愚か | 広澤克実オフィシャルブログ「トラさんのちょっと虎話」Powered by Ameba

愚か

昨夜の試合は 若トラが活躍した。
上本、大和、新井良、俊介。
中谷も一軍デビューした。
課題は沢山ある。
ただ、課題を見つける事が大切で、一軍の試合に出場しないと課題は見つからない。
だから、デビューする事に意味がある。
そういう意味で、たくさんの若トラにチャンスを与えて欲しい。
二軍のステージでは、見つからないモノが一軍のステージには 沢山見つける事が出来る。
これがダメ、あれがダメ、と言って チャンスを与えないと いつまで経っても課題が見つからない。
このチーム状態を チャンスに変えて欲しい。


昨夜の試合、8回裏、3・4番にバントのサインを出した。
鳥谷は四球だったが、新井良にも バントのサインが出た。
中日も4番、森野にバントのサインを出した。
試合後、中日の高木監督のコメントは
「4番打者に バントをさせとるようじゃアカンわ」
と反省の弁である。
と同時に
「阪神のマネをしとっちゃアカン」
せめて同点という気持ちが バカなサインを出してしまった原因だ、とも言っている。
中日の高木さんがバントのサインを出したのが 8回表、和田監督がバントのサインを出したのが8回裏。
つまり、高木監督は 和田監督がバントのサインを出したのを見て 我に返って反省した事になる。
プロ野球の世界で 1イニングで、3・4番にバントのサインを出した例は、そんなにないと思う。
私には 記憶がない。
もしかすると、史上初の出来事かもしれない。

残り試合、36試合で借金19のチームが 借金18にする為に、3・4番にバントのサインを出したのだ。
愚かな作戦だ。
本当に愚かな作戦である。優勝を決める一番や日本シリーズなら あり得るが。

今のタイガースに必要なのは、目先の勝利ではない。
残り試合、35試合。
勝ったり負けたりだろうが 来年への展望が見えて来ない。
桧山がヒーローインタビューで
「タイガースらしい戦い方をしたい」
と言ってたが、その「タイガースらしい」が 何をもって、「タイガースらしい」 か 全く、見えて来ない。

残り試合に 「タイガースらしい」を 作り上げて欲しい。
そうしないと、来年も ファンには 辛いシーズンになる。





(野球評論家)
広澤克実