頑張りすぎをやめて自由にのびのび♪

自然体で幸せな生き方に変わる
心理セラピー@名古屋

心のセラピストさはしひろこです。


{68F21974-80C8-4DE9-8B9D-9EA04D6C09A4}

昨日から、
お盆休み明けの
セッションがスタート。


暑い中、お越し下さり
ありがとうございました。


{C122A8A8-CCD7-42FC-A090-796C7A9E8CA5}

さてさて、
先日アップした
イラストでわかる心の仕組み第3弾。

今回も好評でした♪

↓こちら

{76E7D0FC-4954-4C00-A6A8-A7D9853285F3}



続きまして、イラストシリーズ
第4弾をお届けします。


実は私、以前、
ある人から
こんな事を言われたことがあって。

「考えるところ、ずれてる。」


でも自分では、
ずれてるとはちっとも思ってなくて。

(え、、、ショック。。。)
と、落ち込みました。


またある時は、
職場で上司と
新たな案件の打ち合わせをしていた時

「そこは今、一旦置いとこうか。
まずは、この部分を決めていかない?」

と、シンプルな図を書いて
整理して見せてもらってはじめて、

あぁ、私が話していた部分は
枝葉だったのか。。。と初めて気づき。

そうやって、まず何から取り組むのか
優先順位がスッとわかるのって
普通のことなのか、、、も??

私、言われたらわかるけど、
自分だと混乱するんだけど、、。

と、ドキドキしました。



その数年後・・・


プロセラピスト養成講座で
ビリーフチェンジセラピーを学んだ時。



ある日の講義で、
テキストに書いてある
主訴の例として
こんなフレーズが読み上げられました。


「結論が出ないように、
一番大事なところは考えないようにして、
あまり関係のない
周辺のことばかり考える。」


ぎくっ。。。



過去に自分が指摘されたことと
重なる感じがして
どよーんとした気分になりました。


これは、
「考えてはいけない」という
ビリーフのページに書いてあった
主訴の一例でした。



でも、不思議なことに
私はこの主訴を読んで
ぎくっとしたけれど、

「考えてはいけない」のビリーフが、
自分にあるなー。とは、
何だか認めたくなかったようで。


なんとなく、さらーっと
読み流してました。
無意識に!


でも、今思えば、
実は主訴の例の数々に、
わりと当てはまってた。。。

{4B9FAFD9-8245-40F2-A7B4-48EE07653D2A}

考える作業に対して
苦手意識を持っている

{82999E26-D428-4735-AD61-352889E4E75E}

自分の意見がない

自分の考えを求められたり
考える場面になると
頭の中が真っ白になる。
頭が混乱する。


{E2BDDF1C-8709-4111-9F34-072422AC4C70}

自分で決められないので、
「どうしたらいいですか?」と人に聞く。




ひゃー。
あるし。


それ、認めたくないけど、
無意識にやってました。




で、ずーっとスルーしてきてましたが、
ある時、セラピーを受けた時、
このビリーフがあったのか!
と、びっくりして。


その時はじめて、
え?
それなの?
私、そうだったの?

となったのでした。


このビリーフを
セッションで扱ってからは、

考える事に対する苦手意識や
無意識に起きていた混乱が減り
冷静に落ち着いて
考えられるようになりました。

前みたいに、焦らなくなった。



ビリーフだったのかー。
と、びっくり。
そして、納得。



自分に起きていることは、
案外、こんなふうに
フィルターがかかっていて
わからないものなんです。



「考えてはいけない。」

このビリーフは、
こんな体験から刷り込まれます。


(つづく)