2016年3月末に迎えたあとむ。

あとむが生まれたのは、多分今頃だろか。

心臓に重い病気を持って生まれてきたあとむ。

儚くこの世を去った、私の天使。


あとむの死後、あとむのような仔を迎えようと心に決めたはずなのに、、それが出来ない情けない私。

あとむは天国で、お母さん頑張ってよーと言ってるだろな。

情けないお母さんです。


ただ、名前をもらえたことが嬉しかったというあとむ。
たったの10日の家族。。
もっと一緒にいたかったな。。。


あとむの写真はほんとに少ない。

































これで全部。
たったの34枚。。
ちゃんと撮れてない写真も捨てられない。

あと短い動画が少しある。
無邪気なあとむがそこにいる。







撮れてよかった。。。


何にも記録されてないけど絶対に忘れられないのは、最期のあとむ。。。

発作を起こし、酸素室の角に、顔を押し付けながら、苦しそうに果てていくのを、私はただ見てるしかなかった。

生まれて3ヶ月。
なんであとむはあんなに苦しまなきゃいけなかったの?

神さまはこの世のことには無関心。。。
でも、あとむの魂は、神様の元で幸せに暮らしてるのよね。。。

私のよーな邪悪な魂のもとには、置いておけなかったってことかな。。

あとむが幸せならそれでいい。。。

でも、置いてけぼりは辛いや。

あとむのような仔、全然救えないや。。。