 

前回の内容を 
おさらいすると、 


感性とは、 


1. 印象を受け入れる能力。感受性。 
 また、感覚に伴う感情・衝動や欲望。  
 「感性に訴える」 


 

センスとは、 


1.物事の微妙な感じをさとる心の動き。 
 微妙な感覚。 

「センスがある」 

ということでした。 


この感度が鋭敏、 
高いほど、 


「細かな情報を得られる」 


わけです。 


因みに、 
ワインのテイスティング用語はこんなにあるみたいです。 
http://www.max.hi-ho.ne.jp/mishima/water/france3.html 

これは味の良し悪しではなく、 
表現力な気もしますね。 

辞書みたい。 


こんな風に 
言えたらカッコイイですね〜。 


============ 
違和感を感じ取る 
感性とセンス 
============ 



僕が驚いた、 
昨日お客さんが 
言われた台詞ですが、 


「マッサージが気持ち悪く 
 思えるようになってきたんです。」 



というものです。 


先に誤解のないように説明しておくと、 
マッサージが悪いわけじゃありませんよ。 


僕の知り合いでマッサージを 
されている方がいますが、 
それは素晴らしい方です。 



じゃあ、 
何が気持ち悪いのか? 

っていう事ですよね。 


=========== 
違和感を感じるように 
なった経緯 
=========== 



話を進めますね。 


このお客さんは、 


パーソナルセッションを受ける前、 
肩こりから、 
マッサージに週2回 
通われていたそうです。 


そして、 

セッションを 
受け始めてからは、 

身体を感じる事を 
行なっていきました。 

ネコエクササイズをしたり、 
背骨を壁につけていき、 
一つ一つの動きや流れを感じたり、 


身体を感じて、 

今どういう状態なのか? 
どこに力が入っているのか? 
その力を逃がすにはどうしたらいいか? 


など、 


「身体に目を向ける事」 


をしていただいたんです。 


回数も、 

「何回してください」 

と言う事は言わず、

 
とにかく身体に目を向ける事 

にフォーカス 
していただきました。 


その結果、 

身体の感度が 
高まってきたんです。 


=========== 
自分の事がわかってくると 
相手の事もわかってくる 
=========== 



そうなっていくと、 

次第に自分で 
ケアをしている状態に 
なるわけです。 


自分で自分の状態が 
少しづつわかってくる。 

その状態で、 

マッサージに行くと、 

あれ? 

ってなるんですね。 


=========== 
あれ?の正体は? 
=========== 



あれ? 

って思うのは、 


「相手が私の事を 
 わかってくれているかどうか?」 
「私より相手の方が私の事を知っているか?」 



と言う事です。 

感受性が高くなるという事は、 
相手の事もわかるという事。 

こうなると相手(施術者)の 
事もわかるんです。 

術者として、相手に効果を出す条件は、 
感性を上回っているか、 

本当にその人の事を考えているか? 

と言う事です。 


=========== 
気持ち悪いの正体 
=========== 



お客さんは、 

自分の身体を良くするために、 
自分で自分の身体に 
目を向けてきました。 

そこで、 

自分の事がわかってきた。 

なので、 


自分より自分の事がわかっていない人に 
触られても気持ち悪いわけです。 



これが 


「気持ち悪いの正体」 

です。 

術者の感性が、 
お客さんの感性を上回っているか? 

という事なんですね。 

お客さんが言うには、 


「逆に終わったあと、調子が悪く感じる」 
「物扱いされているように感じるんです」 


と言われました。 


これは、 

・お客さんの欲しくない 
 強さや時間でされた 
・気がない 
・ただ揉むだけの事をされたか 

などが考えられます。 

もう一つ驚いたのが、 

美容院での洗髪後の 
マッサージについても、 


「この人身体の事わかってるのかな?」 
「触るのやめてって言いたくなります」 


と言われた事です。 

詳しい事はわかりませんが、 

確かに、 
洗髪後のマッサージは 
髪を切る事よりは 
熱を入れている感じはありません。 

もちろん、 
プロと同じくらいの 
レベルは難しいでしょうが、 

大切なのは、 
テクニックではなく、 


「本気で良くしてあげたい」 


という気持ちがあるかなんですね。 


=========== 
お母さんは施術の素人 
=========== 



経験の有無や 
経歴の長さはもちろん技術にも 
関係があるでしょうが、 


それよりも大切なのは、 


「相手をわかろうとする気持ち」 


です。 


お母さんが 
赤ちゃんを抱く時、 
テクニックではなく、 
愛情で抱きます。 


ぞんざいな抱き方だと、 
眠ってくれません。 

僕も、 

抱っこを変わった瞬間 
目を覚まされた経験があります苦笑 


=========== 
感度を高める重要性 
=========== 



いかがですか? 

感度が低い状態だと、 

相手の感性も 
受け取れないんです。 

よくなりたいと 
思っているのに、 

ずっと効果のない事を 
されている事に気づかない。 


これって凄く 
怖い事だと思いませんか? 


だから、 

この感度を高めるって 
凄く重要なんです。 


=========== 
大切なのは、 
お互いが感性を磨く事 
=========== 


そして、 
大切なのは、 
お互いが感性を磨く事が 
大事だと思っています。 

どう言うことかと言うと、 


お客さん自身も、 
本当に良くなろうと思って、 
関わりに行くこと。 

です。 


・私の事をわかってください
・私は何もしないけど、良くしてくださいね 
・お金を払ってるんだからなおして、



では、 

良くなるものも 
良くなりません。 


施術者は相手に寄り添う事もありますが、 
時に叱る事も大事なんです。 


「その気持ちじゃよくなりませんよ」 


と。 


術者が、本気で相手を想う 
受け手も、本気で自分の事を想う 



こういう関係でこそ、 

効果が最大限に 
活かされると思うんです。 


自分では見えない身体の事は 
ありますから、 


より感性の高い人に 
見てもらう事は大切。 


お客さんは、 
自分で自分を良くするために、 
自分の感度を高め、 

術者はその感度を 
上回る感性を磨く 


そうやって 


「感性の高い世界で健康を守る」 


これが僕の描く理想世界です。 

だから、 


ずっと感性の稽古を 
しているんですね。 


もちろんそれが実現するのは、 
簡単な事じゃないでしょう。 


1年2年でその世界が実現するとも 
思えませんし、 


自分だって身体の事で、 
未知の部分がたくさんあります。 

でも、 

こんな世界があったら 
素敵だなと本気で思っています。 


=========== 
感性やセンスは 
眠っているだけ 
=========== 



最近、 

お客さんと会話をしますが、 

つくづく感性やセンス 
っていうのは 


「ただ眠っているだけなんだ」 


って思います。 

誰だって、 
その感度を高められるし、 

発揮する事が出来る 

恐れずに言うと、 


「ただ無知なだけ」 


です。 

知らなくても 
生きているけど、 

僕はこの世界を知れたし、 
知ったお客さんも喜んでくれる 


「無知の知」 


と言う言葉があるように、 


「無知」 


を自覚すれば、 


「知」 


を得る事が出来るんですね。 

身体の無知を知り、 

可能性を感じて欲しいです。 

今週末は、 

いよいよ和身塾講座の 
最終日です。 

最後の最後まで、 
可能性を感じてもらえる 
内容にしたいと思います。 

 

 

追伸1) 
【身体の知恵を集結した 
 講座は6月募集開始予定です】

誰もが出来ないと思っている事を 
誰もが出来るようになる為の 
サポートプログラムとして、 

その感覚を最短、最速で 
お伝えする講座の 
カリキュラムを構築中です。 

少人数制で 
実際にその人に触れる事で、 
感覚を呼び醒ます、 

僕の感性を伝承、 
継承させていただきたいと 
思っています。 

 

今回のご案内はメルマガのみになります。

 

詳しく知りたい!

 

という方は、

 

こちらから

ご登録をお願いします。

 

https://48auto.biz/infinity_kamo/touroku/sp/entryform1.htm


追伸2) 
※残席2名となりました 
【6/1ウォーキングセミナーin名古屋】 

東京、大阪で好評をいただいた 

【身体の使い方セミナー『フォーキング編』】 

を名古屋でも開催します。 

参加いただいたお声として、 

・歩く事が楽しくなりました 
・身体が勝手にスイスイ進みます 
・脚の重さが消えました 
・全身で歩くコツがわかりました 
・力を抜く事がわかりました 
・身体って面白いですね 
・視点が面白いです 

など、身体の可能性を 
感じていただけました。 

ウォーキングセミナーは 
今回、年内最後を予定していますので、 
ぜひたくさんのご参加を 
お待ちしております。 

お申し込みはこちらから↓↓↓ 
https://peraichi.com/landing_pages/view/dggtj 

追伸3) 
現在和身塾4期のプロジェクトも 
始動しています。 

こちらは私の講座より少し後になりますが、 
順に発信させていただいますね。 

【ほんまるラジオ】 
身体の可能性について語っています。 
http://honmaru-radio.com/kaoruchan0227/ 

それでは今日はこの辺で。

お読みいただきありがとうございました。


それでは今日はこの辺で! 

こんにちは。 

鴨谷です。 

久しぶりの投稿です。 

先週末は山崎さん主宰の 
マスターマインド講座を受け、 

またまた身体の 
感性が高まりました。 


「感性が高まる」 


ということは、 


「何かが出来るようになった」 


のではなく、 

自分の至らない点が発見できた

とうこと。 

自分と向き合うと、 
相手と対峙すると、 

自分の 


勝手さ、 弱さ、 至らなさだらけ

 

だということに 
気づかせてもらえます。 

============ 
未熟、至らないが前提 
============ 


弱点が見えたら、 
そこからは自分の分岐点、 


闘争と逃走 


戦うのか逃げるのかは 

自分次第です。 


僕たちは 

未熟が前提。 

僕は逃げ出したい気持ちが 
過(よぎ)る時もかなりありますが、 

至らないという事は、 

 


至っていないという事、 


至らない部分を克服することなく、 
至る事ってないと思うんですよね。 

未熟を前提に 
進んでいくしかないんです。 


そんなことを

改めて思っていたら、 


今日、お客さんから 


「身体を良くするためには、 
 逃げちゃいけないですよね」 



と、嬉しい声をいただきました。 


今日は他にもセッション 
させていただいた、みなさん全員と、 
こちらの言葉や、お客さんの言葉に 
共感する部分がありました。 


今日この台詞を言われた 
そのお客さんは、 


姿勢不良や肩こりで 
悩まれていた方でした。 

初めてお会いした時は、 
暗い感じて、 
気持ちも強そうには 
見えませんでした。 

何より、 
気が出ていなく、 

これは、 
ただ見た目を変えても、 
変えても気持ちが 
変わらなければダメだと思い、 

きつめの言葉も 
かけさせていただきました。 


今で数ヶ月経ちますが、 

最近は肩こりもかなり良くなり、 
運動への意識も高まり、 
気も出ていきています。 


そして、 


「身体の感性とセンス」 


がかなり高まってきました。 


この感性とセンスが 
高まったことで、 


凄く驚いた台詞を言われたんです。 


そして、 

このお客さんに対して、


より自身を健康に導いていけるな 

と思ったんです。 


============ 
感性とセンスとは? 
============ 


感性とセンスって、 
何となく似てますよね。 

正直細かく分けず 
混同して使ってきました苦笑 

ネットで調べると、 


【感性】 
1. 印象を受け入れる能力。感受性。また、感覚に伴う感情・衝動や欲望。 「—に訴える」 

【センス】 
1.物事の微妙な感じをさとる心の動き。微妙な感覚。 「—がある」 


とあります。 

どちらも、 


「感度が高い、低い」 


ことに共通すると思います。 

感性もセンスも 

この感度が高いほど細かな情報を得られる

わけですね。 

美味しい、 
不味い、 

気持ちいい、 
気持ち悪い、 

熱い 
冷たい 

暑い、 
寒い、 

などを対比に、 

より味を細かく感じたり、 
それを表現したりするわけです。 

ソムリエは、 

ワインの 
色、 
香り、 
味、 
舌触り 

などの感度が 
ズバ抜けているわけです。 



「人の気持ちがわかる」 


なども、

 

相手の気持ちを汲み取る感度が高い

 

ということですね。 


ではこの感度が低いと、 
どうなるのか? 

そして、 

感度を高めるとどうなるのか? 

という事なんです。 

=========== 
感度を高める事は 
「違和感」を 
感じ取るのに重要 
=========== 



感度が高いと、 


「違和感」 


を感じ取れます。 

違和感とは、 

文字どおり、 

和が違っていると感じる事

 

です。 

和とはなごむとか、 
おだやかとか、 

互いに気が合う 

という事。 

つまり、 


「自分と対象との関係が 
 正しく合っているか?」 



という事です。 

対象とは、 

自分の体、 
自分の心、 
相手の体、 
相手の心、 
物、 
出来事、 
社会、 


を指します。 

これが合っていないと、 

何か違うな? 
何か気持ち悪いな、、、 
このご飯美味しくないな、 

という風に感じるわけです。 

違和感を感じるからこそ、 


「いい方向に向かおう」 
「もっと良くしよう」 


と、思うわけですね。 

でもこの感度が低いと、 


「違和感を感じ取れない」 


んです。 

違和感を感じ取る事は 
凄く大切で、 

これが、 
先に書いた、 

自分の身体の健康を 
守る上でも非常に大切に 
なってくるわけです。 


そして、 

お客さんのセンスと感性の感度が 
高まる事で、僕が驚いた事を、 
次に書こうと思ったのですが、 

ここから書くと、 
かなり長くなってしまうので、 
次回の記事で
お伝えさせていただきます。 

僕がセッションで 
行っている内容は、 

和身塾で学んだもので、


和身塾は、 


「身(心と体)の和(一致)」 


を目指していて、 

この感性が高まると、 
本当に身体が変わるんです。 

凄く大切な事なので、 

ぜひ明日読んで欲しいです。 

楽しみにしていてくださいね。 


P.S 
お客様にいちご酢をいただきました。 

酸っぱいけれど、 
一気飲みしたくなる美味しさ! 
凄くエネルギー湧きます!! 



それでは今日はこの辺で。 

追伸1) 
【身体の知恵を集結した 
 講座は6月募集開始予定です】

誰もが出来ないと思っている事を 
誰もが出来るようになる為の 
サポートプログラムとして、 

その感覚を最短、最速で 
お伝えする講座の 
カリキュラムを構築中です。 

少人数制で 
実際にその人に触れる事で、 
感覚を呼び醒ます、 

僕の感性を伝承、 
継承させていただきたいと 
思っています。 

 

今回のご案内はメルマガのみになります。

 

詳しく知りたい!

 

という方は、

 

こちらから

ご登録をお願いします。

 

https://48auto.biz/infinity_kamo/touroku/sp/entryform1.htm


追伸2) 
※残席6名となりました 
【6/1ウォーキングセミナーin名古屋】 

東京、大阪で好評をいただいた 

【身体の使い方セミナー『フォーキング編』】 

を名古屋でも開催します。 

参加いただいたお声として、 

・歩く事が楽しくなりました 
・身体が勝手にスイスイ進みます 
・脚の重さが消えました 
・全身で歩くコツがわかりました 
・力を抜く事がわかりました 
・身体って面白いですね 
・視点が面白いです 

など、身体の可能性を 
感じていただけました。 

ウォーキングセミナーは 
今回、年内最後を予定していますので、 
ぜひたくさんのご参加を 
お待ちしております。 

お申し込みはこちらから↓↓↓ 
https://peraichi.com/landing_pages/view/dggtj 

追伸3) 
現在和身塾4期のプロジェクトも 
始動しています。 

こちらは私の講座より少し後になりますが、 
順に発信させていただいますね。 

【ほんまるラジオ】 
身体の可能性について語っています。 
http://honmaru-radio.com/kaoruchan0227/ 

それでは今日はこの辺で。

お読みいただきありがとうございました。

◼️ウォルトディズニーから学ぶ未来を現在に反映させる方法 

 

こんにちは。 

鴨谷です。 

昨日は、 

ルームメイトの人達と 
近所の定食屋さんへ。 
僕は初めてで、 
リーズナブルで量も多いという事。 

店に着き、 
メニューを見ると、 


「メガ盛りライス」 


の文字と写真が。 

トンカツ、 
エビフライ、 
ハンバーグ、 
オムレツ、 
スパゲティ
に 
ご飯という 
わんぱくなメニュー。

最近量を食べていなく、 
ガッツリと食べようと思いましたが、 

写真を見ると、 
もう少し量が欲しかったので、 

ご飯の大盛りが 
いけるか聞いてみたところ、 
オッケーだったので、 


さらにご飯の大盛りを追加し、 
ギガ盛りライスに笑 

そして出てきたのがこちら。 


デミグラスソースを 
ご飯に絡めて、 
ガッツリといただきました。 
気持ち良かったですね。 


そして家に帰ってから、 
パソコン作業、 
夜は公園に出かけて、 
トレーニング。 

夜中のトレーニングって、 
静かで空気も澄んでいて、 
集中出来て凄く 
気持ちが良いいんです。 
気温も暖かくなり、 
どんどん行動が

夜型になっていっています汗 


今の肉体の課題は、 
とにかく、 


「動作時のズレを無くすこと」 


です。 

腕のズレ、 
肋骨のズレ、 
膝のズレ、 


動いた時に至る所に発生するズレを感じ、 

ズレないように動く事を 
意識しています。 


「体を最大限に動かすことで、 
 最短距離で大きな力が生み出される」 



この言葉を大事にしながら。 

なぜこれだけ大事にしているかというと、 

動く中で 


「力の漏れ」 


が発生するんですが、 
この漏れが 


・相手に伝わらない 
・自分に力が跳ね返ってくる 



原因だからです。 


「ショック吸収」 


ではなく、 


「漏れている」 


ので、 


吸収ではなく、 
身体に負荷が 
かかるんです。 

この漏れがなくなると、 

姿勢が上下に伸び、 
尚且つ前方にも意識が伸びます。 


そういった、

 

変わる、変わりたい意識を

持ち続ける

 

事で、 

ジワジワと身体が 
変化していきます。 


昨日、 

YouTube動画を整理していたら、 
過去の蹴りと今の蹴りで 
変化を実感しました。 

見てもらいたいのが、 
こちらの2本の動画です。 

2017年12月 


2019年3月 


如何ですか? 


一本目の動画は、 
一昨年の芯伝整体講座で、 

山崎さんに右脚のふくらはぎの 
施術を受けた後に、 
比べたものです。 


左脚に比べると 
右脚がキレています。 

自分でも驚くほど 
脚が軽くなりましたから。 


「脚ってこんなに軽くなるんだ!!」 


という、 


「身体が味わった記憶」 


を頼りに、 
ずっと感覚を磨いてきました。 


そして、 

今年の3月に撮った2本目の動画 では、

左脚もキレていました。 

今見ると、 
一昨年の動画は、 
体重移動も甘く、 

身体の軸の安定も比べると、 
スムーズではありませんが、 

今年の動画は、 
体の軸もあまり 
ブレていません。 

この意識は 、


軸を立てる、
重心移動を正確に行う 


などですが、 

これらは 
テクニックで、 

大切なのは、 
先ほど書いた、 


「身体が味わった記憶」 


なんです。 

それらは五感で味わいます。 


あの曲が忘れられない、 
あの味が忘れられない、 
あの匂いが忘れられない、 
あの光景が忘れられない、 
あの感触が忘れられない、 



と、色々な実体験があると思います。 

それが強烈なほど、感動し、 
そのまま夢を叶えることに 
繋がったりしますね。 

あの恋が忘れられない、 

なんかも強烈な 
体験からくるものですね。 


僕は、 

自分の弱さが忘れられなく、 
ブルースリーが忘れられなく、 
和身塾で体感した 
身体の軽さが忘れられなく、 


 
 

ブルースリーを見て、

和身塾で感じた可能性を感じて、

 

それが自分の弱さと反転して、


この追求が多くの 
人の力になれる 
という気持ちが忘れられなく、 

これらが今のモチベーションになっています。 

意識する事、 
意識し続ける事、 

が成長に繋がります。 

僕達は、 

「視覚と脳内の並行」 

で生きています。 

目に見える、 

「視覚で映しだされている世界」 

と、 

目には見えない、 

「現実世界では存在していないけど、 
 脳内で映しだされている世界、光景」 


が同時に存在しているんですね。 

今視覚では見えないけど、 
過去に見た、感じた世界を 
頭の中で描く事で、 

それが行動力に繋がります。 

旅行のパンフレットを見て、 
まだ行っていないのに、 
ワクワクしますよね? 


パンフレットを思い浮かべただけでも、

またワクワクが蘇ってくる。

 

逆に緊張もそうですね。 

起こっていない事でも 
ネガティブな事を想像すると、 
心拍数が上がったり。 

こんな風に僕達は、 
意識でも大きく身体に 
反応が起こります。 


ディズニーランドを作った 
ウォルトディズニー、 

ディズニーランドの完成前に 
彼は亡くなりました。 

その後、 
ディズニーランドが完成し、 

ディズニーランドを前に 
ウォルトの仲間が集まり、 

その中の一人が、 

「ウォルトにもこの光景を見せてやりたかったな」 

と言うと、 

別の仲間が、 

「ウォルトはこの景色を最初に見ていたんだよ、 
 だからディズニーランドがこうやって作られたんだ」 


と言いいました。 

僕はこの話が好きで、 

これが、 

「ビジョン」 

なんです。 

現状ではなく、 


未来から今を紡いでいく事。 

それが未来に繋がっていくと 
身体の成長を通じて 
強く感じています。 


僕もブルースリーを見てしまった、 
身体の軽さを体験してしまった事で、 

これらが先だとしても、 
もう脳内では、 


「なってしまっている」 


んです。 

でも、 

全く知らない事に関しては 
何かの手掛かりが必要になります。 


「自分もこうなれるかも!!」 


と思うには、 

それだけの強烈な体験がいるのも確か。 
可能性を強く感じていただくために、 

6月から募集を開始する肉体進化の講座に 
向けて、体験会を実施します。 

体験会日程は6月中旬 
明日日程を発表させていただきます。 


現在和身塾の4期に向けても 
プロジェクトを進めていますが、 
和身塾4期のご案内はもう暫く 
後になります。 

順にご案内させていただきますね。 

それでは今日はこの辺で、 

追伸1) 
【身体の知恵を集結した 
 講座は6月募集開始予定です】 

「身体の使い方の小巻」 

この内容の 

・数十倍濃い内容 

を全10巻にまとめた内容を、 

セルフエクササイズ、 
対人エクササイズで 
お伝えさせていただきます。 

誰もが出来ないと思っている事を 
誰もが出来るようになる為の 
サポートプログラムとして、 

その感覚を最短、最速で 
お伝えする講座の 
カリキュラムを構築中です。 

少人数制で 
実際にその人に触れる事で、 
感覚を呼び醒ます、 

僕の感性を伝承、 
継承させていただきたいと 
思っています。 

追伸2) 
【6/1ウォーキングセミナーin名古屋】 

東京、大阪で好評をいただいた 

【身体の使い方セミナー『フォーキング編』】 

を名古屋でも開催します。 

参加いただいたお声として、 

・歩く事が楽しくなりました 
・身体が勝手にスイスイ進みます 
・脚の重さが消えました 
・全身で歩くコツがわかりました 
・力を抜く事がわかりました 
・身体って面白いですね 
・視点が面白いです 

など、身体の可能性を 
感じていただけました。 

ウォーキングセミナーは 
今回、年内最後を予定していますので、 
ぜひたくさんのご参加を 
お待ちしております。 

お申し込みはこちらから↓↓↓ 
https://peraichi.com/landing_pages/view/dggtj 


【ほんまるラジオ】 
身体の可能性について語っています。 
http://honmaru-radio.com/kaoruchan0227/ 


お読みいただきありがとうございました。