公開から一か月が経ちました、引き続き「壊レタ世界ノ歌」をよろしくお願いいたします。制作と並行してゲームも最初からプレイしてました。2Bも好きですが司令官も好きです。一瞬だけ動画中に表示される2つの文字に気づいてもらえていれば嬉しく思います。

聖剣伝説3ToMも始めました。SFC版の聖剣3を聖剣2以上にやり込んだ自分としては楽しみでした。とりあえずリースはビジュアルばっかり取り上げられてるけど、ステータスアップ魔法を後々覚えてくれるし物理攻撃も強いし、パーティに入れておくと後半楽になるからオススメ。いまのところ楽しくプレイできているので、まだ序盤ですがこれから楽しみです。

まだ見てないけど、美獣イザベラのケモノ姿はその界隈の方に好評なのでしょうか。あとツェンカーとかも。


三白眼っ子たちを描いてみようと思って雑に不定期更新してるので、よろしければこちらからどうぞ。

では皆さま、どうぞご自愛ください。


「NieR:Automata(ニーア・オートマタ)」より「Weight of the World / 壊レタ世界ノ歌(Short Ver.)」を公開いたしました。人類が居なくなった荒廃した地球で、機械生命体とアンドロイドの戦争を描いたゲームの主題歌。いくつかバージョンがあり、今作は日本語バージョンとなります。

歌とコーラスを鈴葉ユミさん(@suzuhayumi)、イラストを蒼次郎さん(@watchfire0609)にご協力していただきました。いつもお世話になっております、今回も本当にありがとうございました。またご視聴して下さった方々、いいねRTして下さった方々、動画を高評価してくださった方々、ありがとうございます。

歌は感情を出しつつ、しかし決して強く出し過ぎないような感じで歌ってくださいました。歌のことに関しては自分は何も分かりませんので基本的に歌い手さんにお任せするのですが、こうして楽曲の雰囲気に合った歌い方をしてくださいました。さらに原曲にはないオリジナルの上ハモまで付けてくださったので、一層サビが盛り上がりました。淡々とささやく様なAメロからはじまり、サビに向けて徐々に感情をあらわにしていく素敵な歌声に耳を傾けてください。

イラストは植物が侵食する荒廃した廃墟に腰掛ける2Bを描いていただきました。こちらも絵描きさんにお任せして描いていただいたものとなります。戦いの最中のひととき、誰もいない廃墟でただ風だけが優しく吹く、という印象のイラスト。トーンの低い暗色系の色であふれるなか、静かに2Bの存在感が引き立つような、そんな儚くも綺麗なイラストです。動画中では演出上、上下が少しカットされノイズも入っていますが、無加工のものも是非ご覧ください。


そして動画最後のクレジット画面の背景は自分が描きました。あの画面はゲーム中のロード画面を模したものです。動画のものはゲーム中の色味と違うのですが、それはゲーム中の色味を再現してしまうとYouTubeに上げた際の再エンコ時に滲んでしまったためです。左側の文字は打ち込んだテキストを順に表示したものですが、右側のヨルハ部隊のロゴとかは全部見ながら描きました。もちろんマウスで。全て作るのに数時間掛かりました。動画も色々とエフェクト使ったりオブジェクト重ねたりと、作るのに何時間掛ったんだろ・・・ってくらい作り込みました。制作裏話はこんなところです。



短い演奏時間ではありますが、作品の世界観を十分に感じられるものとなっています。皆さんのお力を借りて作り上げたこちらの作品を、是非ともご視聴いただければ嬉しく思います。

人類に栄光あれ。



ササっとインストの曲を1曲作りました。1990年にアーケード用の縦スクロールシューティングとしてリリースされた「雷電(RAIDEN)」の「Gallantry」というアツい曲。最近「ゲーセンミカド」っていうゲームセンターのシューティング祭り動画(色んなシューティングを攻略する)をちょこちょこ見てるんですが、その中でも雷電っていうゲームが好きだったので。グラフィックも音楽も効果音もすごく良いけど、難易度が凄まじく高いっていう。

なるべく原曲の音色に似せて作ったつもりです。ベースのぶりぶりした感じとか、バスドラムとスネアの音とか。個人的にこのベースのぶりぶり感が好きです。

ちなみに自分は「雷電プロジェクト」っていうPS移植版を持ってるんですが、難しすぎてクリアできませんでした。シューティング好きだけど圧倒的に向いてない。シューティングってどこ見てプレイすれば良いのか分かりません。

雷電シリーズの楽曲をヘビーメタルでカバーするメーカー公認の「HEAVY METAL RAIDEN」っていうバンドがあるんですが、すごくカッコ良いです。今月アルバムとLP出るし、しかもジャケもカッコ良い。

・・・という息抜きに作った楽曲です。では引き続きメインのカバー楽曲の制作を続けます。
新作カバー曲の動画に使用するイラストのラフをいただきました。ラフと一緒に仮曲を聴くと、グッと作品の世界が深まります。自分も楽曲のピアノの音を少し修正したり、最も似てなかったサビのドラム音とパターンを原曲にだいぶ近づけました。

あわせて動画も作り始めました。先に雛形を作ってしまえばあとは画像と楽曲を完成品に変えるだけで済むので。今回はタイトルをはじめ色んな所にエフェクトやら効果を使ってます。数秒表示される作品タイトルだけでトータル1時間くらい使った気がする。

些細なことなんですが、今作の歌詞に少し難しい漢字がありまして、動画中の歌詞にルビ振った方が良いか悩んでます。ルビあると読みやすいけど、要らないですかね。


こちらは自分を含む制作者さん方のアカ紹介用に描いたツイピヨで、動画の最後に出てきます(動画では白色)。どっかから画像をDLしたりトレースじゃなく、ちゃんと見ながら描きました(無論マウスで)。ジャギが目立つけど実物は縮小してるんで大丈夫です。

そんな感じで制作は順調に進んでおります。

「映像研には手を出すな!」すごく面白いですね。

制作中の新作カバー曲は、引き受けてくださる歌い手さんと絵描きさんが見つかりました。いつもありがとうございます。ちなみに自分は曲作りだけじゃなくボーカルでも少し参加します。完成時に邪魔だと思ったら削るかもしれませんが。いや邪魔なもんか。1回録った後もう1回全部録りなおしたんだ。絶対使うんだ。

私信ですが昨夜はちょっと自分の不手際で送付データに不具合がありワタワタしましたが(自分一人が)、こんなあわてんぼうな自分をよろしくお願いいたします。チェックは本当に大切です。それでもまだミスしてそうなので怖いですが。あのあとチェックして間違いがないことを確認しているので大丈夫だと思います。本当にお騒がせしました。

今回は「DAW(音楽ソフト)付属音源のみで制作する」という縛りで作りました。何でそんな面倒な縛りをしたのかというと、もともと楽曲制作用PCというのはあって、それとは別に普段使いPCもありまして。で、普段使いPCをいじってる時に「なんか曲作ってみたいな」みたいな時にわざわざ楽曲用PCを点けるのも面倒。だったら普段使いPCにもDAWを入れれば良い、ということで。ただ外部音源まで入れると大変なので、DAWだけ入れました。その普段使いPCのDAWで試しに作ったのが今作です。

今作は1番だけのショートアレンジなので、演奏時間は2分程しかありませんが、それでも原作の世界観を表現できていれば良いなァと思います。基本は原曲に忠実に作りましたが、雰囲気を崩さない程度のアレンジも加えてあります(音が聴き取りづらかった所とか)。なので「原曲とちょっと違う」っていうのは申し訳ありませんがご容赦ください。演奏時間が短い分、動画を少し凝ったものにしようと思います。

そんな感じで、歌い手さん、絵描きさん、シャケちゃん、わたくし、4名が紡ぐ世界を鋭意制作してまいります。完成までしばらくお待ちください。