【「サブスリー塾」サブスリーランナーのトレーニングって?】

「しまだ大井川マラソン」「とくしまマラソン」「いびがわマラソン」「加古川マラソン」「しまなみ海道100km遠足」「名古屋ウィメンズマラソン」「掛川・新茶マラソン」「一色マラソン」「焼津みなとマラソン」「美ヶ原トレイルラン」「静岡マラソン」


テーマ:

プチ信の部屋 -614- 17/09/10

 

今回は「許可をとるには時間がかかる

 

今日…大学祭が終わった。

学生主体のイベントなので…職員は何もする必要はないハズなのだが…。

 

学生支援の業務をしている僕もバタバタしていた。

実行委員のメンバーは夏頃から大学の施設や設備の借用依頼に来る。

 

すべてが僕の部署で管理しているモノではないので

実行委員から借用依頼が出ると、それを管轄している部署に連絡をする事になる。

 

しかし、その準備からモレ…当日必要になるモノが出てくる。

当日、実行委員が僕らに(例えば)「教室のイスを貸してください」と言ってくる。

しかし、そのイスの所有権を僕らは持っていない。

担当部署の職員は出勤していない。

 

となると…僕が「よし!」と言うしかない。

 

彼らはなんでも「許可」を取りに来る。

油断すると「トイレに行っていいですか」を聞きに来るんじゃないか?と思うほどだ。

(僕らが事前に確認しろよ!と言っている事も影響していると思う)

 

僕が「よし!」と言わない限り…彼らは動かない。

それは…もし…彼らがそれを壊してしまった時のために…「許可をもらいました」の印籠が欲しいのだ。

 

彼らがイスを壊してしまった場合…僕は勝手に許可をした事を「謝罪」する事になる。

正直…僕はそのイスが無くても困らない。

「謝罪」をしたくなければ、実行委員に「ダメ!」と言えばいい。

 

ただ、それでは彼らが困る。

だから…僕は「よし!」を言い続ける。

 

でも、僕がそこにいなかったら…判断できなかったから…「ダメ!」と言ったら…

彼らはどうするのだろうか?…「許可より謝罪」。

ふと…そんな言葉を思い出した。

 

「正規の手続きで許可を取るには時間がかかる

 急いでいて、それが必要なら…とにかくやってしまえ!

 あとから…許可を取らずにやった事は謝ればいい」。

 

失敗からの大発明の例としてよく出てくる…3Mの「ポストイット(のり付き付箋)」。

強力な接着剤を開発中にたまたま…つけたりはがしたりできる弱い接着剤が出来たという。

その「3Mの社是」に出てくるのが「許可より謝罪」らしい。

 

僕らは立場上…ちゃんと許可を取りに来る実行委員に「許可なんてとるな」とは言えない。

だが…「勝手にやっちゃえばいいのに」と…思っている。FIN.

 

・・・・・チューリップオレンジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いもむし ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・モグラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 -613- 】 【 目次 】 【 -615- 】

プチが「メール」に届きます矢印☆メルマガ登録 http://www.mag2.com/m/0001678676.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

塾長(ひろのぶ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。