入れ歯のメリットとお手入れ法 | ひろなか歯科のブログ

ひろなか歯科のブログ

山口県熊毛郡平生町曽根の歯科医院 「ひろなか歯科」のブログです。
医院の最新情報から日常のトピックス、健康情報など、幅広く発信していきます。

こんにちは

ひろなか歯科、安元です照れ

 

今回は入れ歯についてのお話です。

 

「できれば入れ歯になりたくない」という気持ちは、

皆さん同じではないでしょうか。

 

それでも、歯を失ってしまって、

ほかに方法がなければ、入れ歯を使うしかありません。

 

初めての入れ歯には、多くの方が苦労されています。

 

大きなかたまりが口の中に入るのですから、

とても違和感があると思います。

 

辛抱強く使ってなじませるまで、努力が必要です。

でも、使えるようになると、色々いいことがありあますアップアップ

 

入れ歯を使うことによっての利点は、

「噛めること」だけではありませんグッ

 

 

①    喋りやすくなる(空気のもれを防ぐ)

歯を失うと、空気がもれて発音しずらくなります

特に、さ行やた行に影響しやすく、滑舌(かつぜつ)も

悪くなってきます。

入れ歯を使うことにより、空気が漏れることが少なくなり、

話すのも少しずつ楽しくなってくると思います。

 

②    見た目がよくなる(若返り)

入れ歯は、失った歯の代わりになるだけではなく、

の周りのあごの部分も補ってくれます。歯を失い、

やせてしまったあごを補い、頬をふっくら回復させるので、
歯を失ったためにお口の周りにできるシワを減らす効果も

期待できます。

 

③    かみ合わせが悪くなるのを防ぐ(残っている歯がかみ合わなくなるのを防ぐ)

歯を失うと、周囲の歯はその空いたスペースに向かって、

自然と動きます。そのため、隣の歯が倒れてきたり、

本来なら噛みあうはずの歯が出っ張ってきてぶつかり、

上下の歯がかみ合わなくなってしまうことがあります。

入れ歯を使うことにより、こうした事態を予防すること

ができます。

 

④    残っている歯を守る(残っている歯の負担を減らす)

歯の本数が減ると、かむ力が残った歯に集中して起こり、

その歯に加わる負担が大きくなります。

奥歯を失うと、前歯に力が集中し、

下から突き上げられるため、出っ歯になってしまいます。

入れ歯を使うと、残っている大切な歯にかかる負担を

軽減できます。

 

 

たくさん利点がありますね音譜

日ごろのお手入れも大切ですニコニコ

 

 

 

引用「入れ歯のお手入れ講座」より

 

時々入れ歯を入れっぱなしのまま歯みがきをしているという方

がいらっしゃいますが、これでは、汚れ・ばい菌がたくさん

残ったままになってしまいます。

残っている歯と、入れ歯は別々に磨くことが大切ですパー

毎食後に、入れ歯を外し、歯磨き粉を付けて、

残っている歯を 丁寧に磨きましょう。

 

歯を磨き終わったら、

入れ歯専用のブラシだけで入れ歯を磨く

この時、入れ歯には、汚れがたくさんついているので、

全体をブラシで磨いていきましょう。

 

金具がついている方は、金具の周りも磨きましょう拍手

においが気になるときは、就寝時に、

入れ歯洗浄剤に付けておくといいでしょう!!

入れ歯は、専用の容器に入れて、

なくさないようにしましょうキラキラ

 

 

就寝時は、外してはぐきや歯を休ませてあげることを

おススメします。

しかし、入れ歯を外すと、顎がガクガクして眠れない場合は、

入れ歯を入れて眠ることも必要です。

 

初めての入れ歯に慣れ、お口のなじませることができたら、

今度はその大切な入れ歯と、残った歯をできるだけ長く

大切に使い続けられるように、

歯科医院での定期的なメンテナンスを始めてみませんか?おねがい