シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり


簡単な片付け方で「素敵でラクに暮らせる部屋」をつくりませんか


テーマ:

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

皆さまは、子供の頃、自分の家がどのような状態だったか覚えていますか?

 

モノが多い家でしたか?モノが少ない家でしたか?

 

片付いた家でしたか?散らかっていることが多い家でしたか?

 

お母様は、家事をきちんとされる方でしたか?

 

 

 

お客様のなかで、このように言われる方がいらっしゃいます。

 

「私の実家もモノが多く、片付かない家でした」と。

 

親が片付けられなければ、子供も片付けられないわけではないですが、モノが多く、散らかった家をずっと見て育ち、散らかっている風景に慣れていれば、少し散らかるぐらいでは、心地悪く感じないのかもしれませんね。

 

 

 

子供がどう育つか、どういう記憶を持ちながら、成長していくのか・・・育った環境ってとても大切ですね。

 

 

最近ご依頼くださったお客様がこのように書かれていました。

 

「子供たちの記憶に散らかっただけの家で過ごしたイメージを少しでも残さないよう頑張ります。」

 

 

 

大切なことに気付かれて、家を片付けるという行動を起こされてよかったと思います。

 

家族が毎日過ごす家を片付けて、暮らしやすくすることは一番大事なことです。

 

お子様に「あれしなさい、これしなさい」という前に、親が家を整えていてあげないと、できないこともあります。

 

 

勉強に集中できる環境。

 

自分のことは自分でできる部屋づくり。

 

ラクに手伝いができる仕組みづくり。

 

 

 

自分の小さい頃の記憶は変えられませんが、自分の子供たちが、これから持つ記憶は変えることができます。

 

子供たちが大きくなったときに、

 

実家はいつもきれいに片付いていたな・・・

 

居心地のよい家で、家族がいつも楽しく過ごしていたな・・・

 

お父さん、お母さんはいつも優しかったな・・・

 

そんな記憶が残っていてほしいですね。

 

akiko (広島県) 整理収納アドバイザーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります