【実績】保育園の紙おむつ一括処理、今秋に実施‼︎ | 新宿区議 鈴木ひろみオフィシャルブログ Powered by Ameba
2019年03月01日

【実績】保育園の紙おむつ一括処理、今秋に実施‼︎

テーマ:政策&実績
保育園で使った紙おむつは、今年の秋口から保育園で処分することになりました!
これまで、新宿区の区立保育園と一部の私立保育園(うちの子どもが通う保育園も)では、使用済み紙おむつを保育士さんが園児ごとに分けて、保護者が持ち帰らなければなりませんでした。

私は、保育園での紙おむつ処理の実施により、
①保護者の朝の準備の負担軽減
②仕分けをする保育士の負担軽減と感染症対策
③保育園帰りの買い物など、周辺地区への環境衛生対策
に効果があるとし、この問題について取り組んできました。
豊島区で「保育園の使用済み一括処理」が決まったのが去年の4月。直後の6月区議会第2回定例会の代表質問、また、9月の決算委員会でも要望しています✨

先日行われた決算特別委員会で委員に選出された他の議員からも同様の趣旨の質問がなされ、
「今年の遅くとも秋口には紙おむつの処分を区立私立の全園で実施する」とする答弁が保育課長から示されました✨
ちなみに、処理に関する費用に関しては、保護者に一部負担を求めることも検討されるようです。

現状紙おむつを一括処理している私立保育園では、保護者負担なしのところや、紙おむつの購入から処理までの費用を保護者負担でおこなっているところなど園によって様々なので、保育の質の公私格差を減らし、サービスの標準化がとれるように今後も議論が必要です。
これからも、しっかり対応して参ります。

⬆︎テープタイプ紙おむつ…懐かしい。。。
我が家は、そろそろトイトレがはじまります💦

鈴木 ひろみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ