ちゃあぽんがTVに出る度、「ちゃあぽんって呼んでください」って言い、「彩華なのにちゃあぽんってなんで?」って聞かれて微妙な空気になるのが嫌なので真相を究明をしたい!

・・・ってことで突然ですが、西脇彩華」最大の謎「ちゃあぽんの名前の由来って何なん?」について仮説を発表したいと思います。




ちゃあぽんはいつも「物心付く前にお母さんが付けてた」などと言っておりますが、あまりにも奇妙だしはっきりしないと思いませんか?


ちゃあぽんまたはちゃーぽん・・・


最近のヲフ会で某ひげくまさんが さやぽんが訛っちゃあぽんになったのでは? と言い出したのですが「さや」から「ちゃあ」は発展の仕方に正直ちょっと無理あるなぁと(苦笑)


その場合だとさーぽんやさらに発展してしゃーぽんになる方が自然だと思います。

(あ~ちゃんは最近、しゃこぴんなんてとんでもなく変化させた呼び方してるみたいですししゃ」は可能性高い)

しかし最近ある説を閃きました!

まず、ちゃあぽんを別々に考えます。


ぽんについては、さやちゃんよりさやぽんの方がしっくり来るし、兄弟の上が下に付けてるのをよく見かけますのでそれで間違いないと思います(総統と妹も弟を●●ぽんって呼んでましたから。笑)


問題はちゃあです。



さやちゃあになった理由は音では無く文字にあると思います。



子供(幼稚園くらいの子)が、ひらがなの練習していて、「さ」を鏡写しの「ち」と間違えて書いてるのを見た事ありませんか?

「さやか」「ちやか」

多分、ちゃあぽん(又はあ~ちゃんorたかしげ君)が「ちやか」と書いてママが「それじゃあ、さやぽんじゃなくてちやぽんだね」って言い、それを気に入った家族の誰か(姉が疑わしい)が、ちやぽん(実際発音すると「や」の歯切れが悪く「ちやぁぽん」になります)と呼ぶようになり、いつしかその経緯を忘れてしまったのではないかと思います。



いかがでしょうか?

西脇ママに会う機会があれば確認したいとも考えていますwww


正解なら歴史の教科書は書き換えですwww

総統はノーベル西脇賞をいただきますwww


他にも論がある方はどんどん発表してください。