弁護士 小田原のぞみ です。

 

 

 

てるみくらぶの社長が

破産法違反で再逮捕。

 

個人資産を隠すなどしたようですね。

 

自分の資産を守りたいという気持ちは

わかりますが

資産隠しはまずいですよね。

 

ということで,

今日は破産について。

破産ってそもそもなんでしょうか?

 

破産法1条には

この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、

債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、

もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、

債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする。

とあります。

 

つまり,

手持ちの財産や収入の範囲内で借金を返済できなくなってしまった人(会社)の

財産や借金を調査して

債権者(お金を貸した人・会社)に財産を平等に分配して

破産する人の経済的再起を応援するということです。

 

応援は言い過ぎかもしれませんが,

経済的再起を図るということは

借金全額返せなくても

とりあえず返せる範囲で返して

以後,借金を返さなくてもいいようにするということです。

 

わかりやすく言うと

借金をチャラにするということです。

 

 

 

てるみくらぶの社長の話に戻りますが

ではでは,

なぜ,自分の財産を守るために財産隠しをしては

いけないのでしょうか?

 

あたりまえだ!

と言われそうですが・・・

 

お金を借りておきながら返済せずに

自分の財産は守るって道理に反していますよね。

 

あたりまえといえば,

あたりまえなんです。

 

破産することがどういうことか

わかっていないと

財産隠しなどしてしまうのかもしれません。

 

 

 

 

 

ではでは,

破産をするとどうなるのでしょうか?

 

財産をすべて持っていかれるという

イメージを持っている方,

多いかもしれません。

 

が,

99万円までであれば預貯金等の財産を残せます。

また,日常生活に必用なもので財産価値のないもの

たとえば,被服や生活雑貨などは残せます。

さらに,家電も残せます。

(換価できるものは要注意)

車も場合によっては残せます。

 

というわけで

破産をすると贅沢はできませんが

生活ができなくなるようなことはありません。

 

破産したからと言って

職を失うわけでもありません。

(一部,制限される職業もあります)

 

また,

破産手続きに関係ない人等に

破産したことがばれるということも

基本的にはありません。

 

てるみくらぶのような

社会的影響の大きいもの

ニュースになるものは破産を隠せませんが

個人が破産するものに関しては

官報に載るだけです。

 

ほかには,

カードを作れなくなる

新たな借金をすることができなくなる

ということもあります。

 

 

 

破産を一生しない人が多数派です。

そのため,

わからない人が多いからか

破産を誤解している人も多いのではないかと思います。

 

なので,借金で苦しいのに

相談できずにいる人もいるかもしれません。

 

ですが,相談した方が早く解決します。

 

相談したら破産しなくても何とかなることが

わかるかもしれません。

 

ひとりで抱え込む前に

相談に行ってみるといいですね。

 

 

 

 

さて,今日もがんばろニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひろしま市民法律事務所

082-511-0350

http://www.hando-law.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD