親切の輪

テーマ:
南蔵院(なんぞういん)、林覚乗(はやしかくじょう)和尚の心に響く言葉より…


北海道新聞の切り抜きに、ある中年男性の投書がありました。

終電車の発車間際に切符なしで飛び乗り、
車掌さんが回ってきた時に、切符を買おうと
財布を出そうとしたが、財布がなかった。
小銭入れもない。
どこかで落としたのだろうか。

途方にくれたけれども、そのことを正直に車掌さんに言いました。
「すみません。明日、必ず営業所まで行きますから、
今日は乗せてください」

ところが、この車掌さん、よほど虫の居所が悪かったのかどうか、
許してくれない。
次の駅で降りろ、と言うのです。

次の駅で降りても家に帰る手段はない。
ホームで寝るにしては、北海道の夜は寒すぎる。
どうしようもなくて困っていたら、
横に座っていた同じ年格好の中年の男性が回数券をくれたんです。

お礼をしたいからと言って、その男性に名前や住所をたずねたけど、
ニコニコ手を振って教えてくれない。
最後は借りたことを忘れて、なぜ教えてくれないのかと文句を言ったら、
次のような話をしてくれたんです。

「実は私もあなたと同じ目にあって、
そばにいた女子高校生にお金を出してもらったんです。
その子の名前を何とか聞きだそうとしたけど教えてくれない。

『おじさん、それは私のお小遣いだから返してくれなくて結構です。
それより、今おじさんがお礼だといって私に返したら、
私とおじさんだけの親切のやり取りになってしまいます。

もし、私に返す気持があったら、
同じように困った人を見かけたらその人を助けてあげてください。
そしたら、私の一つの親切がずっと輪になって北海道中に広がります。
そうするのが、私は一番うれしいんです。

そうするようにって私、父や母にいつも言われてるんです』
と私に話してくれました。」

『心ゆたかに生きる』林覚乗・西日本新聞社より抜粋転載



それにしても、驚くほど見事な女子高生だ。
同時に、彼女を育てた、ご両親も素晴らしい。

受けた恩を、受けた人に返すのは、「恩返し」。

受けた恩を、受けた人にではなく、

別の人に返すことを、「恩送り」という。

恩送りは、見返りを求めずに、
見知らぬ人に受けた恩を送る。

損得を考えず、ひそかに善行を行うことは、
現代ではあまり、はやらない。
善行をひけらかし、免罪符とする有名人も多い。

本当は、お金の多い少ないや、
事の大きい少ないではなく、自分のできる範囲で、
密かに行う小さな善行こそが、徳積みだ。

「潜行密用(せんぎょうみつよう)は、
愚(ぐ)の如(ごと)く魯(ろ)の如し」
という禅語があるが、

密かに、目立たずに行うことは、
愚(おろ)か者のようでもあり
、間抜けのようでもあるが、それでよい、
という意味だ。


たとえ、愚か者で、間抜けと呼ばれようと、
密かな徳積みができる人になりたい。



【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html