やばい老人になろう

テーマ:

さだまさし氏の心に響く言葉より…

 

 

2017年4月10日、僕は65歳になった。

 

 

ほとんどの人は、死を恐れ、老いることを恐れるものだ。

 

だが僕はむしろ、死を素直に受け入れ、どのように老いていくかを真面目に考えつづけてきた。

 

僕は、いったいどんな「じじぃ」として、生きるべきなのか。

 

そう暗中模索しているうちに、ふと、周りから「ヘンなじじぃ」と呼ばれたいと思うようになった。

 

「フツー」ではなく、あくまでも「ヘン」がいい。

 

 

自分の子供を育てるときに心掛けてきたのも「フツーはダメ」ということだった。

 

子供がちょっと変わったことをしたときも「すごい!ヘンでいい」と褒(ほ)めてやった。

 

「良いヘン」と「ダメなヘン」があることは教えたが、「フツーはダメ」ということだけは徹底してきた。

 

だから、自分もまた老人として「ヘンなじじぃ」であり「やばい老人」でありたいと思うのだ。

 

 

老いを恐れる人は、たぶん人生と真剣に向き合って生きてこなかった人だ。

 

だから歳を取ると、後悔や不安でいっぱいになる。

 

だが、これまで一瞬一瞬を精一杯に生き、一所懸命に努力をしてきた人にとっては、老いることは怖いことでも悲しいことでもないはずだ。

 

 

そもそも「じじぃ」には、選ばれた人しかなれないものだ。

 

僕の同級生でも音楽仲間でも、「こいつがじじぃになるのが楽しみだな」と思うような奴が、思いがけなくガンで早く死んだりしている。

 

そう思うと「じじぃ」になるのは、ありがたいことなのだ。

 

 

僕が憧れる「じじぃ」、それも「やばい老人」の条件は三つある。

 

 

その一 「知識が豊富」

 

その二 「どんな痛みも共有してくれる」

 

その三 「何かひとつでもスゴイものを持っている」

 

 

僕の周りには、幸せなことに、そんな「じじぃ」や「ばばぁ」がたくさんいる。

 

彼らに追いつき追い越すためには、まだまだ僕自身の経験値も実績も足りない。

 

どうしたら「ヘン」で「やばい」と言われる「じじぃ」になれるか。

 

毎日が挑戦の日々である。

 

 

やばい老人になろう やんちゃでちょうどいい』PHP研究所

 

 

 

 

さだまさし氏は本書の中でこう語る。

 

『もともと、誰も掘っていない畑を耕してみたくなるのは、どうしようもない僕の性分だ。

 

負けず嫌いのお調子者のことを、長崎弁で「のぼせもん」という。

 

遊びでも祭りでも、やたら仕切りたがるおじさんのことを、古い言い方で「おっちゃま」と呼ぶ。

 

僕はまさに「のぼせもんのおっちゃま」なのである。

 

できることなら、陽気で元気で一徹な「じじぃ」をめざしたい。

 

友人とワイワイ仕事をし、めいっぱい遊んで呑んで、若い仲間を巻き込みながら、友情の大きな輪を広げていく。

 

そもそも、日本の年寄とは、そういう存在だった』

 

 

 

江戸においての老人の評価基準は三つあったという(江戸の「粋」・夢新書より)。

 

それは…

 

一、「どれだけ若者を笑わせたか」

 

二、「若者を引き立てたか」

 

三、「良きものを伝承したか」

 

 

これは、現代でも同じことが言える。

 

「ヘンな老人」、「やばい老人」をめざしたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

リブログ(8)

  • ”やばい老人になろう”

    おはようございます たまってたブログチェックをしていて目に留まったヒロさんの記事良いと思ったものはつい紹介したくなる性格でレッスン記事アップの前にちょっとご紹介 私の備忘録のためにもね

    増田 幸子

    2017-09-19 07:35:43

リブログ一覧を見る