非常持ち出し袋に歯ブラシを入れていますか? | ひろなか歯科のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ひろなか歯科のブログ

山口県熊毛郡平生町曽根の歯科医院 「ひろなか歯科」のブログです。
医院の最新情報から日常のトピックス、健康情報など、幅広く発信していきます。

こんにちは。

ひろなか歯科 弘中です。

 

昨今、梅雨の集中豪雨や台風による大雨、

そして地震など自然災害が増えています

 

起こらないことを願うばかりですが、もしもの時のために備えをしておくことが大事です。

 

 

 

   

 

最近は中身を揃えたいろいろな非常用持ち出し袋が販売されています。

購入されている方も多いと思います。

 

ところで、みなさん、その中に歯ブラシは入っていますか?

 

ぜひ確認してみてください。

 

 

入っていなければ家族の人数分の歯ブラシを入れておきましょう。

きっと役立つと思います。

 

 

 

避難生活では、今後の不安から、

「歯磨きどころじゃない」

「歯や口のことなんてあとまわし」

となりがちです。

 

しかし、お口の健康は災害時こそ重要だといわれています。

 

 

例えば、

避難所では高齢者の肺炎が増えるそうですが、

そのほとんどは誤嚥(ごえん)によるものだそうです。

 

実は誤嚥性肺炎はお口の中で繁殖した細菌が

誤って肺に入って起こることがほとんどです。

口腔ケアをすることでお口が清潔に保たれ、

飲み込む機能が維持されていればかなり防ぐことができます。

 

 

また、歯磨きができずにお口の健康が悪くなると、

食事ができなくなり、体力が低下し、

いろんな病気にかかりやすくなります。

 

 

避難所では水が限られていることもあるので、

液体ハキガキ口腔ケア用ウェットティッシュ

あるといいかもしれません。

 

 

入れ歯を使っている方は、入れ歯ケース(これ、意外と大事)や、

入れ歯洗浄剤も持ち出し袋に入れておきましょう。

 

入れ歯をつけっぱなしにしておくと細菌が増えて粘膜が腫れ、

痛みが出たり食べられなくなります。

入れ歯のケアも大事です。

 

 

 

【ミニ情報!】

水が少ない時の歯磨きのしかたを知っておくといいです。

 

  1. 水・約30mLをコップに準備します。
  2. その水でハブラシを濡らしてから
    口の中へ入れ、歯みがきをはじめます。
  3. ハブラシが徐々に汚れてきますので、
    ティッシュペーパー(あればウエットティッシュ)で
    ハブラシの汚れをできるだけ拭き取り、
    また歯みがき、これを小まめに繰り返します。
  4. 最後にコップの水で2~3回すすぎます。
    一気に含むのではなく、2~3回に分ける方がきれいになります。 

                                (サンスターより)

 

その他、避難所での口腔ケアとしては、

「あいうべ体操」「パタカラ体操」「唾液マッサージ」もいいです。

 

避難所では会話が減り、その結果唾液が減ることがあります。

コロナ対策のせいで更に話しづらい雰囲気になってしまいました。

 

唾液はお口の中の汚れを洗い流し、

お口を清潔に保ち細菌感染を防ぐ働きがあります。

おしゃべりや体操をして口を動かし、唾液をたくさん出しましょう。

 

 

最後に、日ごろの備えとして、

むし歯など悪いところがある方は早めに治療しておくことをお勧めします。

 

「まだ、痛みも軽いし・・・」と思って後回しにしているときに、

もし災害が起こると、環境の変化やストレス、免疫力の低下などから、

一気に悪くなることも考えられます。

 

日ごろから定期的に歯科医院で診てもらいましょう。

 

 

災害時の口腔ケアは、お口の健康だけではなく、体の健康にも大いに影響します。

ぜひ、非常持ち出し袋に歯ブラシを!!