11月17日の記事

テーマ:

既にツイッターでもお伝えした通り、今月14日の朝にシャケが亡くなりました。辛いなか懸命に頑張って生きてくれました。あたたかい言葉を下さった皆さま、改めまして本当にありがとうございました。シャケが居なくなって毎日が淋しいですが、どうぶつと暮らす以上この悲しみや淋しさは必ず受けるものなので、この感覚を大事に日々を過ごしていきたいと思います。

 

家に帰ると出迎えてくれたり、夕飯時にエサの催促に台所にやってきたり、布団に潜り込んで一緒に寝たり、もう二度とそういう光景には出会えないのは本当に辛いです。今もシャケのことを探しそうになったりします。すごくシャケに会いたいです。

 

ラジカセ買いました。サンスイ(ドウシシャ)から発売されている、見た目はレトロだけどSDカード・USBメモリのMP3再生やブルートゥース再生にも対応した近代的なラジカセ。元々ラジカセ欲しいなーってずっと思ってて、レトロな感じのヤツが欲しかったわけです。

 

音質に関しては想像通りの音でした。別に良い音質で聴こうとは思ってないし、良い音で聴きたければ後ろに写ってるスピーカーやヘッドフォンがあるので。むしろノイズの乗った味のある音を楽しめればと思って買いました。コレでラジオを聴いたんですが、なかなか良かったです。カセットテープとかレコードとか、最近はアナログ機器が注目されているみたいですね。

AD

11月5日の記事

テーマ:

ツイッターでは既に書いた通り、シャケがとうとう白血病を発症してしまいました。あたたかい言葉をくださった皆さま、本当にありがとうございます。白血病ウイルスを保菌したまま、発症しないで終わって欲しかったんですけども。結論から言うと、貧血が酷くてもう先は長くないということでした。その症状も白血病の中でも性質の悪いものだそうです。

 

「防ぐ手立ては無かったんでしょうか」と先生にたずねたら「4年前、初めてご来院した時点で既に感染していたので、どうこうできる物では無かったと思います」とおっしゃいました。たぶん自分が「発症したのは自分のせい」って思ってそうだから、フォローする感じで言ってくれたのかな。

 

このまま積極的に治療せず自然に任せるか、良くなる見込みが低い抗がん剤治療をするか。ただ、シャケは開腹手術から1週間くらいしか経っておらず、抗がん剤治療するにはもう1週間ほど待たないといけないらしいです(傷口が開いてしまう)。なので、治療するならその1週間をもたせないといけない。でもその前に貧血が起きたら輸血しないといけない。そうなればシャケにとっては3度目の輸血で、拒絶反応によるショックのリスクも高い。

 

当初は「もう助からないなら、辛い治療を続けず自宅で過ごさせよう」って思ってました。でもそうなるとシャケを見捨ててしまう感じがしてそれはそれで嫌でした。なので、今もどうすれば良いのか揺れている状態です。

 

どういう選択をしても何かしらの後悔はするので、どちらを選んでも良いとは思っています。入院して検査されて手術されて毎日のように通院して注射されて、既に頑張り過ぎているシャケなので、これ以上頑張らせたくないというのが正直な気持ちです。

 

「シャケに謝りたい気持ちでいっぱい」って言ったら「何も謝ることは無いよ」って言ってもらえたり「今を楽しめ」とか「普段通りにして昼寝の邪魔しないようにね(笑)」とか、色々言ってもらえてだいぶ救われました。

 

長くなりました。シャケの記事はこれっきりにします。そっと見守っていただければ幸いです。

 

寝起き。

AD

10月29日の記事

テーマ:

シーズン2になって初めて登場したおみちゃんとオニーチャン。健康診断、普通に終わると良いです。ざらめ先生たち描けるかなァ。こねこちゃんの秘密が少し暴かれる。

 

みるにゃんソング第5弾は2番の歌詞までできました。未央ちゃんの歌だからって優しい曲調にはなりませんでした。これまでのみるにゃんソングの中では一番激しいと思いました(他人事)。見た目と恋愛感情は必ずしもイコールではないので。イメージはロックな服装に身を包んでエレキギターをプレイしながら歌うボーカリストの未央ちゃん、って感じの曲です。

 

みるにゃんソング第5弾「I want to see your heart~ハダカのわたし~(仮)」は2018年公開予定です。まだ正式にご依頼して作るかどうかは未定ですが公開はします。

 

そんなこんなで11月です。

AD