大阪のセミナーのご報告|大切なのは、「フォロー」です。 | 【2歳3歳の子育てアドバイザー】イヤイヤ期の子育てで悩むママのための育児の学校「つみきカレッジ」

【2歳3歳の子育てアドバイザー】イヤイヤ期の子育てで悩むママのための育児の学校「つみきカレッジ」

子どもの本音が分かれば、「イヤイヤ」の対処法がわかります!我が子への実践、幼児教材制作会社での経験、保育士資格の知識を元に、ママがラクになれるようなお話、「イヤイヤ期」の対処法などを書いています。


テーマ:
こんにちは、子育てアドバイザーの広瀬つみきです。

土曜日に開催した、大阪のセミナーは、11名の方にお越しいただきました。
土曜日の夕方から夜という変な時間にも関わらず、
たくさんの方に集まっていただいて、本当によかったです。

ありがとうございました。



この日は、イヤイヤ期の対処法と共感子育て法の
肝の部分についてお話をさせていただきました。


するどい質問も来ましたよ~。

==============
「赤ちゃんじゃないからやれるよね」

と言って、靴下をはかせていたけど、

「赤ちゃんだからできないもん」

と言われ、やってくれない。

==============


2歳半の女の子のママでしたが、
とても苦労されていました。


かてきょでも、女の子のお子さんをみていますが、
男の子とは違って、なかなか思ったようにいかないですね(^^ゞ


いろんなテクニックをお話ししましたが、

結構、実践しているみたいなんです。

それでも聞いてくれない。


そんなときは、

「その時は、無理矢理でも準備してもいいですよ」


と言いました。



忙しい朝の時間に、子どもにすべてを任せていては、
遅れてしまいます。


かといって、まったくやらないのでは、
甘えさせてしまうことになる。


なので、例えば、靴下なら、

9割ははかせてあげて、
残りの1割を、お子さんにやらせる

ようにする。


少しできたら、ほめて、
今度は2割やらせるようにする。

そうやりながら、今度は、お子さんから、

「自分でやるー」
と言ってもらえるようにするといいですね。


でも、そんな余裕がない時は、
ママがやってあげて、「フォロー」をしておきましょう。


寝る前や、お風呂に入っている時などに、


「○○ちゃんは、自分で靴下がはけるよ。
ママは、そうしてくれると嬉しいなぁ」

と言ってあげるとよいです。



話は変わりますが、
再放送でやっていた寺脇康文主演のドラマ
「守護神(ボディーガード)」に感動しました。

離婚した夫婦の息子が、殺人現場を見てしまい、犯人から、
「誰かにしゃべったらパパママの命はない」と言われ、
固く口を閉ざす。

パパに会っても何も言えず、ママと過ごしても、本当のことを言えず、
小学生の小さな心で、必死にさみしさを堪えながら、
別れた両親、それぞれを守る子供。

例え両親が大人の事情で仲違いしていても、
子供は、純粋に、どちらも平等に愛しているんですね。
どちらの味方も、できないんです。




今回のセミナーでは、そこまで深い話ができなかったですけど、
私の原点はそこにあるかも、と思いました。

育児に苦しむママを守ってあげたいけど、
それ以上に、健気に「ただただ笑って過ごしていたい」
子どもの心を踏みにじらないように、育てて欲しいと思います。

それができなかった僕の言えることではないかもしれないですけど、
それでも、そう言い続けたいです。


一方で、結婚生活が危ない、という夫婦二組を救いました。

※これに関しては、広瀬のアドバイスというより、行動してくれたママがすごいと思います。

まだ、これからどうなるかわからないですけど、
子どもにとって、やっぱり両親と同じ屋根の下で過ごせる
「当たり前の日常」を届けてあげられて、よかったなって思います。




無料子育て相談をご希望の方は、メルマガにご登録ください♪


20件以上のママの相談に対する回答や、

子育てが楽になる、ママを応援する言葉などをお届けしている

こちらのメルマガがおすすめです。

→ 広瀬つみきのメールサプリ(無料メルマガ)



ご登録いただくと、
以下のレポートがもれなく
無料でダウンロードできます!



総額8,300円相当のレポートがぜーんぶ無料で読めちゃいます!

もちろん、ここでしか手に入りません!





1.天国のうどんが食べられる子に育つ魔法のことば


「天国のうどん」ってご存知ですか?天国では、自分より先に、
人にうどんを食べさせてあげて、
お礼に、うどんを食べさせてもらいます。
一方で、地獄では、自分勝手にうどんを食べるので、ケンカが起き、

結局自分も食べられなくなります。
天国の人のように、人にやさしい子どもに育ってほしいと願って書きました。

(16ページ)200円相当


2.「イヤイヤ」「ダダコネ」 子どもが言うことを聞かず、【ヒステリー】を起こしてしまい、

その結果自分を責めてしまうあなたへ

「何やっとんの、お前?アホか!」
これは、迷子になっていて泣いている3歳くらいの男の子を見つけたママが放った言葉です。

こんな言葉を投げつけられた子どもはどんな気持ちになるでしょう?

でも、ママって思ってもいなくても、こんな言葉が出てしまうことがあります。

ストレスをためやすい人、ためにくい人の傾向などを解説します。

(27ページ)500円相当





3.3歳で読み書きできちゃう!7つの秘密


広瀬つみきの子育て相談は、イヤイヤ期対策だけではありません。

文字の読み書きから、数字の教え方まで、幼児の特徴に合わせた教え方を伝授します。
(45ページ)500円相当


4.『そのまんま』でいいんだよ。

~子どもを受け入れ、あなた自身を受け入れる子育て法~


うまく子育てができずに、自己嫌悪に陥っていませんか?

不登校から脱出した広瀬の生い立ちにも触れる、対話形式の物語です。

(43ページ)500円相当







5.子育ては何のため?

-パパにもママにも読んで欲しい、子育ての「本質」-



元々は、パパスクールを受講した、パパのためにブログに書いた内容を再編しました。

「自立と自律の子育て」など、子育ての目的、本質を書いています。

(100ページ)1,000円相当







6.ダメ、ゼッタイ!子どもに言ってはいけない8つの言葉


短いですが、子どもが傷つく言葉を、コンパクトにまとめました。

過去に、有料講座の特典として付けていた冊子です。

(10ページ)200円相当







7.子どもを傷つけず、子どもを喜ばせ、伸ばす言葉かけ

~マジックワード10(テン)~



NGワードとマジックワードを組み合わせてご紹介。
解説も付けています。

こちらも過去に、数千円の有料講座の特典としてつけていた冊子です。

(14ページ)200円相当







8.2歳3歳専門の家庭教師「かてきょ」で実際に使っている
おすすめの知育教材集



私は、2、3歳のお子さんのいるご家庭に伺い、
フラッシュカードや、数字、英語、知恵などを教える家庭教師をしています。

そこで使っているおすすめの教材をご紹介しています。

(18ページ)200円相当







9.「ウチのことかと思いました!」
広瀬つみきの子育て相談&回答集



ブログやホームページでも掲載させていただいている、
ママたちからいただいたご相談と、
それに対する回答を1冊にまとめました。

155ページのボリュームになりましたが、様々な事例があるので、
これを読むだけで、
解決できることもあるでしょう。

(155ページ)2,000円相当





10.【偏差値70】の学力を身に付けるために、幼児期の今、必要なこと


進学校に進んだ広瀬は、燃え尽き、引きこもりになり、中退をしましたが、
クラスメイト2人は、
現役で東大に進んだことを後で知りました。

身近で見てきたその人柄と、勉強の姿勢、何のための勉強か?
などをまとめました。

(45ページ)3,000円相当







11.「え?帰国子女でも英語が話せないの?」

幼児が英語を話せるようになるプロセスと、
それを忘れないようにするための方法



幼児期の英語教育についてまとめました。
海外留学なしで、TOEIC755点を取った広瀬の勉強法と、

お子さん向けにおすすめの英語教材をご紹介しています。

(37ページ)1,500円相当







12.【最新刊】2歳の子でもここまで学べる!

賢い脳を育てるための、10個の基礎概念



幼児期に教えられる、基礎概念、色、形、大小、数、量、空間認識、
比較、順序、時、お金
について、詳しく解説しています。

(47ページ)2,000円

悩めるママの救世主!2・3歳専門子育てアドバイザー広瀬つみきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス