12月たまごひよこサロンご報告です。 | 子育て支援 NPO法人ベビースマイル石巻 公式ブログ 

子育て支援 NPO法人ベビースマイル石巻 公式ブログ 

石巻の妊娠・出産・子育てをみんなでハッピーにしよう!ベビースマイル石巻が応援します!妊娠期から産後をネットワークでつなぐことで出産による孤立を防ぐ活動を目指しています。東日本大震災の被害を受け、当事者目線で子育てイベント・サロン活動を継続的に行っています!


テーマ:

こんにちはニコニコ

いっしょissyoの奥山です。

 

昨日は通信会社によっては携帯がつながらず、不自由な思いをした方もいるのではないでしょか?

 

ネットが繋がらない、電話が出来ない・・・あせる

 

皆さん、公衆電話の使い方はわかりますか?

 

災害時も通信網が不通になることも・・・ショボーン

今回は「親子防災講座」(先輩ママの体験談)ということで東日本大震災の時のお話をそれぞれの経験を聞きながら、災害への備えについて考える機会となりました。

 

chibito×ベビースマイル「子まもりプロジェクト」かぞくのやくそくカードに家族の連絡先を記入し避難場所を口約束だけでなく書いてお互いに持っておくといざというときに役立つと思います。

電源が切れて見れなくなったりしない、紙に書くということがやはり良いようです。

 

参加者のママは当時、石巻以外のところにお住まいで、まだお子さんがいなくてお仕事をしていたりしていたようです。

その時はお休みでお家にいて職場の人が帰宅困難だったとか、医療機関にお勤めの方はお薬手帳の大切さ、職場が避難所になり被災者のケアで家にしばらく帰れなかったなど・・・

 

当時のなかよし保育園でも浸水し、残っている子ども達と2階へ避難し、お布団を床に敷き詰め、おやつで用意していたお芋を食べるなどして水がひくまでの数日過ごしていたようです。命を守るということ、それぞれの立場での思いを聞かせてもらいました。

 

 

今回の防災講座のポイントは上差し

 

・お住まいの地域や良くいくところの避難場所の確認

・津波の際は遠くより、高いところへ避難すること

・妊婦や乳幼児をもつ家庭は要配慮者とまず本人が知ること

・避難グッズは子どもの成長や季節に合わせて見直しをすること

・日ごろからご近所の方へのご挨拶やひろば等で顔見知りのママを増やすなどで、情報が入り易かったり、ネットワークの大切さも学びました。

 

ヒヨコ次回のたまひよは「ママ編 骨盤ケア」です。

バスタオルをご持参ください。

子育てに追われて産後の骨盤が歪んでしまうと日々の生活が大変だったり、次の妊娠に向けても大切なケアなので是非、受けてみてくださいね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒロミさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス