お口のうるおいチェック! | ひろなか歯科のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ひろなか歯科のブログ

山口県熊毛郡平生町曽根の歯科医院 「ひろなか歯科」のブログです。
医院の最新情報から日常のトピックス、健康情報など、幅広く発信していきます。

こんにちは。

ひろなか歯科土屋です。

 

コロナ禍でのマスクにも慣れたと思いますが、

同時に増えているのが「口呼吸」です。

マスクの下ではお口を閉じて「鼻呼吸」をしていますか?

 

 

口呼吸が原因で口の中が乾いたり、パサつくこともありますが

年齢とともに唾液が減って色々なトラブルがおこることがあります。

 

例えば、

○ 虫歯ができやすくなる

○ 口内炎ができやすくなる

○ 歯周病になりやすくなる

○ 口臭が強くなる

○ 入れ歯が合いにくくなる

○ 食べ物が飲み込みにくくなる

○ 味を感じにくくなる、などなど。

 

 

これらは唾液不足によって起きやすくなります。

 

実は唾液はお口の中でたくさんの大事な働きをしているのです。

具体的に上げると、

 

①    食べかすやプラーク(歯垢)を洗い流す

②    お口の中の細菌の増殖を抑える

③    歯の表面を修復して虫歯を防ぐ

④    酸性になった口内のpHを中和して虫歯を防ぐ

⑤    粘膜を保護し修復する

⑥    食べ物の味を感じさせたり、飲み込みやすくする

⑦    食べ物を消化しやすくする

 

こんなに色々な働きをしているので唾液の分泌が減るとさまざまな

弊害が起きてしまうのですね。

 

 

そこでお口のうるおいチェック!(nico2019.3月参照)

 

唾液不足、お口のうるおいを妨げる生活習慣がないかチェックしてみましょう。

 

◆トイレが近くなるのが気になり、水分補給は控えめにしている。

⇒水分不足は唾液の分泌不足の原因に。水分をとりましょう。

 

◆早食いの癖があったり、歯が悪くてよく噛んで食べていない

⇒お口の筋肉の運動不足が唾液腺への刺激不足の原因に。

 

◆コーヒー、紅茶、緑茶などカフェインの入った飲み物を毎日10杯飲んでいる

⇒カフェインの利尿作用が体内の水分不足をまねく場合も。ほどほどに。

 

◆お口をポカンと開ける癖がある

⇒口呼吸は感染症の原因にも。鼻が悪い場合は耳鼻科に受診を。

 

◆タバコを吸う

⇒ニコチンの利尿作用で体内が水分不足に。ぜひ禁煙しましょう。

 

◆お酒をよく飲む

⇒アルコールを分解するために体内が水分不足に。深酒はさけましょう。

 

 

いかがでしたか?

お口の中が乾いているなと感じることが増えたら、

それは「唾液の作用が十分にはたらいていない」というサインです。

 

生活習慣を見直したり、唾液マッサージをしたり、丁寧に歯磨きをしてみましょう。

歯ブラシが唾液腺を刺激して唾液がたっぷりでます。

 

 

私は、早食いの癖があるのでよく噛んで食べるようにしています。

寒いと水分もあまりとらなくなるので仕事の合間でもとるようにしています。

ストレスも唾液が減る原因になりますので、

リラックスできるときはお口周りの筋肉を意識してゆるめています。

 

これまで比較的お口が健康だった方も唾液不足になると虫歯や歯周病のリスクが高くなりやすいです。

なにかおかしいなと感じたら一度お口の中を見てもらい虫歯や歯周病を予防しましょう。