自分に合った歯ブラシの選び方 | ひろなか歯科のブログ

ひろなか歯科のブログ

山口県熊毛郡平生町曽根の歯科医院 「ひろなか歯科」のブログです。
医院の最新情報から日常のトピックス、健康情報など、幅広く発信していきます。

こんにちは。ひろなか歯科、土屋です。

 

今回は自分に合った歯ブラシの選び方です。

 

スーパー、ドラッグストア、歯科医院など様々な歯ブラシが販売されています。

種類が多すぎてどれが自分にあっているのか迷うと思います。

 

歯ブラシが自分の口の状態にあっていないと、

どんなに時間をかけて丁寧に磨いても磨き残しが起こります。

せっかく磨いているのに、磨き残しがあるのはもったいないことですよねショボーン 

 

自分の口にあった歯ブラシを選んで虫歯や歯周病を予防して、

お口全体の細菌を減らして歯の健康だけでなく全身の健康を守っていきましょう!

 

 

 

歯ブラシは頭部(ヘッド)頚部(ネック)把柄部(ハンドル)からなります。

頭部は基本コンパクトタイプがおすすめです。

 

歯は1本1本とても小さいです。

ヘッドが大きな歯ブラシでは、

その小さな歯に当てることができず磨き残しが増えてしまいます。

なるべくコンパクトなものを選びましょう。

 

ただし、手の不自由な方や高齢者、

手先の不器用な方の場合はヘッドが少し大きめで4列植毛などがおすすめです。

 

 

歯がでこぼこしている方は、

幅が小さいもののほうが1歯ずつ磨きやすくなるのでおすすめです。

 

 

次に植毛部の形状はフラットでふつうの硬さがおすすめです。

人の歯の大きさはさまざまです。

植毛部の形状が山形でギザギザしているタイプだと、

歯ブラシを歯の面に当てるのは難しいです。

 

 

またフラットでないと、毛先が寝て力が分散されてしまうため、

毛先がきちんと当たらない部分は十分にみがけないことがあります。

 

次に毛先の形状は、おもにラウンド毛とテーパード毛に分けられます。

ラウンド毛は、その名のとおり毛先が丸くなっているため、

歯の面にあたる面積が大きいのが特徴です。

 

 

一方、テーパード毛は毛先が細くなっているため、

歯周ポケットに入りやすい構造になっています。

 

毛先の素材は一般的に使われているナイロンや飽和ポリエステル樹脂(PBT)を選びましょう。

 

 

毛の硬さはおもにかため・ふつう・やわらかめの3種類があります。

基本的に歯ぐきが正常な状態であればふつうの硬さがおすすめです。

 

 

頚部(ネック)の形状はストレートネックとカーブネックがあります。

基本的に、歯の面に垂直に毛が当たってプラークが

落ちやすいストレートネックがおすすめです。

 

カーブネックは力の緩和が期待できるので、

ブラッシング圧の強い方にはおすすめです。

 

次に把柄部(ハンドル部)は、

ほとんどの歯ブラシはハンドルがまっすぐで太さや長さが異なります。

太いと掴みやすいため、手の不自由な方、握力の弱い方、高齢者に適しています。

 

手の大きな方(特に男性)はハンドルが短いと磨きづらいので

ハンドルが長めのタイプがおすすめです。

 

手が小さい場合やペングリップ(鉛筆持ち)で持つ場合は細く、

短いものが適しています。

 

 

以上のことをふまえて

自分に合った歯ブラシはどれだろうと考えながら選んでみてください。

歯ブラシを変えたことで格段にみがきやすくなることはよくあります。

 

 

歯ブラシの交換時期も重要です。

せっかく合った歯ブラシも毎日使っていると毛先が広がり弾力がなくなっていきます。

当然、プラークの除去率も悪くなります。

 

基本的に1日2~3回歯磨きをしている場合、交換の目安は1カ月です。

また、1カ月経っていなくても毛先が広がっていたり、

白く濁っていたりする場合、その時点で歯ブラシを交換することをお勧めします。

 

劣化した歯ブラシを使い続けると、

取り残したプラークが虫歯や歯周病の原因となるだけでなく、

毛先やヘッドに付着した細菌が繁殖するため衛生上の観点からもよいとは言えません。

 

さっそく、今自分が使っている歯ブラシは自分に合っているか確かめてみましょう。

もし分からなければこちらに来られた時に一緒に確かめていきましょう。