【拡散希望】吃驚仰天「お星さまのレール」(1) | No!自虐史観
2012-02-19 12:00:00

【拡散希望】吃驚仰天「お星さまのレール」(1)

テーマ:ヤバイ韓国・朝鮮人

 これはとんでもない大問題ですが、対応について今は横に置いて、取り敢えず事実をご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 以前取り上げました小林千登勢の「お星さまのレール」にて、某ブロガーを批判しましたが、どうも気に成って図書館から「アニメ版」を取り寄せました。(PCで申し込みますと行くのが困難な図書館にある本も、最寄りの図書館にて直ぐに受け取れる制度を最近知りました)


No!自虐史観

 読んで吃驚仰天しました。あのブロガーの方が述べていた通りの「韓国側の主張に沿ったプロパガンダ版」そのものでした。あのブロガーの方には当然お詫びのコメントをしましたが、この投稿のテーマは、「アニメ版」(絵本)の反日の実態ですので、じっくりとご覧に成って頂きたいと思います。


 先ず、「小説版」の表紙です。


No!自虐史観

 次に「アニメ版」の表紙です。どちらも(株)金の星社の出版です。


No!自虐史観

 この「アニメ版」は大筋では「小説版」の筋書に従っていますが、全編に亘ってそこに流れているものは「日本は如何に朝鮮半島で酷い事をしたか」を読む幼い子供達に刷り込む「反日プロパガンダ本」なのです。「小説版」に本当のストーリーが有るのにも拘らずわざわざ違うストーリーにしている事には、誰かの意思がそうさせたとしか思わざるを得ません。


 ここまでやるとは、多分この「アニメ版」出版の話に在日韓国民団が何等かの方法で聞き付け、「反日プロパガンダ版」に替えたものでは無いでしょうか。そうでも思わないと何故こんなに酷い捏造された本が出るのか全く説明がつきません。いつも思う事ですが、韓国人の意思が入った場合、何故今の日本人は排除する事が出来ずに唯々諾々と受け入れるかという疑問です・・・。


 それでは次に、「小説版」には無くて「アニメ版」にのみ有る捏造された部分を解説しながら載せたいと思います。



■あのお花ちゃんが小林千登勢さんの家を黙って出て行く前に、11ページにはもうこのような話が創られています。最初の「私が生まれるずっと前から、日本は、朝鮮の人びとの心をふみにじるような、らんぼうなやりかたで支配をつづけていました」なんて小林千登勢さんは「小説版」に一言も書いていません。この文章は、今からこの絵本を読む子供達の心に、「日本は朝鮮で悪い事ばかりした」と言う考えをしっかりと刷り込む序曲(プロローグ)なのです。


No!自虐史観


■次にこの部分は、読む子供達に「創氏改名」を教え、日本人は、中学生までもが朝鮮人をいじめていたと刷り込むシーンです。くどいようですが、此処に載せたページは、「小説版」には全く書かれていない内容です。


No!自虐史観

No!自虐史観

No!自虐史観

今後も出て来る表現ですが、下の文章は、朝鮮人は良い人達と読む子供達に刷り込みます。


No!自虐史観


No!自虐史観

下のページは「反日プロパガンダ」そのものです。
No!自虐史観

「小説版」には、勿論下のような場面もありません。

No!自虐史観



(つづく)



↓とにかくこの素晴らしいサイトをご覧ください!↓
No!自虐史観
konichiwaさん のページをご覧下さい。

http://ameblo.jp/konichiwa/entry-10855640314.html

No!自虐史観




コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。