歯を失ったあとの4つの選択肢 | ひろなか歯科のブログ

ひろなか歯科のブログ

山口県熊毛郡平生町曽根の歯科医院 「ひろなか歯科」のブログです。
医院の最新情報から日常のトピックス、健康情報など、幅広く発信していきます。

こんにちは。

 

スタッフの弘中です。

すこーし日差しの中に春の気配が感じられるような気がしてうれしい今日この頃です。

 

 

一生自分の歯でいたいものですが、

残念ながら歯が抜けてしまったり、抜歯をしたりした時、

この後どうなるのだろう、どうしたらいいのだろうと思いますよね。

 

 

今日は歯を失ったあとのことについてお話しします。

 

 

どういう治療方法があるかといいますと

①何もしない

②ブリッジ

③入れ歯

④インプラント

 

 

それぞれメリット、デメリットがあります。

 

①何もしない

<メリット>残念ながらお口へのメリットはありません

<デメリット>隣の歯が傾いたりかみ合わせに影響が出ることがある

 

②ブリッジ

<メリット>固定式なので違和感が少ない 治療期間が短期間

<デメリット>両隣の健康な歯を削らなければならない

 

・ブリッジのところの清掃にはコツがあります。びっくり

スタッフに遠慮なく聞いて下さい。ニコニコ

 

 

③入れ歯

<メリット>脱着できるので清掃がしやすい 

<デメリット>収まり具合によっては嚙み心地が悪い

         慣れるまで時間がかかる

 

・最近は、自費ですが金具がない入れ歯やフィット感のよい入れ歯などもあります。

興味がある方はスタッフにお問い合わせください。爆笑

 

 

④インプラント

<メリット>自分の歯に近い感覚で噛むことができる

       周りの歯に負担をかけない

<デメリット>手術が必要 保険が効かない 治療期間が長くかかる

 

・歯を失った後の修復方法の一つとして広く知られるようになり、

当院でも希望される患者さんが増えています。照れ

 

 

 

お口の状況(残っている歯の状態など)によって選択肢が変わる場合がありますので、

詳しいことは個別にご相談ください。

 

 

そして最後にひとつお伝えしたいことは、

ブリッジにしろ、入れ歯にしろ、インプラントにしろ、

作ったものを長く持たせるためには、治療の後のお手入れが大事だということ。

 

お口の清掃が十分でないと・・・

 

ブリッジでは、支えになっている歯がむし歯になったり、歯周病になります。

 

入れ歯も汚れがたまり固い歯石のようなものが付いて、残っている歯に悪い影響を及ぼします。

 

インプラントも天然歯(自分の歯)と同じようにプラークが付いて歯周病になります。

 

 

治療後も定期的なメンテナンスに通っていただいき、

ご自分の歯磨きの腕も上げていただいて、作ったものがなるべく長持ちするように

お手伝いさせていただきます。