あらゆることに興味を持つ

テーマ:

リチャード・テンプラー氏の心に響く言葉より…

 

 

「今、新たに世界で起こっていることを知る」…今日からこれを自分の使命としよう。

 

時事問題、音楽、ファッション、科学、映画、食べ物、交通手段などなど、とにかくあらゆることに興味を持つようにしよう。

 

最新の電子機器のすべてを手に入れる必要はない。

 

それでも、何が変化し、何が新しく生まれ、何が起こっているのか…世界のおおよその姿をつかんでおくことは大切だ。

 

そんなことをしてどんな利益があるのかって?

 

 

「物知りでおもしろい人になれるし、若々しさを保つことができる」

 

 

先日、郵便局に行ったときに、あるおばあさんがPINコード(個人識別コード)について大騒ぎをしていた。

 

「PINコードって、いった何なのかしら。この年でそんなこと言われたって…」

 

しかし、このおばあさんはPINコードを知る必要がある。

 

知らなければイギリスでは年金も受け取れないからだ。

 

 

人は油断すると、すぐに「今までやったことがないのだから、これからもやらなくていい」という心理状態に陥ってしまう。

 

しかし、そんな態度では、人生のチャンスをことごとく逃してしまうのだ。

 

 

幸せで、バランスのいい人生を送っている人は、必ず世界と関わっている。

 

世界から自分を切り離さずに、世界の中で生きているのだ。

 

そういう人は、一緒にいても楽しくて刺激を与えてくれる。

 

 

先日、朝のラジオを聴いていたら、アメリカの刑務所の責任者がインタビューを受けていた。

 

話題はアメリカの刑罰制度の改革だ。

 

私はイギリスに住んでいるし、アメリカの刑務所に入っている知り合いもいない。

 

まったく関係のない話題だが、この話を興味を持って聞いた。

 

この新しい知識から、私の頭が刺激され、活力が満ちてくるのを感じた。

 

 

知識は力だ。

 

新しい世界からの刺激を受け、エネルギーをもらうのは悪いことではない。

 

 

《世界の変化に興味を持つ》

 

 

できる人の人生のルール The Rules of Life』ディスカヴァー

 

 

 

 

過去にばかり興味がある人は、過去のことしか話をしない。

 

「あのときはああだった」とか「私が若い頃は」というように、「昔は…」で始まる話だ。

 

しかし、反対に、年を重ねた年配者であっても、未来の話をする人もいる。

 

「これからこうなる」とか「今度出た電子機器は」とか、現在起きていることや、新しいことを話す人のことだ。

 

 

どちらの人と会っていて楽しいかは言うまでもない。

 

昔の話は、何度も繰り返され、愚痴や懐古で終わる。

 

しかし、未来の話にはワクワクがあり、夢や希望がある。

 

 

いくつになっても、あらゆることに興味を持つ人でありたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/