こんにちはニコニコ

 

今日は宅地建物取引士の過去問ですキラキラ

(2005年問8肢1)

Aは、自己所有の甲地をBに売却し、

代金を受領して引き渡しを終えたが、

AからBに対する所有権移転登記はまだ行われていない。

Aの死亡によりCが単独相続し、

甲地について相続を原因とするAからCへの所有権移転登記がなされた場合、

Bは、自らへの登記をしていないので、

甲地の所有権をCに対抗できない。

丸レッドバツレッド??

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

図で書くと、このようになります星

 

 

 

 

Cは相続によりAの地位を承継しています。

なので相続前の土地の売買なので、BはCに対して対抗できます。

答えはバツレッド

 

 

 

明後日発売の、レモンとヨーグルトのドリンクが気になります照れ音符

 

行政書士廣末事務所