シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり


簡単な片付け方で「素敵でラクに暮らせる部屋」をつくりませんか

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

オリジナル講座「ビフォーアフターで学ぶ!素敵でラクに暮らせる部屋のつくり方」では、ラクに暮らせるための収納のつくり方、考え方をお伝えしています。

 

ご受講下さった方は、きっとブログの見方も今までと違うかもしれませんね。

 

私の片付け方のパターンをお伝えしているから、片付けの流れもやり方も、収納のつくり方も「あ~それね」「だから、そうするのね」とお分かりになるかもしれません。

 

片付け、収納の仕方のコツやポイントが分かれば、ブログの見方が変わって面白いと思います。

 

 

 

 

毎日の暮らしをラクにしたければ毎日使うモノを使いやすくする必要があります。

 

前回の記事の続きになりますが、洗面台、洗濯機まわりは必要なモノだけを置き、スッキリさせました。

 

もう一度ビフォーアフターです。

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

洗面台ビフォーアフター。

 

 

 

 

 

 

 

洗濯機まわりのビフォーアフター。

 

 

 

 

 

 

こちらで考えるのは、毎日洗濯をするけど、「洗剤は使いやすく置かれているか?」ですね。

 

置かれている場所は、洗濯機の前のこちらの棚でした。ビフォー

 

 

 

 

毎日使いの洗剤が上の方にあると、出し入れするたびに手を上げなければいけないので、決してラクではないですね。

 

奥のモノも見えにくいし、出し入れもしにくいですね。

 

であれば、毎日使うモノは出し入れしやすい位置に移動し、奥のモノの見えやすい、出し入れしやすいように、上に空間を空ける必要がありますね。

 

ビフォーアフターです。

 

 

 

 

 

 

タオルは移動しましたので、こちらには、毎日使いの洗剤、掃除用品、洗剤ストック、化粧品ストック、石鹸歯ブラシストック、旅行セットを置いています。

 

まだ完成形ではありませんが、今までは洗剤を棚に直接置かれ、液だれで棚がベタベタしていたので、収納ボックスに入れ、前側が使用中、後ろ側がストックにしましたので、ストックがなければ買ってくるという、買い物のタイミングも分かりやすくしています。

 

洗濯洗剤類は、このボックスの中だけで収めていただくので、これからは管理もしやすいでしょう。

 

ハンドソープも今はたくさんありますが、しばらく買われずに使い切れば、ここには、次のストック1つだけになるので、この場所もだんだんガラガラになってくるでしょう。

 

パイプ洗剤も2つが1つになりますし、すべてのモノが把握できれば、これからは増えることはなく、減ってスッキリしていきますね。

 

棚と棚の空間を広くすると、それだけで見えやすく、使いやすくなります。

 

 

 

今回、上の棚板が1枚余ったので、下の開きの部分に棚板を足して、こちら↓のスポーツウエアをしまっていきました。

 

 

 

 

矢印の部分には棚板が1枚しかなかったので、2枚にすると、上の棚にはトップス、下の棚にはボトムスと分けて置くことができます。ビフォー写真は撮り忘れなのでアフターだけです。

 

 

 

 

 

 

 

片付けは、要らないモノをなくしながら、毎日使うモノの置き場所を優先しながら考えていけば、毎日の暮らしはどんどんラクになっていきますね。

 

akiko (広島県) 整理収納アドバイザーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります