西洋美術館で…

テーマ:
西洋美術館に行った

中世までの西洋美術は さながらギリシャ神話とキリスト教関連の宗教画が ほとんど

ギリシャ神話の神々は 理想的な肉体を持つ

そして大理石の像は 石なのに 柔らかい

西洋の人は 神話の神々を
人間として描いていた

また数多く残る絵画や彫刻

イエスの誕生
磔のイエス…
聖母マリア

尊敬と懺悔と
憧れと救いを求め
祈りの対象として…

でも みな人間の姿をしている
もちろんクロスも ある
それにしても…

日本は…?
仏教は 大陸から伝わったもの
日本の神様は
神名の書かれたお札もあるけど
本来は…
鏡であったり 御幣ではなかろうか…

死後、神として祀られる場合もあるにしても

具体的な姿は そこにはない

人は 目に見えないと不安になったり
信用できないから
崇拝するべき 対象物を作る
形のないものを擬人化する

古の日本人は、人ではなく  
目に見えない何かが
御幣に降臨すると

神は 太陽として
神々しい光として
捉えていたのでは なかろうか

私は
その感性に 感服する