小さな歌声

テーマ:

ジャック・キャンフィールド氏の心に響く言葉より…

 

 

メアリーは5歳の患者。

 

台車に載せた彼女を、MRI(磁気共鳴装置)の検査室に運びながら、この子はいまどんな思いでいるのだろうと思った。

 

メアリーは卒中で倒れて半身不随となり、脳腫瘍の治療のために病院生活を送ってきた。

 

そのうえ、最近父親を、続いて母親を亡くし、帰る家もなくなってしまった。

 

そんなメアリーがこの検査をいやがるのではないかと、私たち医療スタッフは気がかりだった。

 

 

MRIの装置の中に、メアリーは文句も言わず、素直に入れられた。

 

検査が始まった。

 

初めの5分間、患者は完全に静止していなくてはならない。

 

これは、誰にとってもかなり苦痛だ。

 

とりわけ不幸の連続だった5歳の幼い少女にとっては。

 

 

撮らなくてはならないのは、頭脳の画像だった。

 

だから、どんなにわずかでも、喋ったりして顔が動くと画像がブレてします。

 

2分たった。

 

と、モニターにメアリーの口が動いているのが映った。

 

何かモゴモゴと喋っているのも聞こえてくる。

 

スタッフは検査を中止し、メアリーに優しく注意した。

 

 

「メアリー、いい子だから、お喋りやめましょうね」

 

メアリーは微笑むと、二度とお喋りしないと約束してくれた。

 

スタッフはふたたび装置を作動させ、初めからやり直した。

 

ところが、また顔が動いている。

 

声もかすかに聞こえる。

 

なにを言っているのかはわからないが、みんなイライラしてきた。

 

ほかの患者も待っている。

 

メアリーのために、予定をやりくりして検査しているのだ。

 

 

私たちは検査室に入っていき、メアリーを装置から出した。

 

メアリーはいつものひしゃげたような笑顔で私たちを観たが、いっこうに悪びれた様子がない。

 

検査技師はやや不機嫌になって言った。

 

 

「メアリー、またお喋りしていたね。お喋りすると画像がブレちゃうんだよ」

 

メアリーは笑顔のまま、答えた。

 

「お喋りなんかしてないわ。歌ってたの。お喋りしちゃダメっていうから」

 

 

私たちはあっけにとられた。

 

「それ、どういうこと?」スタッフの一人が尋ねた。

 

「“主われを愛す”」蚊の泣くような声だった。

 

「幸せなときはいつもこの歌を歌うの」

 

 

検査室の誰もが言葉を失った。

 

幸せ?

 

まさか?

 

どうしてこの幼い少女が幸せだなって言うのだろう?

 

検査技師と私は、思わず涙ぐんでしまい、涙を見せまいとしていったん部屋を出た。

 

 

それ以来、私は気持ちが滅入ったり、落ち込んだりするたび、メアリーのことを思い浮かべるようになった。

 

メアリーのことを思えば、謙虚になれる。

 

そして勇気が湧いてくる。

 

逆境にあっても幸せを感じ取る心こそ、神からの贈り物なのだ。

 

進んで受け取る気持ちさえあれば、誰にだって与えられる贈り物なのだから。

 

 

みんな誰かを愛してる―こころのチキンスープ〈12〉』ダイヤモンド社

 

 

 

 

石川洋氏に「自戒」という詩がある。 

 

 

つらいことが多いのは 感謝を知らないからだ。

 

苦しいことが多いのは 自分に甘えがあるからだ。

 

悲しいことが多いのは  自分のことしか分らないからだ。

 

心配する事が多いのは 今をけんめいに生きていないからだ。

 

行きづまりが多いのは 自分が裸になれないからだ。

 

 

 

まわりの誰がみても不幸せだと思える状況で、その中から幸せを見つけ出せる人がいる。

 

そんな人に出会うと…

 

謙虚になれる。

 

自分に甘えがあることに気づかされる。

 

自分勝手なことに気づかされる。

 

今ここ、に生きなければと思う。

 

自分をさらけ出せないことに気づかされる。

 

 

毎日を、謙虚に、感謝の気持ちで生きてゆきたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/